新着Pick
SPD0QSTQAGL68KGG

日本電産 株式会社

日本電産株式会社(にほんでんさん、英語: Nidec Corporation)は、京都府に本社を置く日本の電気機器製造会社。 ウィキペディア
京都府京都市南区久世殿城町338番地
075-922-1111
詳細を見る
概要
創業者は永守重信。精密小型モーターの開発・製造において世界一のシェアを維持・継続している。ニューヨーク証券取引所東京証券取引所第一部上場、証券コード6594。
代表者
代表取締役社長執行役員(最高執行責任者) 吉本 浩之
設立年月日
1973-07-23
従業員数
108,906 人
上場年月日
1988-11-07
平均年齢
39 歳
平均年収
6,609,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
4Picks
大攻勢の日本電産、定まらぬ「ポスト永守」
東洋経済オンライン
|
「業績の底打ち感ははっきりした。これからは上がってくる」モーター大手・日本電産の永守重信会長は1月23日、中国に端を発した景況感の悪化について楽観的な見方を示した。ただ、この日発表した2020年3月期の業績…
123Picks
日本電産、20年3月期営業利益を下方修正
Reuters
|
[東京 23日 ロイター] - 日本電産<6594.T>は23日、2020年3月期の連結営業利益(国際会計基準)予想を前年比7.8%増の1400億円に下方修正したと発表した。従来予想は1500億円。リフィニティブがまとめたアナリスト21人による予想の平均値は1511億円。 足元の需要などを見直した。米国景気減速への懸念のほか、中国の景気動向やイランなど中東の地政学リスクなどへの懸念があり、引き続き楽観できないとしている。 売上高予想は1兆5500億円(従来予想は1兆6500億円)に、当期利益予想は850億円(従来予想は1000億円)に、それぞれ引き下げた。
7Picks
日本電産が車載モーターに5000億円投資、元日産COOが事業を統括へ
ニュースイッチ
|
日本電産の永守重信会長兼最高経営責任者(CEO)は23日、都内で開いた説明会で、電気自動車(EV)など向けのトラクションモーターについて「大連、ポーランド、メキシコの工場に約5000億円の投資が必要」との見方を示した。2019年度からの7年間の合計額。「立ち上がるのは22年、23年からだが、組立工場だけでなく、部品工場なども造る」とした。 「既に入社してもらって、この下準備をしている」として...
3Picks
日本電産、業績予想を下方修正 「底打ち感」と永守会長
Reuters
|
[東京 23日 ロイター] - 日本電産<6594.T>は23日、2020年3月期の連結営業利益(国際会計基準)予想を前年比7.8%増の1400億円に下方修正したと発表した。従来予想は1500億円。もっとも、同社の永守重信会長兼CEO(最高経営責任者)は業績面での底打ち感を示した。
3Picks
日本電産会長、元日産ナンバー3に「EV用モーター任せる」
産経ニュース
|
日本電産の永守重信会長は23日、東京都内で開いた令和元年4~12月期連結決算発表会見に出席。日産自動車のナンバー3にあたる副最高執行責任者(COO)から招いた関潤氏がすでに入社していることを明かし、日本電産が拡大方針を掲げる電気自動車(EV)向けの駆動用モーター部門の統括を任せる方針を示した。
17Picks
アイシン社長が語る、EVで日本電産に負けない理由 - Close-Up Enterprise
Diamond Online
|
トヨタグループの主要部品メーカーであるアイシン精機は事業のスクラップ&ビルドを進め、自動車のCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング&サービス、電動化の四つの技術トレンド)領域に経営資源をシフトしている。同社の伊勢清貴社長に、日本電産や中国メーカーといった後発組の競合との戦い方を聞いた。
12Picks
日本電産・永守会長の非情経営…後継者社長を2年でクビ、日産再建の要を“引き抜き”
ビジネスジャーナル
|
日本電産は日産自動車の関潤副COO(最高執行責任者)を次期社長含みで迎える。創業者の永守重信会長兼CEO(最高経営責任者)が後継候補を外部から招くのは、これで4度目だ。日本電産を1973年に創業。一代で売上規模1兆6000億円超の企業に育て上げた永守会長にとって、後継者探しは喫緊...
21Picks
日本電産、「5G放熱部品」増産へベトナムに新工場
ニュースイッチ
|
日本電産は2020年度内にベトナムで新工場を設け、第5世代通信(5G)対応機器向け放熱部品を増産する。18年に買収した台湾の放熱部品大手CCIの放熱技術と、日本電産の微細化と大量生産技術を組み合わせた工場とする。新工場への投資は27年まで継続して順次拡充していく方針。総投資額は約188億円。 現行の4Gと比べ、5Gは通信速度が100倍速くなるため、対応機器類は熱対策がこれまで以上に重要となる...
201Picks
日本電産・永守重信を待ち受ける「3つの課題」
NewsPicks編集部
|
モーター世界大手の日本電産のカリスマ創業者である永守重信氏は、ソフトバンクの孫正義氏やファーストリテイリングの柳井正氏らとも交友が深く、「社長が選ぶベスト社長」ランキングで1位を獲得するなど、日...
15Picks
米ロボット部品会社を買収 日本電産、開発力を強化
共同通信
|
米ロボット部品会社を買収 日本電産は4日、ロボット用の電子部品の設計や開発を手掛ける米ロボテック社を買収したと発表した。日本電...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ