新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD0RO9Q1DCXCC41

株式会社 イシダ

株式会社 イシダ(英称:ISHIDA CO.,LTD.)は、京都府京都市左京区に本社を置く主に業務用の計量・包装機の製造販売をおこなう企業である。 ウィキペディア
京都府京都市左京区聖護院山王町44番地
詳細を見る
概要
主に自動計量機とその周辺機器類の製造販売をおこなう。計量機類メーカーの中では国内最古参メーカーの一社としてその名を知られると共に、「はかりのイシダ」と呼ばれるように、業務用計量機器でその強さを誇る。各分野にシェアを持つ中で、特に食品生産ラインでのシェアは70%以上に及ぶ。

長年培った計量技術をコアとして、計量から包装、検査、表示、箱詰め、情報ネットワークまで全て自社製品による一連のシステム提案を得意としている。これにより主力の食品から農産物の出荷、産業用まで幅広い分野での課題解決を一貫して支援できる。国内外に決算連結しているグループ社が30社あり、国内外問わず食の安全・安心、省力化、省人化のニーズに対してグローバルに製品展開している。

創業当初から、計量器を主力製品としてきたが、近年では計量・包装・検査・値札貼りなど一連の作業機械や、各種計量・生産管理システムの製造など物流分野への動きも強まっている。2016年には製薬や病院向けの医療・医薬事業において、外来患者案内システムを開発・納入しており、医療・医薬事業への参入と強化を図る。
代表者
代表取締役社長 石田隆英
設立年月日
1948-10-26
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
77Picks
コンビニ弁当・パスタの自動盛り付けロボットがすごい!過酷な人手作業を代替
ニュースイッチ
|
イシダ(京都市南区、石田隆英社長、075・771・4141)は、コンビニエンスストアの弁当やパスタ、総菜などの盛り付けを自動化するロボットを開発、来春にも市場投入する。パスタ製品などを手がける中食ベンダーや、和総菜などの食品メーカーと実証実験に入った。過酷な人手作業を代替するとともに、品質管理の向上や省人化といった顧客ニーズへ対応する。 盛り付けを自動化するロボットは人工知能(AI)ベンチャ...
142Picks
包装フィルムの注文が止まらない。新型コロナ影響、海外で脚光
ニュースイッチ
|
イシダ(京都市左京区、石田隆英社長、075・771・4141)は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い生まれた新しい食品包装需要への対応を強化する。海外の野菜売り場などでは裸売りが一般的だったが、ウイルス対策で個包装ニーズが増加。欧米などで包装機と包装フィルムの注文が相次いでおり、対応を急ぐ。海外では、ブラジル通貨レアルの急落で浮き彫りになった為替リスク対策も進め、部材の現地生産などの取り組み...
135Picks
ノントレー包装でプラスチックゴミを削減!販売目標は例年の10倍
ニュースイッチ
|
イシダ(京都市左京区、石田隆英社長、075・771・4141)は、肉などをフィルムのみで包装できるノントレー包装値付機の2020年度販売目標を例年の10倍の年300台に引き上げる。食品トレーを不要にする同機は10年前に発売した製品。プラスチックゴミが問題視される中、19年秋から引き合いが急増。環境配慮型の新しい包装を求める小売りなどでニーズが高まっている。21年には高速包装できる機種を投入す...
62Picks
ピーマンのない酢豚も判別!無人店にも役立つAI×計量の新技術
ニュースイッチ
|
イシダ(京都市左京区、石田隆英社長、075・771・4141)は、炒め物やカットした果物、生鮮食品などの種類を0・1秒で判別し、自動で計量値と価格のモニター表示、ラベル印刷まで瞬時に行うシステムを開発した。強みのハカリ技術と新規の人工知能(AI)画像識別技術を掛け合わせた。総菜などをセルフで容器に取る形式の総菜店やスーパーのコーナー、バックヤードなどに提案する。6月から店舗実証に入る。 ハカ...
19Picks
これで完全無人小売店が実現!?総菜の種類と個数を瞬時に判別するAI
ニュースイッチ
|
イシダ(京都市左京区、石田隆英社長、075・771・4141)は、人工知能(AI)を用いた画像認識で、カメラにかざすと揚げ物などの総菜の種類と個数を瞬時に判別する技術を開発した。総菜をショーケースか
8Picks
ロボットが弁当を盛り付け?
ニュースイッチ
|
【京都】イシダ(京都市左京区、石田隆英社長、075・771・4141)は、食品製造分野向けを中心に、顧客とともに装置やロボットを活用した製造ラインの自動化開発を進める。4月に開設した「自動化推進室」(滋賀県栗東市)を開発拠点として、顧客の自動化ニーズに個別対応する。自動化推進事業で2019年度に年間売上高30億円を目指す。 イシダは自動化推進室用に、滋賀事業所(滋賀県栗東市)隣接地に、延べ床...
7Picks
イシダ、弁当・総菜製造向け盛り付けロボ AIで画像認識、定量つかむ
日刊工業新聞電子版
|
■ベンチャーと共同開発 【京都】イシダ(京都市南区、石田隆英社長、075・771・4141)は、コンビニエンスストアの弁当やパスタ、総菜などの盛り付けを自動化するロボットを開発、来春にも市場投入する...
6Picks
“はかりのイシダ”が生み出した外来患者案内システム。大手と渡り合う3つの差別化
ニュースイッチ
|
イシダ(京都市左京区)が新規事業となる医療システムで存在感を示している。2016年、外来患者が自動発行機で受け取った案内受信機で、電子カルテシステムと連携して、診察の順番、検査、会計の予告案内などを知ることができる外来患者案内システムを開発、販売した。大手企業がひしめく成長市場の医療・医薬分野で病院の評価が高まりつつある。電子棚札の応用 「薬科機器大手の注射薬自動払出装置に患者ごとのトレーの...
5Picks
キットカット、イシダの紙包装で脱プラスチックへ!
ニュースイッチ
|
【京都】イシダ(京都市左京区、石田隆英社長、075・771・4141)は、菓子類などの食品包装に紙材の活用を提案する。主流のプラスチック包装材と、環境負荷が低い紙材の両方に対応した縦ピロー包装機を近く標準品として販売する。マイクロプラスチックによる海洋汚染の深刻化を踏まえ、身近な包装材を紙に変更できるようにして、脱プラスチックを後押ししたい考えだ。 ネスレ日本(神戸市中央区)がチョコレート菓...
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ