新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD0RQ439KJ3G2UX

株式会社東京商工リサーチ

株式会社東京商工リサーチ(とうきょうしょうこうリサーチ、英文商号: TOKYO SHOKO RESEARCH, LTD. 略称: TSR)は、東京都千代田区に本社を置く国内第2位の信用調査会社である。 ウィキペディア
東京都千代田区大手町一丁目3番1号
詳細を見る
概要
1892年に、「商工社」として創業(業界最古)。1933年5月に、「株式会社東京商工興信所」を設立して法人化。1974年に、商号を現在の「株式会社東京商工リサーチ」に変更している。
 
帝国データバンクにつぐ国内第2位の信用調査会社であり、日本全国に82(支社8、支店74)の事業所を構える。
代表者
河原光雄(代表取締役社長)
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
27Picks
5月の企業倒産 11カ月ぶりに前年上回る 夏以降の増加懸念も
産経ニュース
|
東京商工リサーチが8日発表した5月の企業倒産件数(負債額1千万円以上)は前年同月比50・3%増の472件で、11カ月ぶりに前年水準を上回った。中でも新型コロナウイルスの感染拡大が影響した倒産は今年に入って5カ月連続で100件を超え、夏以降はコロナ禍の長期化で経営継続を諦める「息切れ倒産」により件数が増勢に転じる可能性が高いとみている。
62Picks
1~5月の飲食業倒産は270件、前年比減もコロナ関連が4割超 東京商工リサーチ調査
財経新聞
|
東京商工リサーチが2021年1月から5月における飲食業の倒産動向を調査し、倒産件数自体は前年から減少した一方、新型コロナ関連の倒産件数が大きく増えていることが分かった。
17Picks
新型コロナ/経営破たん計1446件、飲食が最多260件、アパレル126件
流通ニュース
|
東京商工リサーチは5月26日16時時点で、「新型コロナ」関連の経営破たん(負債1000万円以上)が全国で累計1446件(倒産1365件、弁護士一任・準備中81件)となったと発表した。 同社によると、「月別では2月(122 […] The post 新型コロナ/経営破たん計1446件、飲食が最多260件、アパレル126件 first appeared on 流通ニュース.
246Picks
3社に1社が「過剰債務」の衝撃!東京商工リサーチが解説
Diamond Online
|
中小企業の3社に1社が「過剰債務」の状況にある。東京商工リサーチが4月中旬に行った調査は、驚きの実態を浮き彫りにした。企業の破綻を防ぐための資金繰り支援策は、大きな効果を発揮した一方で、その「副作用」は計り知れない。
76Picks
コロナ関連の破たん1397件に 破たん企業の従業員は1万7000人超え 東京商工リサーチ
財経新聞
|
東京商工リサーチは14日、コロナ禍の影響で経営破たんした国内事業者数が、累計で1,397件(負債1,000万円以上)に達したと発表。
141Picks
新電力で高まる「倒産ラッシュ」の可能性、東京商工リサーチが解説
Diamond Online
|
新電力業界で今年最大の大型倒産が発生した。熾烈な過当競争に加え、電力調達コストの異常な高騰に耐えきれず業界大手があえなく破綻した。渦中の業界で今後、倒産ラッシュのきっかけになるのか。注目が高まっている。
85Picks
企業倒産、30年ぶり低水準 20年度、公的支援が下支え | 共同通信
共同通信
|
企業倒産、30年ぶり低水準 東京商工リサーチが8日発表した2020年度の全国の企業倒産(負債額1千万円以上)は、前年度比17.0...
71Picks
大手居酒屋チェーン 1年間で店舗数12.5%減少、コロナ影響が深刻
東京商工リサーチ
|
チェーン展開する大手居酒屋の店舗数が大幅に減っている。居酒屋を運営する上場主要13社の1年間の飲食店舗数は、2020年12月末で前年同期から12.5%減ったことが、東京商工リサーチの調査でわかった。  個人経営の飲食店などに比べ、大手が展開する店舗は面積が広く、スタッフ数も多い。都心部の店舗は、ランニングコストが大きな負担になっており、店舗営業を継続するより、見切りをつけて「スクラップ」を選...
127Picks
2月の企業倒産、50年で最少 東京商工リサーチ調べ
共同通信
|
2月の企業倒産、50年で最少 東京商工リサーチは8日、2月の全国の企業倒産件数(負債額1千万円以上)が前年同月比31.5%減の44...
2021年2月の全国企業倒産446件
東京商工リサーチ
|
24Picks
震災10年の「東北6県の企業業績」は復興予算縮小とコロナで停滞局面へ
Diamond Online
|
東日本大震災から10年を迎えた。この間、東北の企業業績はどのように推移してきたのか。東京商工リサーチが最新の調査で解説する。
275Picks
「後継者難」での企業倒産、歴代最多へ 中小企業の社長不足は深刻さを増す
ITmedia ビジネスオンライン
|
東京商工リサーチは、2020年度の「後継者難」での倒産が、1月までの10カ月間で289件に達したと発表した。最多である19年度の319件を超えることがほぼ確実となった。
14Picks
化粧品大手各社、軒並み減収 インバウンド消失と外出自粛・マスク生活が直撃 - 東京商工リサーチ(TSR)
BLOGOS - 最新記事
|
長引く「新型コロナウイルス」感染拡大で化粧品業界が苦境にあえいでいる。外出自粛、インバウンド需要の消失で化粧品ニーズが変わったためだ。 (株)コーセー(TSR企業コード:290050723、東証1部)と(株)ノエビアホールディングス(TSR企業コード:662279069、東証1部)が発表した直近の四半期決算では、いずれも前年同期比10%以上の減収だった。外出自粛やテレワークの浸透の余波はアパ...
313Picks
【東京商工リサーチ】2021年、企業倒産は「増える」
NewsPicks編集部
|
再度の緊急事態宣言発出で始まった2021年。企業にとって、苦しい経営環境が続いている。今年の企業倒産の動向はどうなるのか。東京商工リサーチの原田三寛氏が解説する。2020年、新型コロナウイルスの...
61Picks
20年のコロナ関連破綻は843件、9月以降高止まり=商工リサーチ
Reuters
|
[東京 13日 ロイター] - 東京商工リサーチは13日、2020年の新型コロナウイルス関連で負債1000万円以上の破綻件数が2月からの累計で全国843件になったと発表した。9月以降は3カ月連続で100件を上回り、12月は100件を下回ったものの96件と、高止まりで推移している。
95Picks
上場企業の早期・希望退職90社に――年内募集、リーマンショック後2位の水準
ITmedia ビジネスオンライン
|
上場企業の早期・希望退職募集が90社に。リーマンショック後2番目の高水準。東京商工リサーチ調査。
697Picks
コロナ禍で業績上方修正した上場企業186社の特徴
ITmedia ビジネスオンライン
|
東京商工リサーチは9月18日、上場企業における「新型コロナウイルスによる業績上方修正」調査結果を発表した。業績を上方修正した上場企業は、全体の4.9%にあたる186社だった。7月以降の開示が7割を占め、コロナ禍の長期化が見込まれる中で、企業業績への影響も明暗が鮮明になってきた。
832Picks
【明言】コロナ後、「大量生産」は要らなくなる
NewsPicks編集部
|
アパレルが苦境に立たされている。東京商工リサーチによると、新型コロナウイルスに関連した倒産は、宿泊業が29件、飲食業17件に続き、アパレル関連は、13件と3番目に多い。5月15日には、名門アパレ...
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ