新着Pick
SPD0FNEZQWPSXPDV

日産自動車 株式会社

日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 ウィキペディア
神奈川県横浜市西区高島一丁目1番1号
045-523-5523
詳細を見る
概要
本社は横浜市西区高島1丁目1-1(日産グローバル本社)。芙蓉グループ(旧富士銀行系列)に属する東証一部上場企業である。ルノーが株式の44パーセントを所有しアライアンス関係である。

日産自動車の関連会社には、委託製造会社である日産車体、モータースポーツ専門のニスモなどがある。また、国外では高級車の「インフィニティ」ブランドおよび新興国向けの低価格車ブランド「ダットサン」での展開も行っている他、ルノーの車種を「日産」ブランドで販売している(ルノー・ジャポンは日産グローバル本社屋内に籍を置く)。

筆頭株主のルノーから派遣されたカルロス・ゴーンが代表取締役会長兼社長兼最高経営責任者(CEO)を2017年3月まで務めた。同年4月からは会長に専念する。なお、ゴーンは2005年4月よりルノーの取締役会長兼CEO (PDG)も兼任している。現在、日産自動車の経営はゴーン会長の指揮の下で最高執行責任者(COO)を置かず、複数の執行役員らがCOOの役割を分担している。

日産自動車の2010暦年のグローバル販売台数及び、グローバル生産台数は共に400万台を超える。日本の自動車メーカーとしてはトヨタ自動車に次いで2番目に400万台の大台を突破した。

2017年の上半期には、ルノー、三菱自と合わせた世界販売台数でグループ第1位を獲得した。

2017度の国内登録車台数はトヨタ自動車に次ぐ第2位である。

女性活躍推進に優れている企業を選定・発表している経済産業省と東京証券取引所との共同企画である「なでしこ銘柄」に第一回(平成24年度)から連続して選定されている(平成28年度時点)。
代表者
代表執行役社長兼最高経営責任者 西川廣人
設立年月日
1933-12-26
従業員数
138,893 人
上場年月日
1951-01-04
平均年齢
41 歳
平均年収
8,155,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),ウィーン証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ハンブルグ証券取引所,ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所(ADR)
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
108Picks
【図解】日産、野村、アステラス。「先週の重要ニュース」5選
NewsPicks編集部
|
NewsPicksが、先週の重要ニュースをサクッと解説。今回のテーマは計5個。 「①日産の内田新社長就任」「②野村HDトップ交代。奥田新社長就任」「③アステラス製薬のオーデンテス買収。遺伝子治療...
2Picks
横浜、マンC運営の膨大データ活用 勝利につながった的確な補強  - スポニチ Sponichi Annex サッカー
スポニチ Sponichi Annex
|
14年7月、プレミアリーグのマンチェスター・シティーを運営するシティー・フットボール・グループ(CFG)と日産自動車がグローバル・サッカー・パートナーシップ契約を締結。今年7月にも契約を延長している。
157Picks
【3分解説】トロイカ体制始動。新社長が示した日産の未来図
NewsPicks編集部
|
この1年余りで「4人目」のトップが誕生した。12月1日、日産自動車の内田誠専務執行役員が、社長CEOに就任。翌2日に、記者就任会見を開催した。約20年にわたって日産を率いてきたカルロス・ゴーン氏...
140Picks
日産自動車、中期計画引き下げへ 新社長「独立性を維持」
共同通信
|
日産自動車、中期計画引き下げへ 日産自動車の内田誠社長兼最高経営責任者(CEO)は2日、就任後初めての記者会見を横浜市内で開き、現在...
10Picks
日産の業績悪化、ゴーン放逐は正しかったのか?優秀な経営者を放逐せざるを得ない日本
ビジネスジャーナル
|
2019年11月12日、日産自動車は今期の営業利益の見通しを1500億円に下方修正することを発表しました。カルロス・ゴーン前会長が逮捕されたのが約1年前の2018年11月19日。それから新体制へと移行したはずが、前期の決算は振るわず、2019年9月には後継者だった西川広人社長が辞...
10Picks
日産新社長が初会見、再建に「アライアンス不可欠」 中計修正へ
Reuters
|
[横浜市 2日 ロイター] - 日産自動車<7201.T>の内田誠社長兼最高経営責任者(CEO)は2日、就任後初の記者会見を開き、事業の立て直しや着実な成果には仏自動車大手ルノー<RENA.PA>と三菱自動車<7211.T>との3社による「アライアンス(連合)の活用は欠かせない」と述べた。その上で、日産の「会社としての独立を保持しながら」企業活動を進めると語った。
64Picks
日産、内田CEOの新経営体制に-きょう初会見、業績向上へ課題山積
Bloomberg.com
|
日産自動車が内田誠氏をトップとする新経営体制を発足させた。低迷する業績の立て直しや仏ルノーとの関係修復など課題が山積する中、新経営陣は難しいかじ取りが迫られる。
45Picks
日産連合、先端技術開発で新会社 ルノーら合意、融和演出狙う
共同通信
|
日産連合、先端技術開発で新会社 日産自動車、三菱自動車、フランス大手ルノーの3社連合が、次世代車の投入に向けて鍵を握る先端技術開発で...
45Picks
3頭体制でゴーン色一掃 日産新経営陣、1日発足
時事ドットコム
|
日産自動車の新経営陣が1日に発足する。社長兼最高経営責任者(CEO)に内田誠専務執行役員が昇格し、最高執行責任者(COO)には三菱自動車のアシュワニ・グプタCOO、副COOには関潤専務執行役員がそれぞれ就任。昨年11月に前会長カルロス・ゴーン被告が不正発覚で失脚して以降続く経営の混乱を収束させるとともに、「3頭体制」でゴーン色を一掃し立て直しを急ぐ。
11Picks
インホイールモーターとは? 100年眠っていた技術が「EV時代の寵児」となり得るワケ
ビジネス+IT
|
エコカーに追い風が吹き、車輪に直結して駆動するタイプのインホイールモーターの世界市場は2019~2027年の8年間で10倍以上に拡大すると予測され、今後EV駆動方式のデファクト・スタンダードとなる可能性がある。その利点は弱点を補っても余りあるとも言われ、日産やトヨタはEV搭載車のプロトタイプを発表。インホイールモーターの開発競争にはベアリング、電子部品、タイヤ、重電といった異業種も続々と参入...
239Picks
売るものがない…日産に重くのしかかる“クルマ高齢化”
ニュースイッチ
|
日産自動車が販売不振にあえぐ。2019年度の世界販売は524万台(前年度比5・0%減)と2年連続のマイナスとなる見込み。自動車業界全体の需要が減少していることに加え、日産の特有の課題として各モデルの発売からの年月を指す「平均車齢」が高い点、商品ラインアップが多すぎる点が挙げられる。日産は対策を進めるが、新モデル投入などの成果が表れるのは早くても20年後半からになる。   日産の小型車「キュー...
(10件の記事)
32Picks
日産 新型車“連続投入”で業績回復目指す
テレ朝news
|
業績の低迷が続く日産自動車が来年度、5車種前後の新型車を投入するなどして経営の早期立て直しを図ることが分かりました。  関係者によりますと、日産は来年度、先月の東京モーターショーで初公開した大型SUV(スポーツ用多目的車)タイプで4輪駆動の電気自動車「アリア」など5車種前後の新型車を投入します。また、2021年度以降には、エンジンで発電してモーターで走る独自のハイブリッドシステム「e−POW...
283Picks
【自動運転】モビリティの次なる世界
NewsPicks Brand Design
|
「プロパイロット 2.0」とは、カーナビと連動しながら車線変更などの操作をサポートする運転操作支援システムのことで、2016年から実用化されている「プロパイロット」の進化版だ。この新技術は、設定...
17Picks
日産系のケイレツ解体は、競争力向上をもたらしたか
ニュースイッチ
|
日産自動車系列サプライヤーは、20年前にカルロス・ゴーン前会長(当時、最高執行責任者)が始動した“ケイレツ解体”に翻弄(ほんろう)されてきた。その後日産と資本関係にあるサプライヤーはほとんどなくなって小康状態が続いていたが、最近は「CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)」の台頭や仏ルノー・日産連合に三菱自動車が合流したことで新たな動きが出始めている。 サプライヤー大型再編を...
20Picks
ルノー暫定CEO、一部市場撤退も 日産連合「効率化可能」
Reuters
|
[パリ 19日 ロイター] - 仏自動車大手ルノー<RENA.PA>のクロチルド・デルボ暫定最高経営責任者(CEO)は19日、中期経営計画の見直しに伴い、一部市場からの撤退やモデル廃止もあり得るという考えを示した。
40Picks
加州がGMやトヨタの新車購入停止へ、排ガス規制巡り対立
Reuters
|
[ワシントン 18日 ロイター] - 米カリフォルニア州は18日、独自に排ガス基準を設定する同州の権限を取り消そうとしているトランプ政権の方針を支持する自動車メーカーからの新車購入を、来年初めから全面的に停止すると発表した。対象になるのはゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>やトヨタ自動車<7203.T>、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)<FCHA.MI>、日産自動車<7201.T>などだ。
100Picks
ゴーン元会長逮捕からまもなく1年 国際捜査の全容判明
NHKニュース
|
日産自動車のゴーン元会長が東京地検特捜部に逮捕されたいわゆる「ゴーンショック」からまもなく1年になります。海外を舞台にし…
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ