新着Pick
SPD0ETNNSL5KIKJS

株式会社 阿波銀行

株式会社阿波銀行(あわぎんこう、The Awa Bank, Ltd.)は、徳島県徳島市に本店を置く地方銀行。通称「あわぎん(阿波銀)」。徳島県(旧阿波国)内を中心に、四国各県や瀬戸内海を挟んで近接する岡山県、兵庫県、大阪府、首都圏(東京都と神奈川県)にも進出している(「店舗展開」参照)。 ウィキペディア
徳島県徳島市西船場町二丁目24番地の1
088-623-3131
詳細を見る
概要
明治時代に開業した"阿波商業銀行"が前身。徳島県の指定金融機関である。

旧三菱銀行の親密地銀であり、三菱UFJフィナンシャル・グループとの関係が深い。

近年は関東地方へも進出しており、東京都北区王子に営業拠点を設置したほか、2013年8月には神奈川県横浜市にも法人営業部を設置した(2015年7月に支店化)上、関西での融資の開拓にも力を入れるなど、徳島県外での営業強化が顕著である。だが、中四国地方の地方銀行で唯一広島県に店舗を構えていない。

2019年12月16日、徳島市東新町に所在した阿波銀新町ビルを解体し、建てられた本店営業部がオープンした。なお営業部移転後の本店は本社機能に特化する(下記参照)。
代表者
代表取締役頭取 長岡奨
設立年月日
1896-06-21
従業員数
1,361 人
上場年月日
1970-05-12
平均年齢
41 歳
平均年収
6,886,000 円
上場市場
東証1部
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
62Picks
阿波銀、野村証券が業務提携へ 顧客基盤生かし営業拡大
共同通信
|
阿波銀、野村証券が業務提携へ 徳島市に本店を置く阿波銀行が、野村ホールディングス傘下の野村証券と包括的な業務提携を結ぶことが31日...
21Picks
タクシー予約・配車業務をクラウド化する徳島拠点の電脳交通が総額5億円を調達、 タクシー会社とのDX推進が超加速
TechCrunch Japan
|
タクシー会社でいまだ人力業務が多い配車・予約管理などのバックオフィス業務のDXを進めてきた、徳島を拠点とする電脳交通は10月8日、総額5億円の資金調達を発表した。第三者割当増資による調達で、既存投資家のほか、今回新規投資家として三菱商事、JR東日本スタートアップ、第一交通産業グループ、エムケイ、阿波銀行、いよぎんキャピタルが加わっている。既存投資家には、日本交通グループのJapan Taxi...
8Picks
タクシーのDXを推進する電脳交通、総額5億円を調達 三菱商事らと資本業務提携
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
タクシーのDXを推進する電脳交通は、三菱商事、JR東日本スタートアップ、第一交通産業グループ、エムケイ、阿波銀行、いよぎんキャピタルを引受先とした総額5億円の資金調達を実施したと発表した。 また資
8Picks
AIチャットボットがWebで自動応答、地銀4行が導入へ
財経新聞
|
JSOL(東京都中央区)は29日、筑波銀行、武蔵野銀行、阿波銀行、宮崎銀行の4行にAI技術を活用した対話型自動応答システムを導入すると発表した。
8Picks
四国4地銀、共同でファンド運営会社を設立 「四国創生」に向けて連携
ZUU Online|経済金融メディア
|
四国各県の地方銀行4行が、ファンド運営会社の共同設立を発表した。4行はいずれも各県の第一地銀。愛媛の伊予銀行 <8385> 、香川の百十四銀行 <8386> 、徳島の阿波銀行 <8388> 、高知の四国銀行 <8387> だ。 4月5日に高松市内で行われた記者会見では、2016年11月に締結した包括提携「四国アライアンス」における協力施策の内容を公開したという。経済活性や地域資源活用などに取...
7Picks
相次ぐ証券と地銀の連携。それぞれのメリットとは?
ニュースイッチ
|
証券業界で地方銀行を中心とする地域金融機関と連携する動きが広がっている。野村証券は4月に阿波銀行との業務提携を開始。同様の提携は山陰合同銀行に次ぐ2例目で、現在も複数行と議論している。顧客基盤の拡大に加え、注力する事業承継や中堅企業のM&A(合併・買収)などに地銀が持つ情報力やノウハウを生かしたい考えだ。地銀にとっても、人口減少や長引く低金利の中、証券会社との連携で証券業にかかるコストを削減...
6Picks
野村証券、阿波銀行と包括提携 山陰合同に続き2例目
共同通信
|
野村証券、阿波銀行と包括提携 徳島市に本店を置く阿波銀行は31日、野村ホールディングス傘下の野村証券と金融商品仲介業務の包括的業務...
4Picks
四国企業の新規上場を促進 東証と4地銀が連携協定
共同通信 47NEWS
|
四国企業の新規上場を促進 東京証券取引所と四国各県の地方銀行である阿波銀行、百十四銀行、伊予銀行、四国銀行の4行は10日、地元企業の上場促進などを通じて四国経済の発展を目指す連携協定を結んだと発表した。 4行の関係者らが東証で...
4Picks
LINE Pay、銀行・アプリとの連携拡大を進める
EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
|
LINE Pay株式会社はLINE Payにおいて、7月26日から荘内銀行、北都銀行、7月27日から阿波銀行との連携を開始した。さらに株式会社マネーフォワードが提供する自動家計簿、資産管理サービスであるマネーフォワードとのAPI連携も7月26日より開始するなど、銀行・アプリとの連携を加速させている。LINE Payは、決済プラットフォームとしての利便性の向上を進めることで、モバイル送金・決済...
3Picks
阿波銀行、AIチャットボットで事業承継の課題相談を受付
AIsmiley
|
阿波銀行は、AIチャットボット「BEBOT」で事業承継の課題相談を受け付けます。「後継者教育を行いたい。どうすればいいか。」「自社の幹部に会社を継がせる場合の注意点を教えてほしい。」といった相談を24時間対応します。
3Picks
Sansan、阿波銀行と中国・四国地方の地域金融機関初のパートナー契約を締結~徳島県企業のデジタル化支援を強化~
Sansan株式会社
|
Sansan株式会社は、株式会社阿波銀行(以下、阿波銀行)とパートナー契約を締結し、徳島県を中心とする阿波銀行の取引先に対してデジタル化支援を開始したことを発表します。中国・四国地方の地域金融機関との
3Picks
四国の4銀行が包括提携、次の地銀再編はどこだ?
ニュースイッチ
|
阿波銀行、百十四銀行、伊予銀行、四国銀行は11日、包括提携した。4行の営業エリアである四国の「創生」をテーマに、協力して四国全域の活性化を目指す。約1年前から議論を積み重ね、今回の包括提携に至った。各行は経営の独立性は維持していく方針。具体的な取り組みは今後4行で検討組織を設けて協議する。 包括提携を「四国アライアンス」と名付け、産業活性化や雇用創出、地域資源を生かす組織の運営、四国ブランド...
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ