新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD11BMTC8DYACG6

スマートニュース株式会社

スマートニュース(SmartNews)は、スマートフォン用のニュースアプリ、並びに同アプリを提供する企業(スマートニュース株式会社)。 ウィキペディア
東京都渋谷区神宮前6-25-16 いちご神宮前ビル 3F
詳細を見る
代表者
鈴木 健・浜本 階生
設立年月日
2012-06-15
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
111Picks
スマートニュースが総額100億円調達、米国事業を加速
TechCrunch Japan
|
スマートニュースは11月19日、8月5日に公表した31億円と合わせて総額100億円の資金調達を発表した。調達方法は、日本郵政キャピタルおよびACA Investments Pte Ltd.をリード投資家とした第三者割当増資で、グロービス・キャピタル・パートナーズ… Read More
74Picks
一休の榊社長とスマニュー戦略顧問の西口氏が語る データドリブン経営とAI時代に必要なマーケターの能力
MarkeZine
|
高級ホテル・旅館予約サービスなどを提供する一休が、スマートニュース マーケティング戦略顧問の西口一希氏をゲストに迎え、対談イベント「一休の『データドリブン経営』を"超具体的"に解剖」を開催した。一休の実データを踏まえた施策や戦略の解説、AI時代に求められる強いマーケター・データサイエンティストになるためのポイントなどについても語られた。
11Picks
五常・アンド・カンパニー、元スマートニュース 執行役員の堅田航平氏がCFOに就任
プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
|
五常・アンド・カンパニー株式会社のプレスリリース(2019年11月1日 07時00分)五常・アンド・カンパニー、元スマートニュース 執行役員の堅田航平氏がCFOに就任
13Picks
「得られるものが明確だ」:日本の スマートニュース は、パブリッシャーにお金を払う
DIGIDAY[日本版]
|
日本のニュースアグリゲーションアプリのスマートニュース(SmartNews)は、「SmartView First(スマートビュー・ファースト)」プログラムにおいて、一部対象パブリッシャーへコンテンツ利用料を支払っている。同プログラムに参加している関係筋の話では、年額で数万ドル強から10万ドル単位にのぼるようだ。
27Picks
「数字の裏側にある人間心理をちゃんと見よ」BtoC西口一希×BtoB福田康隆“叩き上げ”対談
MarkeZine
|
本連載では、スマートニュース マーケティング戦略顧問の西口一希氏が経営者やCMOなどマーケティングそしてビジネスの最前線で活躍する人物を訪ね、「マーケティング視点の経営」についてディスカッションする。記念すべき10回目の今回は、マルケト事業を率いる福田康隆氏がゲスト。後編では、日米の人材育成の違いや、科学的でありながら「結局は人の中に入らないとわからない」と語る、福田氏のバランス感覚を掘り下げる。
12Picks
SmartNewsの分析で明かす、隠されたユーザの行動心理
“生活者データ・ドリブン”マーケティング通信
|
博報堂生活総合研究所では、生活者観察手法(エスノグラフィ)の視点でデジタル空間上の膨大な生声や行動データを分析するアプローチ、「デジノグラフィ」を提唱しており、今回はスマートニュースとの共同分析...
180Picks
ヤフトピはなぜ、前澤友作さんのZOZO退任を掲載しないのか? ヤフーに聞いてみた。
ハフポスト日本版
|
9月12日、ネットサーフィンをしていて不思議なことがあった。その日は、ファッション通販大手のZOZOの創業者である前澤友作さんが同社社長を退任する話題でネット上は持ちきりだった。 新聞各社のほかNewsPicks、スマートニュースといったオンラインニュースも大きく取り上げていた。しかし、日本を代表するポータルサイト「Yahoo!」のトップページ上で、主要なニュースを編集部で選んで掲載する「Y...
33Picks
1.「身体を持たずして『知能』は生まれえない」“ルンバの父” R.ブルックス博士が語る人工知能論とは
【ICC】INDUSTRY CO-CREATION
|
ICCサミット KYOTO 2018「AIやデータの活用が企業経営を変える(シーズン2)」の書き起こし記事を全9回でお届けします。(その1)では、スマートニュースの鈴木健さんが、“ルンバの父”ことロドニー・ブルックス博士が語る人工知能論を解説します。ぜひご覧ください!
14Picks
【一挙公開】AIやデータの活用が企業経営を変える(シーズン2)(全9回)
【ICC】INDUSTRY CO-CREATION
|
人工知能(AI)・ビッグデータを積極的にビジネス活用する4社が一挙に集結。HAiK山内さんのモデレーションのもと、各社の最新事例と“未来像”を議論しました。IBMワトソンの驚きの能力とは? 楽天はなぜ「データ生成AI」を研究するのか? スマートニュースはAIが編集長? セプテーニのAI人事とは? これからの企業経営の在り方にも踏み込んだ意欲的なセッションを、ぜひご覧ください!
379Picks
スマートニュース西口氏が退任 顧客起点をさらに追求し、マーケティングと経営の一体化実現に挑む
MarkeZine
|
スマートニュース SVP執行役員として、日本と米国のマーケティングの責任者を担当していた西口一希氏が、スマートニュースを8月31日付けで退職する。9月1日からは業務委託契約でマーケティング戦略顧問として関わるという。顧客視点のマーケティングを実践し、スマートニュースの成長を牽引した立役者のである西口氏。今回の決断の背景と次のチャレンジについて聞いた。
14Picks
強いマーケターになるためには? 一休、スマニュー西口氏と「データドリブン経営」対談イベントを開催
MarkeZine
|
一休は、10月3日(木)にスマートニュース マーケティング戦略顧問の西口一希氏と『一休の「データドリブン経営」を"超具体的"に解剖』をテーマにした対談イベントを開催する。ビジネス感度を上げ、キャリアア...
14Picks
「プロのマーケターの定義を明確にすべき」スマニュー西口×広告クリエイティブディレクター小霜対談
MarkeZine
|
本連載では、スマートニュースの西口一希氏が経営者やCMOなどマーケティングそしてビジネスの最前線で活躍する人物を訪ね、「マーケティング視点の経営」についてディスカッションする。今回は、数々の企業に並走し、マスとデジタルを統合的に使いこなして事業を伸ばすコンサルタントであり、クリエイターでもある小霜和也氏がゲスト。マスとデジタルを統合する必然性を話し合った前編に続き、後編では広告主と代理店の関...
1110Picks
スマートニュースがユニコーン企業入り、米国ではすでにヤフー超え
Diamond Online
|
評価額10億ドル以上の未上場企業を指す“ユニコーン企業”。日本ではプリファードネットワークスやかつてのメルカリなどがその評価を得ているが、ニュースアプリを開発するスマートニュースが新たにその仲間入りを果たした。今後は好調な米国事業をさらに加速させる。
13Picks
累計20億PV獲得のSmartNews「クーポンチャンネル」 プロダクトデザイナーはその裏で何をしたのか
CreatorZine
|
ニュースアプリ「SmartNews」では、2018年3月よりSmartnews内に「クーポンチャンネル」というサービスを開始した。マクドナルド、ガスト、ローソン、吉野家など、さまざまな企業がクーポンを提供するこのサービスを手がけたのが、スマートニュースの山本興一さん。ローンチから1年半を待たずに20億PVを獲得したこのクーポンチャンネルは、なぜこれほど成長しているのか。そこには、「プロダクト...
257Picks
【成毛眞×瀬尾傑】ジリ貧を打開する「新たな価値観」の発見法
NewsPicks編集部
|
──前回は、大手出版社から新興ウェブメディアに転職した瀬尾さんの「決断」を中心にお話を伺いました。瀬尾さんは、スマートニュースに移ってから「(職場が)めちゃくちゃ面白い」とのことですが、どういう...
23Picks
ひとりの顧客(N=1)をわかるために。マーケター・西口一希さんが選ぶ本4冊
ライフハッカー[日本版]
|
「BLIND BOOK CLUB」、今回の選書テーマは「顧客との関係で悩んだ時に読みたい本。スマートニュース執行役員マーケティング担当・西口一希さんの著書『実践 顧客起点マーケティング』(翔泳社)から読み解きます。
293Picks
「成長したいならやっぱりPL責任。早く修羅場に飛び込むべし」スマニュー西口×シンクロ西井対談
MarkeZine
|
本連載では、スマートニュースの西口一希氏が経営者やCMOなどマーケティングそしてビジネスの最前線で活躍する人物を訪ね、「マーケティング視点の経営」についてディスカッションする。今回は、パラレルキャリアを実践する先駆者、西井敏恭氏がゲスト。キャリア変遷をうかがった前編に続いて、後編ではオイシックスに軸足を置きながら他社を支援する組み方や、PL責任を負うことによる成長について議論した。
15Picks
ARエンタメ開発のENDROLLがARCloud研究を進めるため資金調達
TechCrunch Japan
|
ENDROLLの3人の共同創業者たち。左から、大島佑斗氏、前元健志氏、加藤友雅氏 AR技術を用いたエンタメコンテンツを開発し提供するENDROLL(エンドロール)は7月17日、スマートニュースの堅田航平氏、メドレー 執行役員の加藤恭輔氏、ペルソナイズ CSOの山本幸央氏、鈴木陽貴氏、清木昌氏、加えて他の数名の個人投資家から、プレシリーズAでの資金調達を実施したと明かした。今回の調達額は非公開...
140Picks
「プレステの父」がスマニュー参画で描く未来
東洋経済オンライン
|
スマートフォンアプリの中でも”老舗”の部類に入るニュースアプリ。ヤフー、LINEといったプラットフォーム型サービスに組み込まれているニュースと並び、国内で多くのユーザーを抱えているのがスマートニュースだ…
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ