新着Pick
SPD13AKKG402TK0R

サイボウズ 株式会社

サイボウズ株式会社(英語: Cybozu, Inc.)は、東京都に本社を置くソフトウェア開発会社。グループウェア「サイボウズ Office」シリーズなどを手掛ける。 ウィキペディア
東京都中央区日本橋二丁目7番1号
03-4306-0808
詳細を見る
概要
1997年に愛媛県松山市にて高須賀宣、畑慎也、青野慶久により創業された。

社名は、「電脳」を意味する「cyber」と、親しみを込めた「子供」の呼び方「坊主 (bozu)」に由来し、「電脳社会の未来を担う者達」という意味も込められている。

創業当時は企業を中心にWeb技術が爆発的に普及しつつある時代で、高須賀、青野はこの技術を使って「企業の仕事をもっと簡単にできる」と考えていた。起業前、高須賀、青野は松下電工関連の子会社に勤めており、青野が大阪大学時代の先輩である畑(当時ジャストシステム勤務)に声を掛け3名で起業した。高須賀が経営、青野が販売、畑が技術を担当した。当初からネット上でのみ販売する事を考えており、事務所は家賃の高い大都市ではなく愛媛県松山市内の畑の住居を利用していた。

高須賀、青野が松下関連企業出身ということもあり、松下幸之助の松下七精神を基に、社訓として「サイボウズ7精神」を設定。後日簡略化した「サイボウズ五精神」を社訓とした。さらに2010年には「サイボウズ五精神」に代わる新しい行動指針「Action5」を制定した。

近年はコラボレーションツール事業へ経営資源を集中し、国内コラボレーションツール市場における地位の確立、海外進出への基盤作りを行っている。本社のほか大阪、松山にオフィスを構えている。中国、ベトナム、米国に子会社を設置している。
代表者
代表取締役社長 青野 慶久
設立年月日
1997-08-08
従業員数
516 人
上場年月日
2000-08-23
平均年齢
34 歳
平均年収
5,831,000 円
上場市場
東証1部
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
549Picks
マイナンバー、旧姓併記のシステム改修に「100億円」⇒「夫婦別姓を認めれば解決するのに」と批判の声
HuffPost Japan
|
サイボウズ・青野社長「法的に別姓問題を法的に解決しないから、日本中のシステムでパッチワークが続く」
150Picks
夫婦別姓選べず「苦痛」と提訴 サイボウズ社長ら
共同通信
|
夫婦別姓選べず「苦痛」と提訴 日本人同士の結婚で夫婦別姓を選択できないのは戸籍法の欠陥で憲法違反だとして、東京のソフトウエア開発会社「サイボウズ」の青野慶久社長(46)ら4人は9日、精神的苦痛などに対する計220万円の損害賠償を国...
18Picks
サイボウズ式:多様性を「受け入れる」のは荷が重い。でも「そこにいる」と認めることならできるかも
ハフポスト日本版
|
サイボウズで複業をしながら、地方中心の働き方をしている竹内義晴が、これからの仕事や人生のあり方を語る「長くはたらく、地方で」。今回のテーマは「ダイバーシティ(多様性)」について。多様性は「特別な人」のためにあるのではなく、「となりの○○さん」と楽しく仕事をするためにあるのかもしれない。 翻訳をしているという海外の方から、「Diversity and Inclusionの日本誤訳が難しい。どの...
27Picks
職場に感動を!「サイボウズ人事部感動課」から学ぶ、感動を呼ぶための5+1の要素【感動するマーケティング】
感動するマーケティング
|
現在、様々な企業で、従業員の会社への愛着 ( 従業員エンゲージメント ) を高めることの重要性が叫ばれています。 会社への愛着が成長につながっている企業として、学ぶべきことがとても多いと思っているのがサイボウズさんです。 その中でも、特に注目しているのが、 「サイボウズ人事部感動課」という取り組みです。 世界初で感動課を作ったとのことですので、今のところ、感動課がある企業はサイボウズさんだけ...
13Picks
Change.orgのビジネスモデルについて
Change.org
|
昨日、サイボウズの青野慶久さんが選択的夫婦別姓を実現するための訴訟を国に対して起こしたと記者会見で発表しました […]
4Picks
サイボウズ式:能力ではなく「24時間会社に捧げられるか」での評価は差別
ハフポスト日本版
|
2017年9月13日、サイボウズは日経新聞朝刊に一面広告「働き方改革に関するお詫び」を掲載しました。 「今、この国に『働き方改革ブーム』が到来し、私たちの活動に広く注目していただけるまでになりました。ところが、ところがです。私たちの意思はまったく伝わっておりません」 同シリーズで、サイボウズ代表取締役社長の青野慶久が伝えたかったものとは、なんだったのか。「御社の働き方改革、ここが間違ってます...
40Picks
キーパーソンインタビュー:選択的夫婦別姓で国を提訴する理由 サイボウズの青野慶久社長
毎日新聞
|
選択的夫婦別姓制度の実現を求めて、ソフトウエア開発会社「サイボウズ」(東京都中央区)の青野慶久社長(46)が、国に損害賠償を求めて東京地裁に提訴する。結婚時に妻の姓を選択した青野さんに、訴訟に至ったいきさつや選択的夫婦別姓を求める理由を聞いた。【聞き手・坂根真理/生活報道部】
19Picks
サイボウズ式:優しい人ほど説明がまわりくどく、理解のバラつきを生んでしまいがち (ハフポスト日本版)
NewsPicks
|
サイボウズ式編集部より:著名ブロガーによるチームワークや働き方に関するコラム「ブロガーズ・コラム」。読者のみなさまからご相談を募集したところ、たくさんのお悩みが届きました。届いたご質問やご相談をいくつか取り上げて、ブロガーのみなさまに回答していただきます。今回は、桐谷ヨウさんからの回答です。 ご相談内容 エイコ:仕事の仕様や内容の説明など、口頭で話すのが苦手で悩んでいます。メールで説明文を書...
34Picks
サイボウズ式:「宙に浮いた仕事」を頼まれやすい人は3つのステップで対処できる
ハフポスト日本版
|
​​​​​​​ サイボウズ式編集部より:著名ブロガーによるチームワークや働き方に関するコラム「ブロガーズ・コラム」。読者のみなさまからご相談を募集したところ、たくさんのお悩みが届きました。届いたご質問やご相談をいくつか取り上げて、ブロガーのみなさまに回答していただきます。今回は、はせおやさいさんからの回答です。 ご相談内容 ぱんだ:私はどちらかというと器用なほうです。そのせいか担当者不在で宙...
91Picks
会社に不満を言えないのは「会社にいる自分がすべて」だと思っているから——CINRA×サイボウズ 「若手社員が自らの働き方をデザインするためには?」
サイボウズ式
|
社員にとって、自分の勤めている会社が働き方改革に積極的なことは喜ばしいはず。しかし一方で、「仕事の量が減っていないのに残業だけ規制されて困る」「自由な制度があっても使い方がわからない」といったような声を聞くのも事実。社員はいつだって、会社の風土や制度に左右されてしまいます。 現場で働く私たちは、どのように会社の風土や制度と向き合い、成果を上げていけばいいのでしょうか? 若手社員が自らの働き方...
292Picks
職場の雰囲気を変えるのはとても簡単、「あなたが一番成果を出して、一番早く帰ればいい」——西村創一朗さんと若手会社員が考える働き方改革
サイボウズ式
|
11月7日にサイボウズ日本橋オフィスで行われたサイボウズ式 Meetup #3。テーマは「若者たちが考える『働き方改革、楽しくないのははぜだろう。』」です。 現在、「働き方改革」をどこか他人事に感じていたり、「仕事の量が減っていないのに残業だけ規制されて困る」など、形式だけの働き方改革に疲れている人がいます。イベントに参加したのは、そういった現象に問題意識を持つ、35歳以下のいわゆる‟若手会...
26Picks
「働き方改革のしわ寄せは営業にいく」 だからこそ営業チームがすべき“属人化の撤廃”革命
ログミー
|
営業部は働き方改革ができない、のか? 「Cybozu Days 2017 Tokyo」で行われたセッション「『営業部はガラパゴス』と言われたリーダーの逆襲 ーサイボウズ営業部の働き方改革」に、サイボウズ営業部の伊藤英高氏が登壇しました。サイボウズがまだ「働き方改革」を打ち出す前、「営業部だけ朝7時出社」「基本的に教育はしない」のほか、大阪転勤では「営業部は2人体制」「助けがない」など、常にピ...
20Picks
サイボウズはなぜ離職率28%→5%を実現できたのか? 青野社長が語る、働き方の“多様化”がもたらしたもの
ログミー
|
飲食業界のリーダーたちと外食の未来を考えるカンファレンス「FOODIT」が2017年9月21日に開催されました。業界の今後のカギを握る「生産性」をテーマに、外食産業に今後起こるイノベーションについて第一人者が議論。本パートでは、サイボウズ株式会社の代表取締役社長、青野慶久氏が「サイボウズの働き方革命」と題して、多様な働き方に積極的に挑戦するサイボウズの取り組みについて語りました。
20Picks
葉っぱビジネスの経験伝授 徳島「いろどり」、農業活性化へ
共同通信
|
葉っぱビジネスの経験伝授 和食に添える葉や花などの「つまもの」を高齢者が商品化する「葉っぱビジネス」で知られる徳島県上勝町出資の企業「いろどり」が、ソフト開発のサイボウズ(東京)などと連携し、来年から他地域の農業活性化支援事業...
99Picks
サイボウズ式:マネジメントがつまらない人は、「ゲームマスター」の魅力に気づけ
ハフポスト日本版
|
サイボウズ式編集部より:著名ブロガーによるチームワークや働き方に関するコラム「ブロガーズ・コラム」。読者のみなさまからご相談を募集したところ、たくさんのお悩みが届きました。届いたご質問やご相談をいくつか取り上げて、ブロガーのみなさまに回答していただきます。今回は、桐谷ヨウからの回答です。 ご相談内容 ルイス:現在、仕事でマネジメントをしています。ですが個人的にはマネジメントがあまり好きではな...
29Picks
青野氏と山尾氏が対談「保育園落ちた日本死ね」と「選択的夫婦別姓」は何だった?
ビジネス+IT
|
8日、任意団体「パワーママプロジェクト」が、「ワーママ・オブ・ザ・イヤー2017」授賞式をサイボウズにおいて開催し、最も多くの人にパワーと勇気を与えたワーキングマザーを表彰した。同イベントでは、選択的夫婦別姓の実現を目指して裁判を起こしたサイボウズ 代表取締役社長 青野慶久氏と、国会で「保育園落ちた日本死ね」を取り上げた衆議院議員の山尾志桜里氏が対談。本当の働き方改革と女性をめぐる社会の在り...
16Picks
社長自ら16時退社して保育園にお迎え トップが子育てに参加してわかった、日本の働き方の問題点
ログミー
|
飲食業界のリーダーたちと外食の未来を考えるカンファレンス「FOODIT」が2017年9月21日に開催されました。業界の今後のカギを握る「生産性」をテーマに、外食産業に今後起こるイノベーションについて第一人者が議論。本パートでは、サイボウズ株式会社の代表取締役社長、青野慶久氏が「サイボウズの働き方革命」と題して、多様な働き方に積極的に挑戦するサイボウズの取り組みについて語りました。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ