新着Pick
SPD11VTABSHT6N0D

MS&ADインシュアランスグループホールディングス 株式会社

東京都中央区新川2丁目27番2号東京住友ツインビルディング西館
詳細を見る
代表者
取締役社長 グループCEO 原 典之
設立年月日
2008-04-01
従業員数
41,582 人
上場年月日
2008-04-01
平均年齢
47 歳
平均年収
10,657,000 円
上場市場
東証1部,名証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
10Picks
自動運転中は保険料無料!あいおい、国内初の保険を10月から提供
自動運転ラボ
|
あいおいニッセイ同和損害保険はこのほど、自動運転システムで走行中の運転分保険料を無料とする国内初の自動車保険を開発した。今年10月から提供を開始する予定だという。 コネクテッド技術を活用することで自動運転の利用状況を正確 […]
57Picks
自動運転中は保険料無料 あいおい、レベル3対応
共同通信
|
自動運転中は保険料無料 あいおいニッセイ同和損害保険は30日、一定条件下でシステムに運転を任せられる「レベル3」の自動運転車...
37Picks
自動車保険金支払い、AI活用で2週間に短縮へ MS&AD
産経ニュース
|
MS&ADインシュアランスグループホールディングス傘下の三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険は、人工知能(AI)が自動車事故の車両修理の見積もりを点検するシステムを今年度内に全国で導入する。自動車の損傷部分の画像などをAIが自動解析することで、見積もりなどの点検作業を効率化。保険金請求から保険金支払いまでの期間を従来の約1カ月から2週間程度に短縮する。
17Picks
出張料理人マッチング&サブスクのシェアダインが2.2億円調達
TechCrunch Japan
|
シェアダインは7月5日、プレシリーズAラウンドで約2億2000万円の資金調達を発表した。第三者割当増資による調達で、引受先は以下のとおり。 Coral Capita マネックスベンチャーズ(MV1号投資事業有限責任組合) 三井住友海上キャピタル株式会社 日本生命保険 iSGSインベストメントワークス フューチャーベンチャーキャピタル キャシー松井氏(ゴールドマン・サックス証券副会長) 河合聡...
14Picks
現場の医師同士をつなぐ実名相談サービス「Antaa」が2.3億円を調達
TechCrunch Japan
|
医師同士の質問解決プラットフォーム「Antaa」を展開するアンターは5月11日、XTech Ventures、ニッセイ・キャピタル、SMBCベンチャーキャピタル、三井住友海上キャピタルおよび個人投資家を引受先とした第三者割当増資により総額約2.3億円を調達したことを明らかにした。 Antaaは現在1万人を超える医師が登録している医師向けのコミュニティプラットフォームだ。このプラットフォームに...
13Picks
蚕を原料とした“シルクフード”の普及目指すエリーが約4500万円を調達、5月末まで表参道で実店舗も運営
TechCrunch Japan
|
将来の食料不足やタンパク質危機への解決策となる次世代食品として、植物由来のものをベースにした代替肉や昆虫食などの“代替タンパク質”を手がける企業が注目を集めている。 本日3月12日に4500万円の資金調達を発表したエリーもまさにこの領域に取り組む1社。日本に馴染みのある「蚕」を原料としたシルクフードを開発するスタートアップだ。 今回のラウンドにはibis partners、三井住友海上キャピ...
672Picks
1日70円の傘シェア「アイカサ」がJR東日本系などから資金調達、駅周辺への設置加速へ
TechCrunch Japan
|
1日70円で傘を使用できる“傘のシェアリング”サービス「アイカサ」を展開するNature Innovation Groupは6月12日、JR東日本スタートアップと三井住友海上キャピタルを引受先とする第三者割当増資により、総額で約3000万円の資金調達を実施したことを明らかにした。 JR東日本スタートアップとは業務提携も締結し、駅や駅ビルなどへのアイカサ導入を加速させる方針。まずは本日よりJR...
24Picks
NTTドコモと東京海上日動、三井住友海上……AIが保険を提案、一歩進んだ活用進む【インシュアテック】
CoinDesk Japan
|
保険業界でAIの活用が進んでいる。NTTドコモは、AIが保険商品を提案するサービス「AIほけん」を東京海上日動火災保険と共同で開発、2019年12月からサービスを始めた。三井住友海上火災保険は、代理店で顧客の保険をAIで分析し、保険を提案するサービスを始める。 これまで保険分野でのAI活用は、コールセンターの業務や、保険の引受から支払い履行までの業務(アンダーライティング)などを効率化する狙...
313Picks
仕事は一番忙しいヤツに頼む-会社が絶対手放さない人の条件【三井住友海上柄澤康喜社長】 - 経営トップが太鼓判「会社が絶対手放さない人の条件」
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
|
ビジネスは今や巧遅拙速の世界。常に一歩早く踏み出し続けない限り、勝ち抜けない。そんな時代のリーダー人材に必要な5つの力とは。
284Picks
Excelマクロで年間35万時間を削減、それでも三井住友海上がRPAを導入した理由
ITmedia エンタープライズ
|
金融関連業界を中心に導入が広がりつつあるRPA。アクセンチュアと協力してRPAを導入した三井住友海上もそんな企業の1つ。しかし、同社はもともとExcelマクロを使った業務自動化を進めていた。彼らがExcelマクロに加えてRPAを導入した理由はどこにあるのか?
280Picks
顧客対応で最高評価、 三井住友海上のAIによるコールセンター改革
ニュースイッチ
|
三井住友海上火災保険がAI(人工知能)を活用し、コールセンターにおける顧客対応の品質改善を進めている。同センターに寄せられる年間の問い合わせは実に約150万件、日数換算にして平均で毎日4000件以上にも上る。膨大な問い合わせを、顧客にストレスを感じさせることなく、いかにうまくさばくのか。会社の品質を大きく左右する問題に対し、AIの活躍の場が広がっている。「一体、何分待たせるんだ」 「一体、何...
39Picks
「デジタルバンク」申請は21件、三井住友海上参画のコンソーシアムも──シンガポール
CoinDesk Japan
|
実際の店舗を持たずインターネット上で営業するデジタルバンクのライセンスを交付する予定のシンガポールで、ライセンス申請が21件あったことが、シンガポール通貨金融庁(MAS)の発表で分かった。MASは中央銀行にあたる存在。 6月には公表、来年にも営業開始へ 21件の内訳は、包括的な金融サービスを提供できる「デジタルフルバンクライセンス」への申請が7件、法人向けのサービスの「ホールセールバンクライ...
237Picks
テーマを選んで投資する「FOLIO」が新たに18億円調達、今春ベータ版を公開予定
TechCrunch Japan
|
 テーマ投資型のプラットフォームを開発する「FOLIO」は本日、シリーズAラウンドで18億円を調達したことを発表した。ジャフコ、マネックスベンチャーズ、三井住友海上キャピタル、Rakuten FinTech Fundに加え、既存投資家のDCM Ventures、Draper… Read More
223Picks
スマホで鍵を受け渡し。次世代ロッカーの「SPACER」が三井住友海上キャピタルから資金調達
Forbes JAPAN
|
スマートフォンで開け閉めする受け渡しロッカーを展開するSPACERは三井住友海上キャピタルが管理・運営するMSIVC2018V投資事業有限責任組合を引受先とする第三者割当増資を実施した。 調達額は非公開。SPACER(スペースアール)の概要・・・
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ