新着Pick
SPD0HO6HQNOG9NTU

日本精工 株式会社

日本精工株式会社(にっぽんせいこうかぶしきかいしゃ、NSK Ltd.(英文社名) )は、日本のベアリングメーカー。日本ベアリング業界最大手、世界ではスウェーデンのSKF、ドイツのシェフラーグループについで3位。 ウィキペディア
東京都品川区大崎1-6-3日精ビル
03-3779-7111
詳細を見る
概要
主力のベアリング事業で国内首位、世界3位。ベアリング以外の製品ではボールねじ世界首位、リニアガイド世界3位、自動車用電動パワーステアリング世界2位等の市場占有率を有する。トライボロジー技術では世界屈指の技術力を持ち、世界初の無段変速機「ハーフトロイダルCVT」を生み出し、実用化に成功した。

日本の産業発展、特に機械工業の発展に不可欠であるベアリングの国産化を目的として、保善社・深川製釘所(後に安田商事に併合。現・安田工業)の技師長だった山口武彦が、高橋是清や安田家の支援で1914年2月に設立した日本精工合資会社を前身とする。この頃に山口武彦が透察していた「将来の日本の機械工業のあるべき姿」は、深川製釘所の技師長になる前の1895年3月~1897年3月の二年にわたる欧米視察において、見聞・学習した欧米諸国の先進工業技術から得たものであった。

1970年代のオーストラリア、ブラジル、アメリカ合衆国、イギリス進出を皮切りに世界各地に生産や販売拠点を展開している。イギリス最大手のUPI社、ポーランドの国営企業イスクラ社の買収、世界各国のベアリングメーカーとの合弁活動など、経営学の世界では日本企業の世界展開の事例として挙げられることがある。

2006年、2008年と世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)で発表された「世界の持続可能な企業トップ100」(Global 100 Most Sustainable Companies)に、数少ない日本企業として選出された実績を持つ。
(機械セクターでは、日本企業では唯一の選出)
代表者
代表執行役社長 内山 俊弘
設立年月日
1916-11-08
従業員数
30,309 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
41 歳
平均年収
7,472,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
10Picks
東大に「SDGsを実現するモビリティ技術のオープンイノベーション」社会連携講座を設置 デンソー・ブリヂストンら共同
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
東京大学大学院新領域創成科学研究科、デンソー、日本精工、ブリヂストン、ロームは共同で「SDGsを実現するモビリティ技術のオープンイノベーション」社会連携講座を設置したと発表した。 設置期間は202
397Picks
インホイールモーターは次世代自動車を進化させるか
ニュースイッチ
|
日本精工は次世代自動車向け変速機付きインホイールモーターを開発した。軸受やクラッチユニットなどの構成部品の製品化につなげることが狙い。2台のモーターを用い小型でも高い駆動性能を得られる独自方式を、自動車メーカーなどに提案する。今後、数年をかけて、各構成部品を事業化する考えだ。 同社が開発したのは変速機と一体化させた小型モーター2台をホイールにつなげる独自方式。低速ギア時は一方のモーターが逆回...
53Picks
日本の投資家の「やっかいな病気」が再発した
東洋経済オンライン
|
日本株の元気が、全般的に乏しい。実は個別の株では決してそんなことはないのだ。例えば日本精工などの機…
18Picks
連載「部品企業 成長への戦略・戦術」日本精工(4)グローバル企業の課題
日刊自動車新聞
|
自動車需要の拡大を背景に、ニーズに適した製品の投入が奏功して着実な成長を遂げている。グローバルでビジネスを拡大する一方で、さらなる成長には解決すべき課題も少なくない。事業戦略から開発、生産などを...
17Picks
訂正:不二越など3社、価格カルテルでシンガポール当局から制裁金
Reuters
|
[シンガポール 26日 ロイター] - シンガポールの競争法委員会は27日、ボールベアリングの取引で価格カルテルを結んでいたとして、不二越<6474.T>、日本精工(NSK)<6471.T>、NTN<6472.T>の3社に対し総額930万シンガポールドル(742万米ドル)の制裁金支払いを命じた。
14Picks
ブリヂストンや東京大学など、タイヤにモーターと受電機能を組み込んだ「第3世代走行中ワイヤレス給電インホイールモータ」説明会
Car Watch
|
東京大学大学院新領域創成科学研究科 藤本研究室とプリヂストン、日本精工(NSK)、ローム、東洋電機製造は10月10日、EV(電気自動車)の走行に必要な受電と駆動をタイヤに組み込んだ「第3世代走行中ワイヤレス給電インホイールモータ」を開発したと発表し、走行中給電の様子を公開した。
14Picks
緊急自動ブレーキ義務化で、ボールネジ増産だ!
ニュースイッチ
|
日本精工は2021年にも世界で電動ブレーキブースター向けボールネジの生産能力を現状比2・5倍の年500万本に引き上げる。投資額は40億―50億円を見込む。海外では早ければ22年にも緊急自動ブレーキの
13Picks
部品を結合しない冷間成形技術を開発、一体成形が可能
MONOist
|
日本精工は、電動パワーステアリング用シャフトの冷間成形技術を開発した。部品を結合しない一体品の部品となるため、安全性/信頼性が向上。シャフトの中空化や薄肉化によって軽量化も図られ、中小型車の燃費改善に貢献する。
13Picks
走りながら充電可能なEV
ニュースイッチ
|
東京大学の藤本博志准教授と居村岳広特任講師らは東洋電機製造と日本精工と共同で、走りながら充電できるインホイールモーター式電気自動車(EV)を開発した(写真)。タイヤに受電装置と蓄電器などを搭載したた
10Picks
インホイールモーターの走行中ワイヤレス給電に成功、車載電池からも電力を供給
MONOist
|
日本精工(NSK)は、東京大学や東洋電機製造と共同で、送電コイルを設置した道路からインホイールモーターに無線で給電して走行することに成功した。この取り組みが成功するのは「世界初」(NSK、東京大学、東洋電機製造)としている。
10Picks
東大、道路からインホイールモータへの走行中ワイヤレス給電に成功
マイナビニュース
|
東京大学は、同大学大学院新領域創成科学研究科の藤本博志准教授らの研究グループが、東洋電機製造、日本精工と共同で、道路からインホイールモータ(IWM)に直接、走行中給電できる「第2世代ワイヤレスインホイールモータ」を開発し、世界で初めて実車での走行に成功したことを発表した。
7Picks
現実味帯びてきた「空飛ぶクルマ」、日本精工が市場形成へ一手
ニュースイッチ
|
日本精工は、空飛ぶクルマなどを支える技術として「可変ピッチ機構付きモーターハブ」を開発した。推進力や揚力を生むブレード(羽根)の向きを調整できるため、機体の安定化や低電力化、航続距離の確保につながる。同社は自動車や航空産業に軸受・ボールネジを提供してきた。この技術を応用し、空飛ぶクルマや飛行ロボット(ドローン)など新分野での活用を模索する。 同モーターハブは、機体を浮かすための羽根の角度をボ...
7Picks
寿命は2倍、日本精工が食用油の劣化を抑制するフィルター
ニュースイッチ
|
日本精工は食用油の劣化を抑制するフィルターを開発した。濾過機に同フィルターを装着し、油を濾過して循環利用した場合、酸化劣化による油の交換時期を他社製品と比べ2倍に延長できる。軸受などの潤滑剤の劣化に関するノウハウを活用した。食品工場や濾過機メーカーなどと実証し、早期の商用化を目指す。一方、同技術を応用し、自動車のエンジンオイルなど工業用油の劣化を抑えるフィルター開発にも順次乗り出す。 開発し...
7Picks
機械損失6―8割低減 日本精工、産機用モーター軸受開発
日刊工業新聞電子版
|
日本精工は20日、産業機械向け高効率モーター用軸受(写真)を開発し、発売したと発表した。独自開発したグリースの採用などで、軸受の機械損失を同社従来製品と比べ6―8割低減した。軸受の...
6Picks
日本精工が中国に風力向け軸受けの新工場!世界で導入拡大「追い風」に
ニュースイッチ
|
日本精工は風力発電機向け大型軸受の生産体制を拡充する。中国遼寧省瀋陽市の生産拠点に3番目の新工場を建設し、一部設備の導入を始めた。新工場では今後3年間で30億―50億円を投資し、風力発電機向け軸受の生産能力を引き上げる。風力発電機は二酸化炭素(CO2)を排出しない再生可能エネルギーとして欧州や中国を中心に導入が拡大する。日本政府も脱炭素を担う主力電源として、洋上風力発電を2040年までに30...
6Picks
揺れと発熱を抑える新保持器採用の高速アンギュラ玉軸受
MONOist
|
日本精工は、工作機械主軸用軸受ロバストシリーズ向けの超高速アンギュラ玉軸受を開発した。新たに外輪案内保持器「SURSAVE」を開発し、高速回転時のNRROを半減し、発熱量を2割削減した。
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ