新着Pick
SPD0ZLZ8TSDHGU4Q

Hyundai Motor Co

現代自動車(ヒュンダイじどうしゃ、韓国語: 현대자동차 주식회사、英語: Hyundai Motor Company)は、韓国で最大手の自動車メーカー。傘下に起亜自動車があり、現代自動車グループを構成している。 ウィキペディア
12, Heolleung Seocho-Gu Seoul Republic of Korea
+82 234641114
詳細を見る
代表者
Mong-Koo Chung (Chief Executive Officer,Chairman),Won-Hui Lee (Chief Executive Officer,President)
設立年月日
1967
上場年月日
1974-06-28
上場市場
韓国取引所,OTCピンクシート,OTCピンクシート,OTCピンクシート,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所,ルクセンブルク証券取引所,ルクセンブルク証券取引所,ルクセンブルク証券取引所,ロンドン証券取引所,ロンドン証券取引所,ロンドン証券取引所,韓国取引所,韓国取引所,韓国取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
77Picks
ヒュンダイとウーバーの「空飛ぶタクシー」、時速300キロ強で巨大市場に挑む
Forbes JAPAN
|
(以下、英国のサイト「wonderfulengineering」からの許諾を得て転載する)騒音、渋滞、そして毎日の移動にうんざりしているあなたに朗報だ。アメリカを拠点とする配車サービス大手のウーバーは、これまでにも日常の交通の簡便化を推進し・・・
12Picks
燃料電池電気自動車を普及させる意味——安藤眞の『テクノロジーのすべて』第51弾
motor-fan.jp
|
20年ほど前は「究極のエコカー」ともてはやされながら、最近、ほとんど話題にならなくなった燃料電池電気自動車(FCEV)。かつては世界中の主要メーカーが試作車を仕立て、「量産化間近!」と喧伝していたが、現在までに市販化された乗用車は、トヨタのMIRAIとホンダのクラリティFUEL CELL、ヒュンダイのNEXOの3機種に止まる。今年の秋にはMIRAIがフルモデルチェンジを予定しているが、果たし...
16Picks
ハンドルは卒業。エヴァの操縦席のようなレバーで運転する電気自動車
ギズモード・ジャパン
|
Image:HYUNDAI大型アーケード筐体のコックピットみたい。韓国の自動車メーカーHYUNDAI(ヒュンダイ)が、人間と自動車の感情的な繋がりを構築するという構想の下、コンセプトEV「Prophecy(プロフェシー/預言の意)」を作りました。外見はポルシェ911のようにツルンとしているものの、車内にはハンドルがなく、あたかも『新世紀エヴァンゲリオン』でシンジやアスカが操縦するコックピットのよう
391Picks
【業界別】新型ウイルスによる「経済損失」を総ざらい
NewsPicks編集部
|
ディズニー、アップル、マクドナルド、ヒュンダイ、ナイキ──。先月、新型ウイルスの流行が始まったその時から、あらゆる業種──食品、ファッション、エンターテインメントからテック業界まで──の大手企業...
10Picks
【インド】現代自、EV現地生産を加速で提携先を模索[車両]
NNAアジア経済ニュース
|
【インド】現代自、EV現地生産を加速で提携先を模索[車両] 韓国・現代自動車のインド法人、ヒュンダイ・モーター・インディア(HMIL)は、電気自動車(EV)の現...
197Picks
ウーバーと現代自動車、空飛ぶタクシーを共同開発へ
Reuters
|
[ソウル 7日 ロイター] - 米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズ<UBER.N>と韓国自動車大手の現代自動車<005380.KS>は6日、電動の「空飛ぶタクシー」(エアタクシー)を共同開発すると発表した。
313Picks
米自動車「初期品質調査」、ホンダに驚きの結果 1位は起亜
Forbes Japan
|
米国で販売されている自動車の初期品質調査で、韓国・起亜自動車の「キア」が第1位になった。トヨタ自動車や現代自動車だけでなく、ポルシェやレクサスなどの高級車ブランドも抑えての首位に、驚きと称賛の声が上がっている。調査会社J.D.パワーが同調査・・・
194Picks
「アルファ碁ショック」で韓国がAI研究前倒し、5年間で1兆ウォン投資
ニュースイッチ
|
「アルファ碁」とイ・セドル9段による人工知能(AI)対人間の囲碁対局の衝撃がさめらやない韓国で17日、政府が2020年までの5年間で1兆ウォン(約950億円)を投じ、AI研究を加速させると発表した。日本の文部科学省に相当する韓国の未来創造科学部によれば、サムスン電子、LG電子、現代自動車、LINEの親会社で韓国最大のインターネットサービス会社「ネイバー」など大企業6社がプロジェクトに参画、A...
191Picks
配車サービスのGrabがソフトバンク・ビジョン・ファンドから1630億円超を調達
TechCrunch Japan
|
シンガポールを拠点とするGrab Holdings(グラブ・ホールディングス)は3月6日、ソフトバンク・ビジョン・ファンドから14.6億ドル(約1634億円)の調達を発表した。GrabのシリーズHの資金調達ラウンドの合計調達額は45億ドル(約5035億円)を超える。 同ラウンドのそのほかの出資企業は、トヨタ自動車、オッペンハイマーファンズ、現代自動車グループ、ブッキング・ホールディングス、マ...
19Picks
「自動運転をオープンソース化」するAptivと現代自動車の試み
Forbes JAPAN
|
自動運転技術には、ブラインドスポット検知を管理するボックスや車線変更アシストを管理するボックス、ACC(車間距離制御装置)を管理するボックスなど、機能ごとにボックスが必要だ。ボックスに障害が発生すると、そのボックスが管理する機能は使用できな・・・
11Picks
CES 2020:「空飛ぶタクシー」に自動車メーカーも参入、その技術は着実に進化している
WIRED.jp
|
“空飛ぶタクシー”の実現に向けた動きが「CES 2020」で相次いでいる。新しいコンセプトモデルを発表したベルヘリコプターや、自動車メーカーとして初めて参入したヒュンダイがCESで示したヴィジョンは、いずれも都市のモビリティに新たなエコシステムを構築しようという意欲的な取り組みだ。どちらもUberと提携するなど進化した都市交通の未来図を示そうとしているが、まだ解決すべき課題は少なくない。
152Picks
グーグルはクルマを制するか:進む自動車のAndroid化
WIRED.jp 最新情報
|
スマートフォンをダッシュボードと接続して利用する「Android Auto」が、現代自動車の「Sonata」2015年モデルに初めて搭載される。今後数カ月間に、28社の製品に搭載される予定だ。
138Picks
労働集約型の造船業界で進むロボット化、コスト削減と工期短縮へ
Bloomberg
|
最後の労働集約型産業のひとつと言われる造船業で、ロボットの「侵攻」が始まっている。現代(ヒュンダイ)重工業と大宇(デウ)造船海洋は、コスト削減と工期の短縮を目指して、全長400m(430ヤード)...
133Picks
韓国で世界最大の自動運転車テスト都市「K-City」が10月にオープン。高速道路やバス専用車線なども完備
Engadget 日本版
|
韓国のBusinessKoreaは、世界最大級の自動運転車用の走行実験施設「K-City」が、今年10月から運用開始することを伝えています。K-Cityは約110億ウォン(約11億円)が投入され、京畿道華城市に建設。約36万平方メートルの敷地内にてさまざまな環境で自動運転車のテストができるとのことです。2016年3月に韓国国土交通部が現代自動車のテストカーに対して「臨時運行」を許可して以来、...
126Picks
サムスン、自動運転車の公道テストへ--韓国で許可取得
CNET Japan
|
サムスンが、韓国政府から自動運転車の公道試験許可を得たと報じられている。試験車はHyundai(現代自動車)の既存車両を用いたものになるようだ。
122Picks
現代自動車の取締役会、1兆円の土地購入を価格知らずに承認
WSJ.com: Japan Business
|
現代自動車の取締役会が9月、ソウル市内での土地購入計画について話し合うために招集された際、土地の価格は明らかにされなかった。
115Picks
クルマの全てを変える自動運転時代のイメージセンサー。王者ソニーの苦闘と挑戦
AV Watch
|
今年のCESでソニーは、自動運転向けの画像センサーに関し、パートナーとなる自動車関連メーカーを公開した。自動車メーカーとしてはトヨタ、日産、KIA、ヒュンダイ、自動車系部品メーカーはボッシュ、デンソー、MobileyeにNVIDIAと、トップメーカーの名がずらりと並んだ。
111Picks
現代自動車、指紋でロック解除やエンジン始動ができる技術を開発--新型SUVに搭載へ
CNET Japan
|
現代自動車(ヒュンダイ)は、ドライバーが指紋でロックの解除やエンジンの始動ができる、自動車向けシステムを開発したと発表した。
111Picks
現代自動車、航続距離500キロのEVを2021年以降に発表
Reuters
|
[ソウル 17日 ロイター] - 韓国の現代自動車<005380.KS>は17日、一回のフル充電で走れる航続距離が500キロメートルの電気自動車(EV)を2021年以降に発表する計画を明らかにした。
103Picks
性能でトヨタ超え? 次世代型の燃料電池車 韓国・現代
朝日新聞デジタル
|
韓国の現代自動車は17日、水素で走る燃料電池自動車(FCV)の「次世代型」を来年3月に韓国などで販売すると発表した。燃料電池の性能を大きく向上させ、1回の水素補充で走行できる距離は2014年にトヨタ…
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ