新着Pick
SPD0XL90E0AMZ3IO

ソフトバンク 株式会社

ソフトバンク株式会社(英文社名:SoftBank Corp.)は、ソフトバンクグループ傘下の株式会社で、日本で携帯電話などの無線通信サービス(移動体通信事業者)および長距離・国際通信を提供する日本の大手電気通信事業者。2015年7月1日にソフトバンクモバイル株式会社から社名変更した。 ウィキペディア
東京都港区東新橋1-9-1
03-6889-2000
詳細を見る
概要
会社組織上の原点は日本国有鉄道(国鉄)が分割民営化するのに先立ち、1986年に国鉄の鉄道電話事業の継承を目的として設立された鉄道通信株式会社(JR通信)である。その後、1989年に旧国鉄が新電電子会社として設立した日本テレコムを吸収合併し、JR通信は日本テレコム(2代目)へ改称した。


日本テレコムは1991年に携帯電話(移動体通信)事業に参入するため、関東甲信地方・東海地方・近畿地方地域においてデジタルホングループを設立。北海道、東北地方、北陸地方、中国地方、四国ならびに九州ではデジタルホンとして単独では参入せず、1994年に日産自動車系のツーカーと共同出資でデジタルツーカーを設立。IDOとDDIセルラーと同じく、ローミングにより全国サービスを提供した。

1997年からデジタルホン・デジタルツーカーの共通のブランドとしてJ-PHONE(ジェイフォン)を制定。1999年に日産自動車が資本撤退したデジタルツーカーはデジタルホンの地域会社に吸収合併され、2000年に日本テレコムとボーダフォンの出資会社であるジェイフォン株式会社(旧アイエムティ二千企画)がデジタルホンの地域会社を傘下に入れ、吸収合併により1社へ集約した。また、同年11月に国内で初めてカメラ付き携帯電話(J-SH04)を市販化し、キャンペーンの一環として行った「写メール」はジェイフォンの市場占有率を引き上げるきっかけとなった。

2000年からイギリスの携帯電話会社ボーダフォン(Vodafone)がジェイフォンのM&Aによる日本の携帯電話事業への参入を狙っていたが、親会社である日本テレコムは乗っ取りを懸念したことで1999年にBTグループ・AT&Tと出資を受け入れていた。しかし、環境の変化によりボーダフォンは2001年10月に日本テレコム株式の過半数を既存株主から買収することに成功したことで、日本テレコムおよびジェイフォンはボーダフォングループとなった。宣伝や端末などにはJ-PHONEとVodafoneを併記したシンボルロゴを即ちに採用。2002年には第3世代移動通信システム (3G)のサービスとしてVodafone Global Standard(のちにVodafone 3G、さらにSoftBank 3G)を開始した。

2003年10月にボーダフォンは日本テレコムホールディングスから会社分割した日本テレコム(3代目)をリップルウッド・ホールディングスへ売却し、翌11月にジェイフォンはボーダフォン株式会社へ社名変更を実施。

2004年7月30日付でソフトバンク(現;ソフトバンクグループ)が日本テレコムを買収。この時点で同社はソフトバンクグループとなった。

ボーダフォン(日本)では、2004年7月は競合他社との料金面での競争激化や通信エリアの不満から新規契約数より解約数が多くなった。

2006年3月、BBモバイルによる携帯電話事業参入を計画していたソフトバンクグループが、英ボーダフォンからボーダフォン株式会社の株式と資産・負債を日本企業として最高額となる1兆7500億円で買収する旨を発表。同年10月1日をもってボーダフォン日本法人はソフトバンクモバイル、日本テレコムはソフトバンクテレコムへ社名を変更した。

2007年4月より口座振替のお知らせ・ご利用料金のご案内など紙の請求書は有料化した。

2015年4月1日付で、ソフトバンクモバイルがソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム(ソフトバンクテレコム販売と逆さ合併した4代目)、ワイモバイルを吸収合併。これに伴い、完全親会社のBBモバイルの出資が75.81%となり、ソフトバンク本体が24.18%(グループ合算で99.99%)、その他0.01%の出資構成となった。また、社名は変更がないながらも、BBおよびワイモバイル(旧・イー・アクセス)のADSL事業、テレコムの長距離・国際事業といった固定系通信事業も手掛けることになる。また、ワイモバイルを継承したことにより、一社で固定通信とPHSを兼営することになった。

2015年7月1日付で、持株会社のソフトバンクが「ソフトバンクグループ株式会社」に商号変更すると同時に、ソフトバンクモバイルが商号を承継し、(新)「ソフトバンク株式会社」となった(持株会社のソフトバンク株式会社が6月19日開催した株主総会で商号変更が承認された)。社名変更については「携帯電話事業などの移動体通信事業だけでなく、固定通信事業、インターネット接続サービスと、事業領域が拡大したことによる」としている。なお携帯電話のブランドについては過去の経緯などからの名残により、現在も「ソフトバンク」と「ワイモバイル」のデュアルブランドとして併存している。

2015年12月1日付で、中間持株会社であったモバイルテック(BBモバイルの完全親会社)及びBBモバイルがソフトバンクグループ株式会社に吸収合併され、同社が99.99%の株式を直接保有することになった。
代表者
代表取締役 社長執行役員 兼 CEO 宮内 謙
設立年月日
1986-12-09
従業員数
37,466 人
上場年月日
2018-12-19
平均年齢
39 歳
平均年収
7,331,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート(ADR),ウィーン証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
116Picks
MUFG、WeWork関連でソフトバンクGへの融資断る公算-FT
Bloomberg.com
|
三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、米ウィーワーク救済パッケージのためのソフトバンクグループへの新規融資を断る公算が大きいと、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が事情に詳しい匿名の関係者の話を基に報じた。
5Picks
ソフトバンクG、ウィーワークTOBの規模縮小を議論か
Reuters
|
[東京 22日 ロイター] - ブル-ムバーグは22日、複数の関係者の話として、ソフトバンクグループ<9984.T>が、米ウィーワークに対して行う30億ドルの株式公開買い付け(TOB) について、規模縮小の方法を検討していると報じた。
5Picks
「実質的にはLINEの買収」「公取委に向けたメッセージ」堀江貴文氏が語った、ソフトバンクがGAFAに肩を並べるための壮大なストーリー - AbemaTIMES
BLOGOS - 最新記事
|
主演ミュージカル『クリスマスキャロル2019』の公演を間近に控えた堀江貴文氏が21日、AbemaTV『AbemaPrime』に緊急出演、役どころであるサンタクロースに扮し、ネット業界を騒然とさせたヤフーとLINEの経営統合の話題について独自の視点で切り込んだ。 かねてから「ZOZO買収の時に、次はLINEだと話した。Yahoo!はウェブ時代最強のIT企業だったがスマホ革命で乗り遅れた。ZOZ...
105Picks
アップルとインテル、ソフトバンクG傘下のフォートレスを提訴
Reuters
|
[サンフランシスコ 20日 ロイター] - 米国のアップル<AAPL.O>とインテル<INTC.O>は20日、ソフトバンクグループ<9984.T>傘下の米投資会社フォートレス・インベストメント・グループが特許権を買い集め、ハイテク企業を次々に訴えている行為は反トラスト法(独占禁止法)に違反するとして、カリフォルニア州北部地区連邦地裁に提訴した。
4Picks
米ウィーワーク、世界で2400人削減へ ソフトバンクが再建主導
Reuters
|
[ニューヨーク 21日 ロイター] - 共有オフィスを手掛ける米ウィーワークは21日、全世界で2400人規模の人員削減を行うと発表した。筆頭株主であるソフトバンクグループ<9984.T>による経営支援の下、大幅なコスト削減や事業安定化を目指す。
711Picks
6800億円の融資要請 ソフトバンクG、みずほ銀などに
共同通信
|
6800億円の融資要請 ソフトバンクグループが、主力行のみずほ銀行などに対し63億ドル(約6800億円)の融資を要請したこと...
9Picks
ソフトバンクが融資協議 米社再建、自己資金も活用
共同通信
|
ソフトバンクが融資協議 ソフトバンクグループが銀行団に要請した融資を巡り、3千億円規模を想定して主力のみずほ銀行などと具体的...
8Picks
顔認証でビルに“顔パス入館” 精度99%超 「SNOW」のSenseTimeが技術協力
ITmedia NEWS
|
ソフトバンク子会社が、顔認証技術を活用したオフィスビルの入退室システムをリリース。ICカードを使わず、セキュリティゲート上の端末に顔をかざすだけで入館できる。認証精度は99%以上という。自撮りアプリ「SNOW」の顔認識を手掛けた香港のAIベンチャー、SenseTime Groupの技術を利用した。
4Picks
MUFG、ウィーワーク関連でソフトバンクGへの融資断る公算-FT
Bloomberg
|
三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、米ウィーワーク救済パッケージのためのソフトバンクグループへの新規融資を断る公算が大きいと、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が事情に詳しい匿名の関係者の話を基に報じた。
2Picks
ヤクルト、ソフトバンク育成3年目・長谷川宙輝を獲得 期待の若手先発左腕
データやコラム、多角的な視点で、ファンへ野球の魅力を発信
|
東京ヤクルトスワローズは22日、元福岡ソフトバンクホークスの長谷川宙輝投手の獲得に関して、基本的合意に至ったと発表した。  長谷川は、聖徳学園高から2016年育成ドラフト2位でソフトバンクに入団した左腕。育成契約3年目となる今季は、2軍戦で9試合(22回1/3)に登板し、1勝2敗、防御率6.04の成績を残した。  長谷川は、育成選手契約の規定により、10月31日に自由契約選手として公示されて...
5Picks
ソフトバンクG、みずほ銀などに追加融資打診 3000億円規模=関係筋
Reuters
|
[東京 21日 ロイター] - ソフトバンクグループ<9984.T>が、みずほ銀行など国内のメガバンクに対し、3000億円規模の追加融資を打診したことが分かった。複数の関係者が21日、明らかにした。ただ、大手行はすでにソフトバンクGへの融資を積み上げており、実現するかは不透明な情勢だ。
6Picks
デジタルトランスフォーメーションと事業創出を支援する新しい枠組み──新会社「インキュデータ」のビジョンと使命 - ビジネスWebマガジン「Future Stride」
ビジネスWebマガジン「Future Stride」|ソフトバンク
|
通信キャリアのソフトバンク、テクノロジー企業のArm、そして広告会社の博報堂がタッグを組んで新たに設立した会社が 「 インキュデータ 」です。企業のデジタルトランスフォーメーション推進を支援することを目的とするこの新会社のビジョンについて、インキュデータの藤平氏、芳川氏、安藤氏が語ります。
2Picks
燕入りの元鷹・長谷川宙、入来投手コーチに感謝「野球をイチから教えてくれた恩人」
野球・MLBの総合コラムサイト
|
ヤクルトは22日、ソフトバンクの育成から自由契約となっていた長谷川宙輝投手の獲得を発表。長谷川はこの日もソフトバンクの筑後ファーム施設で1人で練習に励んでいた。
1Pick
アップルとインテルがソフトバンク傘下企業を提訴 「特許権の買い占めは独禁法違反」
36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版
|
アップルとインテルは米現地時間11月20日、ソフトバンクの子会社である米投資会社フォートレス・インベストメント・グループが反トラスト法(独占禁止法)に違反しているとして提訴した。フォートレスがソフトウ
1Pick
MUFG、ウィーワーク関連でソフトバンクGへの融資断る公算-FT(Bloomberg)
Yahoo!ニュース
|
(ブルームバーグ): 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、米ウィーワーク救済パッケージのためのソフトバンクグループへの新規融資を断る公算が大きいと、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT) - Yahoo!ニュース(Bloomberg)
17Picks
ソフバンクG幹部、ウィーワークTOBの規模縮小を協議-関係者
Bloomberg
|
ソフトバンクグループの幹部はシェアオフィス事業を手掛ける米ウィーワークへの支援パッケージの一環として行う30億ドル(約3260億円)の株式公開買い付け(TOB)について、規模縮小の方法を検討している。
8Picks
首位はブロックチェーン企業、SB投資先も多数ランクイン──海外スタートアップ資金調達額ランキング
CoinDesk Japan
|
「海外スタートアップ企業の資金調達ランキング」(2019年1月〜9月)で、首位はブロックチェーン企業のFundament Group(ドイツ)であること、上位22社のうち8社がソフトバンクかソフトバンク・ビジョン・ファンドの出資企業であることが分かった。 国別では多かったのはやはりアメリカ・中国 ランキングは、スタートアップを支援しているフォースタートアップ株式会社によるもの。同社は「STA...
6Picks
福岡ソフトバンクホークスの強みはどこにある?「差別化」要因分析の落とし穴
GLOBIS知見録 最新記事
|
2つの仮説:福岡ソフトバンクホークスの強み 今年のプロ野球は、日本シリーズ*で福岡ソフトバンクホークスが3連覇を果たしたことで幕を閉じました。これでソフトバンクは過去6年間で5度目の日本シリーズ勝利(うち3度はリーグ優勝も達成)と、正に黄金時代を築いていると言えます。 日本シリーズ*:セ・リーグとパ・リーグの各上位3チームがクライマックスシリーズを戦い、その優勝者が争い日本一を決める。先に…………
3Picks
ソフトバンクG、みずほ銀などに融資要請=米社支援で3000億円
時事通信社
|
 ソフトバンクグループ(SBG)が、みずほ銀行など主力取引金融機関から総額2000億~3000億円の融資を受ける方向で協議していることが21日分かった。多額の損失を計上した共用オフィス「ウィーワ...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ