新着Pick
SPD10XOE7H07EOTC

Microsoft Corp

マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する会社である。1975年にビル・ゲイツとポール・アレンによって創業された。 ウィキペディア
One Microsoft Way Redmond Washington United States
+1 425 882-8080
詳細を見る
代表者
Bradford L. Smith (President),John Wendell Thompson (Chairman),Satya Nadella (Chief Executive Officer)
設立年月日
1975
従業員数
144,000 人
上場年月日
1986-03-13
上場市場
ナスダック,イタリア取引所,ウィーン証券取引所,サンティアゴ証券取引所,サンパウロ証券取引所,スイス証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,フランクフルト証券取引所,ブリュッセル証券取引所,ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所,モスクワ証券取引所,ロンドンインターナショナル市場,香港証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
13Picks
Microsoftのグループウェア「Teams」のビデオ会議利用が激増、3月に3倍超に
マッシュメディア
|
新型コロナウイルスの感染拡大で、世界中で多くの人が外出規制下にある。そのため、自宅から働いたり、オンラインで教育を受けたりと、ビデオ会議・電話の利用が増えている。 実際、Microsoftが9日に公表したレポートで
6Picks
Microsoft Teamsのビデオ通話の利用は3月に1000%増加
TechCrunch Japan
|
COVID-19のパンデミックで在宅勤務が一部の企業ではデフォルトになり、そして当然のことく、Zoom、Google Meet、Teamsなどのビデオチャットツールの利用が急増している。ZoomとGoogleからはすでにアップデートがあったが、今日(米国時間4/9)はMicrosoft(マイクロソフト)からの報告が、在宅勤務が増えたことへのTeamsのユーザーの適応ぶりを伝えている。 さかの...
9Picks
「Microsoft Teams」の1日当たり会議時間が3月中旬から3倍増の27億分に
ITmedia NEWS
|
新型コロナウイルス対策で在宅勤務が増える中、Microsoftがチームコラボレーションサービス「Microsoft Teams」の1日当たりの会議時間が3月末時点で27億分(4500万時間)になったと発表。3月16日は9億分だったので、3倍に増加したことになる。
11Picks
Excelツールの引き継ぎ資料を誰も作らない理由を「ゲーム理論」で考える
TechTargetジャパン
|
「Microsoft Excel」の自作ツールに不具合が生じてから「引き継ぎ資料がない」「製作者もいない」と気付くケースは珍しくありません。ほとんどの人が引き継ぎ資料を作りたがらないからです。なぜなのでしょうか。
3Picks
米マイクロソフト 新型コロナで「Teams」の需要が急拡大 3月は第2週から第3週にかけてDAUが1200万人増加
週刊BCN+
|
米マイクロソフトのコミュニケーション/コラボレーションツール「Microsoft Teams」が急成長している。
3Picks
重視されるWeb会議のセキュリティ Microsoft Teamsのプライバシー保護とセキュリティをMSが強調
ITmedia エンタープライズ
|
日本マイクロソフトは、テレワークやオンライン授業などで利用者が急増する「Microsoft Teams」のプライバシーとセキュリティに関する機能を公式ブログで発表。プライバシー保護、個人情報とアカウント情報、データ保護などに関する信頼性を強調した。
96Picks
マイクロソフトが来年7月まですべてのイベントをオンライン開催のみに
ギズモード・ジャパン
|
Image:VDBPhotos/Shutterstockお見事な決断力!新型コロナウイルスの感染を考慮して、Microsoftが、2020年度に開催予定だったすべての大規模イベントをオンライン開催のみにすることがわかりました。リアル会場は一切なし!2020年度は始まったばかりですが、Microsoftの年度始めは7月。つまり、まだ始まってすらいません。オンライン(デジタルオンリー)となるのは、今年
3Picks
Win 10 Insider向けビルド、Linuxファイルの表示が簡単に
Engadget 日本版
|
Microsoftは4月8日(現地時間)、Windows Insiders向けにWindows 10 Insider Preview Build 19603をFast Ringで公開しました。本ビルドでは、LinuxのファイルシステムをWindows 10のエクスプローラーから表示可能になっています。 Windows 10ではBuild 1903以降、Windows 10からLinuxのファ...
433Picks
ワクチンに1年半、経済に影響 MS創業者ゲイツ氏が見通し
共同通信
|
ワクチンに1年半、経済に影響 【ニューヨーク共同】米マイクロソフト(MS)創業者で、慈善家のビル・ゲイツ氏は、新型コロナウイルスの...
3Picks
Windows 10でニュースティッカー機能のテストがスタート
TechCrunch Japan
|
Microsoft(マイクロソフト)は米国時間4月8日、Windows 10の最新プレビュービルドを発表した。さらに最近では恒例となっているが、同社は今回の発表と同時に、Windows 10デバイスなら誰でも試せる新しいベータ版を本日ローンチした。Microsoft News Barは、Microsoft Newsネットワーク内の4500社のパブリッシャーからのニュースを集約し、画面の片側に...
61Picks
Skype、アカウントもアプリも不要の無料Web会議サービス「Meet Now」を提供開始
ITmedia NEWS
|
新型コロナのパンデミックでWeb会議サービスの需要が急増する中、MicrosoftのSkypeがアカウントもアプリのダウンロードも不要の無料サービス「Meet Now」の提供を開始した。Webページのボタンをクリックすると一意のURLが生成され、EdgeかChromeでそれを開けば会議を開催できる。
79Picks
サインアップやダウンロードなしでSkypeの無料ビデオ通話ができるように!
マッシュメディア
|
Microsoft傘下のSkypeが3日、より簡単に無料のビデオ通話ができる方法を導入した。アカウントを作成したりアプリをダウンロードしたりしなくても、ワンタップでリンクを取得し、そのリンクを共有することでビデオ通話がで
191Picks
なぜZoomはSkypeに勝てたのか?ーームーブメントを作り出した3つの初期戦略
THE BRIDGE
|
※本記事は.HUMANS社が運営するメディア「 THE .HUMANS MAGAZINE」からの要約転載 4月2日「Zoom」の3月のデイリーユーザー数が発表されました。3か月前の12月に達成していた1,000万から2億ユーザーへと急成長を遂げていると報じられています。一方、Microsoftの「Skype」も先月比70%増の4,000万ユーザーまで成長を示しています。 いずれも膨大なユーザ...
149Picks
ゲイツ財団が「コロナ治療薬」開発に前進、既存薬を検証
Forbes JAPAN
|
マイクロソフト創業者のビル・ゲイツが設立したビル&メリンダ・ゲイツ財団は、3月10日、新型コロナウイルスの治療薬開発を加速化するためのアクセラレーター「COVID-19 Therapeutics Accelerator」を設立した。・・・
10Picks
感染に導く新型コロナのタンパク質をモデル化、免疫療法のImmunityBioとMicrosoft Azureが協力
TechCrunch Japan
|
大量のグラフィクス処理能力を結合する取り組みが、現在のパンデミックの背後にある新型コロナウイルス(COVID-19)の治療法や治療薬の開発に取り組んでいる研究者に鍵となる力を与えるかもしれない。 免疫療法のスタートアップであるImmunityBioが、Microsoftと協力し、合計24ペタフロップのGPUによるコンピューティングパワーを使って、新型コロナウイルの原因であるSARS-CoV-...
250Picks
ビル・ゲイツ、新型コロナ対策に期待の7ワクチン工場建設に資金。「5つ無駄でも2つ効けば価値」
Engadget 日本版
|
マイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツ氏が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に効き目が期待される7種類のワクチンを製造する工場を建設する計画に自身の財団を通じて資金を投じていると語りました。この7種類から最終的に最も高い効き目を有する1つもしくは2つを見つけ出して量産し、世界に蔓延する悪質な肺炎に苦しむ人々へ届けるのが狙いです。最終的に1~2種類に絞り込むと言うことは、建設資金の...
700Picks
マイクロソフトの最先端技術が「コロナ後の世界」を一変させそうなワケ
マネー現代
|
深刻な不況をもたらしかねない新型コロナウィルス騒動は、一方でテレワークなどの新しい働き方やライフスタイルを実現させるチャンスになるという指摘がなされている。こうした「コロナ後の世界」を実現に導くのは人間の意思に他ならないが、筆者はこのほどその原動力となるテクノロジーについて一つの確信を持つに至った。それはマイクロソフトが力を入れている「アンビエントコンピューティング」である。
233Picks
Office 365は「Microsoft 365」に。家族向け見守り、SNSに書き込む文章のチェックなど新機能続々
Engadget 日本版
|
rvolkan via Getty Images マイクロソフトは「Office 365」を改名した新クラウドサービス「Microsoft 365」を発表しました。月額課金型で文書作成やコラボレーションに必要なアプリのパッケージという内容自体に変化はありませんが、「家族や友人との共同作業に必要なツール」という新しい位置づけを受けた改名です。 ブランド変更された「Microsoft 365」は...
97Picks
スカイプ利用7割増、通話分数も急拡大 新型コロナ外出規制で
Reuters
|
[30日 ロイター] - 米マイクロソフト<MSFT.O>は30日、同社のインターネット電話サービス「スカイプ」の利用者が1カ月で70%急増し4000万人に達したと明らかにした。新型コロナウイルス大流行に伴う外出規制を受け、多くの人が家にとどまっていることが背景にある。
93Picks
Microsoftのクラウドサービス、新型コロナ外出禁止地域での利用が775%増
ITmedia NEWS
|
Microsoftが、新型コロナ対策が同社のクラウドサービスに与えている影響について説明した。外出禁止令が出ている地域での利用が775%増加し、「Windows Virtual Desktop」の使用量は3倍以上になった。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ