新着Pick
SPD0XL90E0AMZ3IO

ソフトバンク 株式会社

ソフトバンク株式会社(英文社名:SoftBank Corp.)は、ソフトバンクグループ傘下の株式会社で、日本で携帯電話などの無線通信サービス(移動体通信事業者)および長距離・国際通信を提供する日本の大手電気通信事業者。2015年7月1日にソフトバンクモバイル株式会社から社名変更した。 ウィキペディア
東京都港区東新橋1-9-1
03-6889-2000
詳細を見る
概要
会社組織上の原点は日本国有鉄道(国鉄)が分割民営化するのに先立ち、1986年に国鉄の鉄道電話事業の継承を目的として設立された鉄道通信株式会社(JR通信)である。その後、1989年に旧国鉄が新電電子会社として設立した日本テレコムを吸収合併し、JR通信は日本テレコム(2代目)へ改称した。


日本テレコムは1991年に携帯電話(移動体通信)事業に参入するため、関東甲信地方・東海地方・近畿地方地域においてデジタルホングループを設立。北海道、東北地方、北陸地方、中国地方、四国ならびに九州ではデジタルホンとして単独では参入せず、1994年に日産自動車系のツーカーと共同出資でデジタルツーカーを設立。IDOとDDIセルラーと同じく、ローミングにより全国サービスを提供した。

1997年からデジタルホン・デジタルツーカーの共通のブランドとしてJ-PHONE(ジェイフォン)を制定。1999年に日産自動車が資本撤退したデジタルツーカーはデジタルホンの地域会社に吸収合併され、2000年に日本テレコムとボーダフォンの出資会社であるジェイフォン株式会社(旧アイエムティ二千企画)がデジタルホンの地域会社を傘下に入れ、吸収合併により1社へ集約した。また、同年11月に国内で初めてカメラ付き携帯電話(J-SH04)を市販化し、キャンペーンの一環として行った「写メール」はジェイフォンの市場占有率を引き上げるきっかけとなった。

2000年からイギリスの携帯電話会社ボーダフォン(Vodafone)がジェイフォンのM&Aによる日本の携帯電話事業への参入を狙っていたが、親会社である日本テレコムは乗っ取りを懸念したことで1999年にBTグループ・AT&Tと出資を受け入れていた。しかし、環境の変化によりボーダフォンは2001年10月に日本テレコム株式の過半数を既存株主から買収することに成功したことで、日本テレコムおよびジェイフォンはボーダフォングループとなった。宣伝や端末などにはJ-PHONEとVodafoneを併記したシンボルロゴを即ちに採用。2002年には第3世代移動通信システム (3G)のサービスとしてVodafone Global Standard(のちにVodafone 3G、さらにSoftBank 3G)を開始した。

2003年10月にボーダフォンは日本テレコムホールディングスから会社分割した日本テレコム(3代目)をリップルウッド・ホールディングスへ売却し、翌11月にジェイフォンはボーダフォン株式会社へ社名変更を実施。

2004年7月30日付でソフトバンク(現;ソフトバンクグループ)が日本テレコムを買収。この時点で同社はソフトバンクグループとなった。

ボーダフォン(日本)では、2004年7月は競合他社との料金面での競争激化や通信エリアの不満から新規契約数より解約数が多くなった。

2006年3月、BBモバイルによる携帯電話事業参入を計画していたソフトバンクグループが、英ボーダフォンからボーダフォン株式会社の株式と資産・負債を日本企業として最高額となる1兆7500億円で買収する旨を発表。同年10月1日をもってボーダフォン日本法人はソフトバンクモバイル、日本テレコムはソフトバンクテレコムへ社名を変更した。

2007年4月より口座振替のお知らせ・ご利用料金のご案内など紙の請求書は有料化した。

2015年4月1日付で、ソフトバンクモバイルがソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム(ソフトバンクテレコム販売と逆さ合併した4代目)、ワイモバイルを吸収合併。これに伴い、完全親会社のBBモバイルの出資が75.81%となり、ソフトバンク本体が24.18%(グループ合算で99.99%)、その他0.01%の出資構成となった。また、社名は変更がないながらも、BBおよびワイモバイル(旧・イー・アクセス)のADSL事業、テレコムの長距離・国際事業といった固定系通信事業も手掛けることになる。また、ワイモバイルを継承したことにより、一社で固定通信とPHSを兼営することになった。

2015年7月1日付で、持株会社のソフトバンクが「ソフトバンクグループ株式会社」に商号変更すると同時に、ソフトバンクモバイルが商号を承継し、(新)「ソフトバンク株式会社」となった(持株会社のソフトバンク株式会社が6月19日開催した株主総会で商号変更が承認された)。社名変更については「携帯電話事業などの移動体通信事業だけでなく、固定通信事業、インターネット接続サービスと、事業領域が拡大したことによる」としている。なお携帯電話のブランドについては過去の経緯などからの名残により、現在も「ソフトバンク」と「ワイモバイル」のデュアルブランドとして併存している。

2015年12月1日付で、中間持株会社であったモバイルテック(BBモバイルの完全親会社)及びBBモバイルがソフトバンクグループ株式会社に吸収合併され、同社が99.99%の株式を直接保有することになった。
代表者
代表取締役 社長執行役員 兼 CEO 宮内 謙
設立年月日
1986-12-09
従業員数
37,466 人
上場年月日
2018-12-19
平均年齢
39 歳
平均年収
7,331,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート(ADR),ウィーン証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
13Picks
ソフトバンクがLINEと包括提携検討
共同通信
|
ソフトバンクがLINEと包括提携検討
152Picks
ソフトバンクが初の社債、資金調達多様化へ年度内にも発行
Bloomberg
|
ソフトバンクが株式上場以来で初の社債公募を検討している。親会社ソフトバンクグループに続き、低金利下で資金調達手段を多様化する。
17Picks
ソフトバンク、メルカリ、楽天「そろって赤字」が示す、ヤバい気配
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
ソフトバンクグループが、投資企業の評価損によって約7000億円の赤字を計上した。フリマアプリのメルカリも赤字が拡大し、株価が一時ストップ安まで売り込まれたほか、楽天も投資したライドシェア企業の評価損で赤字転落している。ネット企業の業績が次々に悪化しているように見えるが、何か起こっているのだろうか。
5Picks
ソフトバンクGなぜ赤字 ライザップ予言の専門家に聞く
朝日新聞デジタル
|
ソフトバンクグループ(SBG)が今月発表した2019年9月中間決算は、155億円の営業損失(赤字)となりました。19年3月期には2.3兆円という巨額の営業利益を計上していたのに、短期間で一気に赤字に…
10Picks
ヤフーとLINE統合へ 実質買収、月内合意目指す
共同通信
|
ヤフーとLINE統合へ ソフトバンクがヤフーを展開するグループ会社のZホールディングスを通じ、無料通信アプリを手掛けるLIN...
1Pick
正力賞にソフトバンクの工藤監督
共同通信
|
正力賞にソフトバンクの工藤監督
3Picks
ソフトバンク孫正義氏の「反省」を米メディアはどう報じたか【WSJ3分解説】
ダイヤモンド・オンライン
|
シェアオフィス賃貸を手掛ける米ウィーワークへの巨額投資が裏目に出たことで、2020年3月期の第2四半期決算が大赤字に陥ったソフトバンクグループ。会見に臨んだ会長兼社長の孫正義氏は反省の弁を繰り返し、投資家の信頼回復に努めましたが、米主要メディアの一つである米紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」は、それをどう報じたのでしょうか。
7Picks
孫正義氏の“神通力”途切れた? ソフトバンクGが7千億円の赤字 〈AERA〉
AERA dot. (アエラドット)
|
ソフトバンクグループが巨額の赤字に転落した。原因は投資先企業の不振だ。自身の目利きで投資して収益を急拡大してきた孫氏を、さらなる落とし穴が待つ。AERA 2019年11月18日号に掲載された記事を紹...
14Picks
【ホリエモン】ソフトバンクの誤算「真っ赤っかの大赤字」
NewsPicks
|
NewsPicksで一行コメントが多いホリエモンが時事ニュースを丁寧に解説する「HORIE ONE」。今回取り上げるニュースは、ソフトバンクグループ7000億円の赤字、GoogleがFitbitを21億ドルで買収、漫才コンビのツイート1回50万円、厚労省「血液クレンジング療法」を調査。堀江さんによる忖度なしの解説をお楽しみください。※番組を全編視聴するには、有料会員登録が必要です。
2Picks
<Inter BEE>ソフトバンクが会場内に「5G基地局」開設。楽天モバイル/NHKによる5Gライブ配信も - PHILE WEB
PHILE WEB
|
<Inter BEE>ソフトバンクが会場内に「5G基地局」開設。楽天モバイル/NHKによる5Gライブ配信も
2Picks
「ソフトバンクGの10兆円ファンドは世界の労働者を陥れるおとり商法だ」と痛烈批判した米紙NYタイムズ(木村正人)
Yahoo!ニュース 個人
|
ソフトバンクグループは今年7~9月期の連結決算で7000億円を超える赤字を出したばかりですが、米紙ニューヨーク・タイムズが「世界中で現代のおとり商法を生み出している」と痛烈に批判しました。
2Picks
ホリエモン×ひろゆきが考えるLINEモバイル買収「ネイバーとソフトバンクとの資本提携まである?」 (2018年3月14日)
エキサイトニュース
|
「LINEモバイル」社がソフトバンクの子会社化されることとなった。『週刊プレイボーイ』の対談コラム「帰ってきた!なんかヘンだよね」で、“ホリエモン”こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏...
15Picks
ソフトバンクの「まずい賭け」は次のメルトダウンの予兆か
Forbes JAPAN
|
次のメルトダウン(相場の暴落)はどこから始まるか。これはよくある質問だし、世界経済の成長が11年目に入ろうとするなかでは、もっともな質問だとも言える。こうした景気拡大を終わらせる原因となるのは、2008年のリーマン危機のように、流動性の低い・・・
16Picks
ソフトバンク、5Gコネクテッドカーの検証完了 「安定した通信を確認」
ITmedia NEWS
|
ソフトバンクが、5Gを活用したコネクテッドカーの技術検証を終えたと発表。運転時を想定し、見通しの悪い交差点における周辺車両の位置情報や、急ブレーキ情報の伝送などを検証した。走行時でも安定して通信できることを確認できたという。
5Picks
2兆円が回収不能。なぜ孫正義氏はWeWorkに「騙された」のか? - まぐまぐニュース!
まぐまぐニュース!
|
孫正義氏の「真っ赤っかの大赤字」との言が注目を集めた、ソフトバンクグループ中間決算報告。その大きな要因となったのが、米ベンチャー企業WeWorkへの投資の「失敗」でした。なぜソフトバンクは、よくよく調査してみれば「不動産…
4Picks
住友電工、5Gを活用して工場の安全性を高める実証実験、2020年3月から
週刊BCN+
|
住友電気工業(大阪市中央区、井上治社長)とソフトバンク(宮内謙CEO)は、工場での5G活用に向けた実証実験を実施する。開始は2020年3月を目指す。
1Pick
「本当に必要な選手だけ獲得に動く」 ソフトバンクの強さ支えるFA戦略
J-CASTニュース
|
今年はFA補強に乗り出す球団が多い。ソフトバンクからFA宣言した福田秀平には西武、中日、ヤクルト、ロッテ、楽天の5球団が獲得に名乗りを上げた。また、ロッテの鈴木大地には巨人、楽天が参戦し、楽天の美馬学も巨人、ヤクルト、ロッテと3球団の争奪戦になる模様だ。鈴木も美馬も、いればもちろん頼もしいが...ここで気になるのがソフトバンクだ。
3Picks
ロボットの働き方改革に着手──トヨタやソフトバンクなどでタスクフォース
週刊BCN+
|
ソフトバンクは、施設管理、小売り・飲食や食品の各分野でロボットの社会実装に向けて、ロボットユーザーが主導して抽出する施設環境などの共通課題解決のため、ロボットユーザーとシステムインテグレーターなどが協力して取り組む「ロボット実装モデル構築推進タスクフォース」に参加した。
4Picks
ヤフーとLINEが統合検討=月内合意目指す
時事通信社
|
 ソフトバンク傘下で検索サービス「ヤフー」を展開するZホールディングス(HD)と、無料通信アプリを手掛けるLINEが経営統合する方向で検討に入ったことが13日、分かった。それぞれの顧客基盤や技術...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ