新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD0LOPXO6MSX84B

佐川急便株式会社

佐川急便株式会社(さがわきゅうびん)は、本社を京都府京都市南区に置く宅配事業を手掛ける企業。SGホールディングス(持株会社)の子会社である。 ウィキペディア
京都府京都市南区上鳥羽角田町68番地
詳細を見る
代表者
本村正秀(代表取締役社長)
設立年月日
1965-11-24
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
36Picks
日本初、信号と連携して交差点を渡るロボット。ソフトバンク×佐川
Impress Watch
|
ソフトバンクと佐川急便は、日本で初めて自動走行ロボットと信号機を連携させた屋外配送実験に成功した。
13Picks
佐川急便が中国製EV導入の衝撃、日の丸自動車が家電の「二の舞い」になる懸念 - 今週のキーワード 真壁昭夫
Diamond Online
|
物流大手の佐川急便が中国製電気自動車(EV)の導入を発表した。世界は脱炭素に向けて急速にEV化を進めているが、日本の自動車産業にとって無視できないマイナス面もありそうだ。自動車が家電の「二の舞い」になる展開は軽視できない。
49Picks
佐川の新EVは「中国車」じゃない? 日本発のファブレス方式でEV市場の覇権を狙う(くるまのニュース)
Yahoo!ニュース
|
物流大手の佐川急便が、自社の配達車両に電気で走る軽自動車を採用すると2021年4月13日に発表しました。  この小型EV(電気自動車)は2022年9月から納入が始まり、現在使用している軽自動車
50Picks
中国が開発、350km「高速貨物列車」成功するのか
東洋経済オンライン
|
JR北海道と宅配大手の佐川急便は3月24日から、北海道新幹線の客室を使って宅配便の荷物を運ぶ「貨客混載輸送」を開始した。コロナ禍によって鉄道の利用者数が低迷する一方、「巣ごもり需要」で、いわゆるオンライ…
405Picks
佐川急便/電力データで在宅予測、不在配達率20%改善に成功
L news
|
佐川急便、JDSC、東京大学大学院 越塚登研究室・田中謙司研究室、横須賀市、グリッドデータバンク・ラ...
99Picks
未来で不在票はなくなるか?佐川がAIで在宅推定
ニュースイッチ
|
佐川急便は、9月から神奈川県横須賀市で、スマートメーター(通信機能付き電力量計)から得られる電力データを元に、人工知能(AI)が在宅を推定して最適配送ルートを設定する実証実験を行う。宅配業界の課題となっている不在配送問題解消策の一つとして取り組む。2022年にも実運用して“再配達率”の改善につなげる。 同日都内で共同研究相手の日本データサイエンス研究所、東京大学、横須賀市、グリッドデータバン...
14Picks
ソフトバンクと佐川急便が「自動走行ロボット」での配送実験、9月以降に実施
ITmedia ビジネスオンライン
|
ソフトバンクは佐川急便と共同で、自動走行ロボットを活用した配送サービスの実証実験を行うと発表。実施は9月以降の予定で、東京都港区の竹芝エリアで行う。物流業界の人手不足の解消と、新型コロナウイルス感染防止の観点から、非対面・非接触の配送サービスの実現を目指す。
6Picks
佐川急便、「AI活用による不在配送問題の解消」フィールド実証実験にて不在配送を約20%削減
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
JDSCと佐川急便、ならびに東京大学大学院 越塚登研究室・田中謙司研究室、横須賀市とグリッドデータバンク・ラボ有限責任事業組合(以下、GDBL)は、5者共同で、「AIと電力データを用いた不在配送問
6Picks
佐川急便ら、内閣府「スマート物流サービス」の共同研究を実施
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
佐川急便、Kyoto Robotics早稲田大学、フューチャーアーキテクトは、内閣府の「戦略的イノベーション創造プログラム」における主要課題の一つである「スマート物流サービス」の「荷物データを自動…
5Picks
佐川急便が開発中の軽EV宅配車をお披露目〜計画通り実現すれば日本は変わる!
EVsmartブログ
|
佐川急便が2021年4月13日、EVベンチャーのASFと共同開発する宅配専用電気自動車のプロトタイプを発表。約7200台の軽自動車を順次EVに切り替える計画。
5Picks
佐川の反撃? 中国車の進出? 「佐川急便が中国製EVを導入!」の報道に見る違和感 - webCG
webCG
|
報道やSNSなどで話題を呼んでいる、佐川急便の「中国生産のEV導入」という発表。ときに「中国車の進出」「脱炭素で後れをとる佐川の反撃」という視点で語られるこの施策だが、ことの本質は本当にそこなのだろうか? 技術ジャーナリストが本当の意義を探った。
5Picks
佐川急便、「コロナ危機」を生き抜く物流戦略
東洋経済オンライン
|
――新型コロナウイルスの感染拡大で、どのような影響が出ていますか。航空便の減便で海外からモノが調達できない、あるいは一部遅延などの影響が出た。(企業向けの)BtoBは、緊急事態宣言が解除されれば荷物量も…
4Picks
佐川急便、LISUTO提供のタグID自動登録サービスを販売開始
LIGARE
|
SGホールディングスグループの佐川急便株式会社(以下、佐川急便)は6月23日、商品のタグID登録を自動で行う「スマートAIタッガー」の販売を開始すると発表した。「スマートAIタッガー」は、LIS...
4Picks
佐川急便とビットキー、オートロックマンションで顔認証を活用した「置き配」の実証実験を実施
デジタルシフトタイムズ
|
株式会社ビットキーは、佐川急便株式会社と東京都内のオートロックマンションにて置き配の実証実験を行ったと発表した。 ■「置き配」に関する社会的課題 近年、ECの利用増加に伴い宅配便の取り扱い個数が...
4Picks
佐川急便、イスラエルのAIサービス開発企業LISUTOと業務提携
LIGARE
|
SGホールディングスグループの佐川急便株式会社(以下、佐川急便)は4月20日、AIサービスを開発するLISUTO株式会社(以下、LISUTO)と資本業務提携契約を締結し、EC事業者向けソリューシ...
4Picks
佐川急便、ドローンによる複数拠点間輸送の実証実験を実施 地方自治体と連携
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
佐川急便は、環境省の補助金執行団体である一般財団法人環境優良車普及機構の「過疎地域等における無人航空機(以下、ドローン)を活用した物流実用化事業」に係る公募に採択されたと発表した。 各地方自治体(
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ