新着Pick
SPD0UCITSU7JOTXQ

株式会社 動力

株式会社動力(どうりょく、DORYOKU Co., Ltd.)は、太陽光発電システム等を中心とした住宅用設備の施工を行う会社である。 ウィキペディア
愛知県安城市三河安城東町2-3-10
0566-91-3880
詳細を見る
代表者
代表取締役社長 鈴木 竜宏
設立年月日
2008-12-01
従業員数
62 人
上場年月日
2015-08-18
平均年齢
38 歳
平均年収
4,733,000 円
上場市場
東証TPM(内国株)
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
16Picks
水素vsEV戦争:世界最大の物流トラック市場を巡り トヨタ・現代・GM vs テスラ・ダイムラーの戦いが始まった | 週刊エコノミスト Online
週刊エコノミスト Online
|
各国が脱炭素化を標榜するなか、いま最も注目を集めるのが水素の存在だ。発電、蓄電から乗り物の動力まで、今後のエネルギーの中核を担う、とされる水素。世界最大級のトラック物流市場、米国での覇権をめぐっても水素と電気自動車(EV)で熱い戦いが始まっている。
20Picks
マスク氏は警告、それでもFCV推進の中国-次世代車でさらに先行か
Bloomberg.com
|
電気自動車(EV)メーカー、米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)はこの数年、次世代エコカーの動力源でバッテリーではなく水素燃料電池を活用するとの考えに冷ややかな目を向けてきた。今年6月には「燃料電池(Fuel cells)=ばかな売り物(Fool sells)」とツイートしたほどだった。
14Picks
「地球に優しい選択肢」水素燃料テクノロジー進歩の最前線〜鉄道、飛行機、建設でも
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
アルペンルートを走る水素燃料電池鉄道 欧州オーストリアで、ある画期的な出来事があった。 水素と酸素を燃料として生み出された動力で動く鉄道車両の運行が開始されたのだ。実際に乗客を乗せての運行であり、
308Picks
米加州、ガソリン駆動の新車販売禁止へ 35年から
Reuters
|
[ワシントン/ロサンゼルス 23日 ロイター] - 米カリフォルニア州のニューサム知事は23日、ガソリンエンジンを動力とする乗用車とトラックの州内での新車販売を2035年から禁止する方針を示した。電気自動車(EV)への移行を促進し、温室効果ガス排出量の削減を図ることが狙い。
15Picks
元日産エンジニアが考案した次世代電池の実力
東洋経済オンライン
|
スマートフォンなどのモバイル機器やEV(電気自動車)の動力源として欠かすことのできないリチウムイオン2次電池。その次世代技術の1つである「全樹脂電池」が注目を集めている。手がけるのは2018年に設立されたス…
13Picks
テスラの工場を誘致せよ!イギリスが官民協働で進める「リチウム電池国産プロジェクト」の熱狂ぶり
Business Insider Japan
|
・電気自動車(EV)の動力源はリチウムイオン電池だ。その大半は中国で生産されている。 ・イギリスのリチウム採掘スタートアップ2社、コーニッシュ・リチウムとブリティッシュ・リチウムは、イーロン・マスク率いるテスラのような企業の生産拠点をイギリスに誘致したいと考えている。 ・そうした工場誘致はイギリス経...
1569Picks
堀江貴文氏 「デキないヤツを助けていると共倒れする」
BLOGOS - 最新記事
|
【同僚や友人、知人との人間関係について解説する堀江貴文氏】『多動力』に続き、最新刊『バカは最強の法則~まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」負けない働き方~』で、またしても大胆な提言を連発している堀江貴文氏。同書に記した「仕事や人生で負けないための法則」について、短期集中連載で特別解説! 2回目のテーマは、同僚や友人、知人との人間関係について。単純に手を差し伸べ合うだけが優しさではない。...
1114Picks
多動力の元祖、高城剛。ホリエモンと人類の未来を語る
NewsPicks編集部
|
「世の中は『やれば簡単なこと』であふれている」「肩書にこだわるのは危なっかしい」──先週、堀江貴文氏とキングコングの西野亮廣氏が語り合った「」では、現代社会を生き抜くための本質的なメッセージが次...
951Picks
【堀江×西野】世の中は「やれば簡単なこと」であふれている
NewsPicks編集部
|
堀江 現在、『多動力』がベストセラーになっていますが、僕は以前から、ずっと同じようなことを言ってきたんです。でも今までは、それらを端的に示す言葉がなかった。『好きなことだけで生きていく。』とか『...
776Picks
【マンガで身につく多動力】自分の時間を取り戻せ
NewsPicks編集部
|
僕は幼いころから、まったくもって落ち着きのない子どもだった。周りが心配するほど一つのことに熱中したかと思ったら、たちまち別の興味対象へ目移りしてしまう。学校へ忘れ物をすることなんて珍しくなかった...
767Picks
【堀江×高城】大事なのは「多動力」より「多産力」
NewsPicks編集部
|
高城 会うの、久しぶりだね。2年ぶりぐらいかな?堀江 2年半ぶりくらいですね。ただ、いつも高城さんのメルマガを読んでいるので、高城さんが何をやっているのかは大体知っています。高城 ご愛読感謝です...
724Picks
村上世彰×堀江貴文 初対談#1「あの一言で僕は堀江を好きになったんだ」
文春オンライン
|
村上世彰と堀江貴文――。意外なことにメディア上での対談は初めてだという。日本の常識に反旗を翻し、風穴を開けてきたふたりが、あの頃と今を語り合う。村上氏は『生涯投資家』(文藝春秋)、堀江氏は『多動力』(…
627Picks
【堀江×高城】長寿研究最前線。1日2食。若返り。遺伝子解析
NewsPicks編集部
|
──堀江さんは、『多動力』の中で、今はすべて好きなことしかやっていなくて、残っているのが歯磨きだけだと言っています。高城さんも『多動日記』の中で、朝食を食べながら歯を磨きたいと書いています。徹底...
13Picks
米国産プルトニウムで動くNASAの火星探査機は、宇宙に「原子力ルネッサンス」をもたらすか
WIRED.jp
|
打ち上げに成功したNASAの火星探査機「パーセヴェランス」は、史上初めて米国産プルトニウムだけを動力源としている。これまでロシアから調達していたプルトニウムを国産化したことで、今後の宇宙でのミッションでは原子力電池の活用が加速する。宇宙での“原子力ルネッサンス”の時代が、いま幕を開けようとしている。
562Picks
無人の自動走行車レース、来年にも 人工知能の優劣競う
朝日新聞デジタル
|
自律走行する無人のレーシングカーで勝敗を競う、まったく新しいタイプの自動車レース「ロボレース」が来年にも始まる。今月初め、その車両の基礎になるデザインが発表された。 ロボレースは同じ動力性能を持つ1…
539Picks
【堀江×西野】「オール3」の成績に何の意味もない
NewsPicks編集部
|
堀江 の話にもつながるけど、「多動力」を保つ上で重要なのは、自分の時間を他人に奪われないことです。本にも書きましたが、僕は電話をしてくる人が許せない。あれほど時間を奪うものはありません。西野 わ...
517Picks
【高城×堀江】コロラド。秋葉原。松尾芭蕉。ヨガ。個人主義
NewsPicks編集部
|
──これから多動力を持つ人の時代が来る、というのがこの対談の一つのテーマですが、高城さんは著書の中で、「これからリバタリアンとヒッピーの影響力が高まる」と主張しています。高城 影響力を持つ、とい...
454Picks
空飛ぶタクシー、イメージ図公開 ウーバー、将来は自動操縦
共同通信
|
空飛ぶタクシー、イメージ図公開 【ニューヨーク共同】垂直に離着陸できる「空飛ぶタクシー」の実用化を目指す米配車大手ウーバー・テクノロジーズは8日、機体のイメージ図を公開した。2020年に飛行試験を始め、23年に実用化する計画だ。都市...
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ