新着Pick
SPD13AKKG402TK0R

サイボウズ 株式会社

サイボウズ株式会社(英語: Cybozu, Inc.)は、東京都に本社を置くソフトウェア開発会社。グループウェア「サイボウズ Office」シリーズなどを手掛ける。 ウィキペディア
東京都中央区日本橋2-7-1東京日本橋タワー
03-4306-0808
詳細を見る
概要
1997年に愛媛県松山市にて高須賀宣、畑慎也、青野慶久により創業された。

社名は、「電脳」を意味する「cyber」と、親しみを込めた「子供」の呼び方「坊主 (bozu)」に由来し、「電脳社会の未来を担う者達」という意味も込められている。

創業当時は企業を中心にWeb技術が爆発的に普及しつつある時代で、高須賀、青野はこの技術を使って「企業の仕事をもっと簡単にできる」と考えていた。起業前、高須賀、青野は松下電工関連の子会社に勤めており、青野が大阪大学時代の先輩である畑(当時ジャストシステム勤務)に声を掛け3名で起業した。高須賀が経営、青野が販売、畑が技術を担当した。当初からネット上でのみ販売する事を考えており、事務所は家賃の高い大都市ではなく愛媛県松山市内の畑の住居を利用していた。

高須賀、青野が松下関連企業出身ということもあり、松下幸之助の松下七精神を基に、社訓として「サイボウズ7精神」を設定。後日簡略化した「サイボウズ五精神」を社訓とした。さらに2010年には「サイボウズ五精神」に代わる新しい行動指針「Action5」を制定した。

近年はコラボレーションツール事業へ経営資源を集中し、国内コラボレーションツール市場における地位の確立、海外進出への基盤作りを行っている。本社のほか大阪、松山にオフィスを構えている。中国、ベトナム、米国に子会社を設置している。
代表者
代表取締役社長 青野 慶久
設立年月日
1997-08-08
従業員数
659 人
上場年月日
2000-08-23
平均年齢
34 歳
平均年収
5,998,000 円
上場市場
東証1部
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
18Picks
「寝坊してしまった……上司に怒られる!」と思いきや、嘘をつかなかったことを褒められた
サイボウズ式
|
「新しい働き方」「自由な働き方」「働きやすい会社」──。ここ数年で、世の中でよく聞くようになった言葉たち。サイボウズも「働きやすい会社」として取り上げていただくことがあります。 そして、実際に中にいるとなかなか気づかないのですが、サイボウズには、転職してきた人やお付き合いのある企業の方々が思わずびっくりしてしまうような「ちょっとおかしい」会社の常識があるようです。 「働きやすい会社」には、世...
8Picks
弱者のマーケティング戦略が育てたサイボウズの生存術 VUCA時代に求められる考え方とは?
ITmedia ビジネスオンライン
|
社員の維持や採用が難しくなっている現在、「遊び」の許容は思った以上に重要です。ボウズマン……そんなのいたなぁ……。
29Picks
マネジャーの仕事は「頼むこと」と「謝ること」 サイボウズ山田氏が語る、“最軽量”のマネジメント術
ログミー
|
2019年9月4日、サイボウズ株式会社が主催する「Cybozu Days 2019」が開催されました。サイボウズの商品やサービスを紹介する総合イベントで、今年は東京・大阪・名古屋の3都市で開催されます。テーマは「モンスターへの挑戦状」で、実体はないのに支配されているさまざまな“思い込み”に立ち向かうというメッセージが込められています。本パートでは、取締役副社長の山田理氏による『マネジャーにす...
16Picks
マネジャーこそ「こんなの無理」「手伝ってほしい」と周りに言えばいい──サイボウズ副社長 山田理×ライツ社代表 大塚啓志郎
サイボウズ式
|
サイボウズ副社長、山田理の書籍『最軽量のマネジメント』が11月7日、サイボウズ式ブックスより刊行されました。2018年秋から進めてきた、新しいマネジメントを考える本プロジェクトがついに1冊の本に……! マネジャーとして現場を率いる立場にある人は「こういうマネジメントをすべき」「こんなリーダーが理想」「マネジャーはチームで最も有能でなければならない」など、世の中でいう“理想のマネジャー像”を持...
11Picks
人が人に値段をつける「成果主義」のおそろしさ - 「離職率28%」でやっと気付いた真実
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
|
グループウェア大手のサイボウズは、十数年前までとてつもないブラック企業だった。成果至上主義に走った結果、離職率は28%まで上がった。…
58Picks
【はじめに 全文公開】マネジャーにすべてを背負わせるのはもうやめよう。サイボウズ副社長初の著書『最軽量のマネジメント』
サイボウズ式
|
サイボウズ式編集部です。11月7日に、サイボウズ式ブックス初の書籍『最軽量のマネジメント』 が発売されます。 「チームワークあふれる社会を創る」の理念のもと、自社では100人100通りの働き方を実現するサイボウズ。サイボウズの副社長として、管理部門の責任者として、一人のマネジャーとして、「100人100通り」の働き方を実現するまでやってきた山田理が考える、新しいマネジメント論をまとめた1冊で...
347Picks
週3勤務、育休6年。実は“会社のため”だったサイボウズ式「働き方改革」
NewsPicksアカデミア
|
青野 青野慶久です。育児休業を3回取ったり、選択的夫婦別姓を求めたりして個人的に取り上げていただくことが多いのですが、改めてサイボウズを紹介すると、会社など組織で情報を共有し、業務効率を上げるた...
28Picks
個人をないがしろにする組織はもう生き残れない──ティール組織 フレデリック・ラルー×上田祐司×青野慶久
サイボウズ式
|
「この会社で働いている限り、自分のやりたいことができない」「組織を変えたいけれど、どうしたらいいかわからない」 多くの人が抱えている会社や組織に対する不満。このような状況を打開するにはどうしたらいいのでしょうか。 『ティール組織』著者のフレデリック・ラルーさんが考える「人生の目的との付き合い方」を紹介した前編に続き、後編では、株式会社ガイアックス代表執行役社長の上田祐司さんとサイボウズ代表取...
10Picks
フローレンス駒崎が、サイボウズ青野社長の一日カバン持ちをやってみた! ~40歳のインターン 経営者の時間術を学ぶ~
認定NPO法人フローレンス | 新しいあたりまえを、すべての親子に。
|
設立から15周年、様々な新規事業を生み出し、今なお「親子の笑顔をさまたげる」社会課題に挑み続けるフローレンス。最前線のプレーヤーとして新規業務に取り組み、ロビイングに奔走する傍ら、経営者として意思決定を行う駒崎が、フローレンスの理事でもありまさに飛ぶ鳥を落とす勢いのサイボウズを率いる青野社長に一日弟子入りした。
715Picks
営業の働き方クロニクル 1990年代後半Run or Tel
サイボウズ メールワイズ
|
アポの時間はギリギリ!走れば電車に間に合うか。それとも公衆電話を探して事前の連絡を入れるべきか。一瞬の判断がクライアントの機嫌を決める…
22Picks
働き方改革より大事なのは「風土改革」 チームワークで組織を変えるサイボウズのビジョン
ログミー
|
2019年9月4日、サイボウズ株式会社が主催する「Cybozu Days 2019」が開催されました。サイボウズの商品やサービスを紹介する総合イベントで、今年は東京・大阪・名古屋の3都市で開催されます。テーマは「モンスターへの挑戦状」で、実体はないのに支配されているさまざまな“思い込み”に立ち向かうというメッセージが込められています。本パートでは、サイボウズ株式会社代表取締役社長の青野氏、取...
13Picks
働き方が自由になるほど、会社は「理念」を試される サイボウズ青野氏が語る、これからの経営者の仕事
ログミー
|
2019年9月4日、サイボウズ株式会社が主催する「Cybozu Days 2019」が開催されました。サイボウズの商品やサービスを紹介する総合イベントで、今年は東京・大阪・名古屋の3都市で開催されます。テーマは「モンスターへの挑戦状」で、実体はないのに支配されているさまざまな“思い込み”に立ち向かうというメッセージが込められています。本パートでは、サイボウズ株式会社代表取締役社長の青野氏、取...
99Picks
副業・複業時代到来 ──サイボウズ式から学ぶ新時代の受け入れ方
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
副業・複業を解禁する企業が近年、増えつつある。 「サイボウズ」「ソフトバンク」「LINE」「丸紅」「佐川急便」「サントリー」「日産自動車」「カゴメ」と言った様々な企業が副業を解禁している。 厚生労…
57Picks
「望まない全国転勤」を廃止した会社の秘密
東洋経済オンライン
|
――青野さんにお伺いします。前回の鼎談で、イタリアのナポリでリモートワークをされているサイボウズ社員の一例が紹介されました。サイボウズは、転勤についてどういう取り組みをされていますか?青野慶久(以下…
1038Picks
時間削減のコツは、商談時間を「増やす」?営業の働き方討論
NewsPicks Brand Design
|
営業職は、労働時間がなかなか削減できない職種と言えるだろう。労働時間を減らせと言われても、求められる成果は変わらない。 そこでNewsPicks Brand Designは、現場のリアルな声を知...
336Picks
「勤務時間にプライベートの話をする」なんて、言語道断だと思ってた
サイボウズ式
|
「新しい働き方」「自由な働き方」「働きやすい会社」──。ここ数年で、世の中でよく聞くようになった言葉たち。サイボウズも「働きやすい会社」として取り上げていただくことがあります。 そして、実際に中にいるとなかなか気づかないのですが、サイボウズには、転職してきた人やお付き合いのある企業の方々が思わずびっくりしてしまうような「ちょっとおかしい」会社の常識があるようです。 「働きやすい会社」には、世...
15Picks
情報拡散は「ファン」から「マス」へ キリン×サイボウズが語る、愛され続けるブランドに必要なこと
MarkeZine
|
あらゆる商品・サービスのコモディティ化が進み、差別化が難しくなった今、顧客に選ばれ続けるために企業は何をするべきなのか。本稿では、7月9日(火)に開催された「MarkeZine Day 2019 Focus」から、モデレーターにクラシコムの高山達哉氏をお招きし、キリン加藤氏、サイボウズ大槻氏の二名に登壇いただいた、「愛され続けるブランドに必要なこと」をテーマにしたパネルディスカッションの様子...
121Picks
否定的な意見が多かった「地方で複業」。だが、潮目は変わった
サイボウズ式
|
地方でNPO法人を運営しながら、サイボウズで副(複)業している竹内義晴が、実践者の目線で語る本シリーズ。今回のテーマは「地方×複業」のいま。1年前、「地方で複業」は否定的な意見が多かった。でも、社会の…
44Picks
「子どものため」ならなんでも先生の仕事なの? 学校現場がいそがしすぎる理由を聞いてみた ──教育研究家・妹尾昌俊×サイボウズ青野慶久
サイボウズ式
|
ここ最近、「先生がいそがしすぎる問題」が大きく取り上げられるようになりました。 定時よりずっと早くに出勤したり、保護者からのクレーム対応に追われて深夜まで働いたり、土日休みも返上して部活動に力を入れたり……。 企業ではさまざまな形で働き方改革が進む一方、学校は今、日本でも特にハードな職場となりつつあります。未来の大人を育てる学校が、働く人を大切にしない場所のままでいいのでしょうか。 先生に無...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ