新着Pick
SPD0CLOS6N5W0TMJ

豊田通商 株式会社

豊田通商株式会社(とよたつうしょう、英語: TOYOTA TSUSHO CORPORATION)は、愛知県名古屋市中村区と東京都港区を本社(二本社体制)とする、トヨタグループの総合商社である。登記上の本店は名古屋市中村区。社外略称は豊通(トヨツウ)、社内略称はTTC。 ウィキペディア
東京都港区港南二丁目3番13号(品川フロントビル)
03-4306-5000
詳細を見る
概要
・商号 豊田通商株式会社
・本社所在地
 ・名古屋本社(本店) 名古屋市中村区名駅四丁目9番8号
 ・東京本社 東京都港区港南二丁目3番13号
 ・大阪支店 大阪市中央区南船場四丁目3番11号
・拠点
 ・国内 34拠点(名古屋、東京、大阪、苫小牧、札幌、仙台、仙台北部、新潟、富山、松本、北上、太田、日野、青梅、静岡、三島、浜松、湖西、豊田(豊田、トヨタ町、堤)、刈谷、半田、三好、知多、神戸、広島、福山、高松、博多、苅田、宮田、中津、久留米)
 ・海外 50か国120拠点(N.Y.、ワシントン、ジョージタウン、シカゴ、ボストン、ヒューストン、カリフォルニア、フロリダ、マサチューセッツ、ペンシルベニア、ハリウッド、アトランタ、北京、天津、上海、台北、ソウル、マニラ、香港、シンガポール、テヘラン、ドバイ、ブラッセル、ロンドン、パリ、ミラノ、ナイロビ、プラハ、モスクワ、サンクトペテルブルク、アンマン、バグダッド、イラン、カイロ、ダーバン、ヨハネスブルグ他)

※支店、営業所、出張所、現地法人、駐在員事務所(会社HP上の数字は、単体の拠点のみであり、現地法人管轄下の支店等を含んでいない。)
・設立 1948年7月1日
・事業内容 各種物品の国内取引、輸出入取引、外国間取引、建設工事請負、各種保険代理業務等

・組織
 ・コーポレート本部
  ・ERM部(Enterprise Risk Management)、経営企画部、渉外広報部、IT戦略部、新規事業開発部、海外地域戦略部、秘書部、人事部、総務部、経理部、営業経理部、財務部、法務部、原価低減・改善部、物流部、安全・環境推進部
  ・国内地域・顧客統括部
 ・金属本部
  ・金属企画部
  ・自動車鋼材SBU - 鋼板第一部、鋼板第二部、特殊鋼・線材部、大阪金属部、浜松金属部、九州金属部
  ・鉄鋼製品SBU - 鉄鋼部、東京金属部、鉄鋼貿易部
  ・非鉄金属SBU - 非鉄金属第一部、非鉄金属第二部、金属資源部
  ・鉄鋼原料SBU - 環境・リサイクル事業推進部
 ・グローバル部品・ロジスティクス本部
  ・グローバル部品・ロジスティクス企画部、営業開発部
  ・グローバル部品SBU - グローバル生産部品第一部、グローバル生産部品第二部、グローバル生産部品第三部、グローバル生産部品事業推進部
  ・物流事業SBU - 物流事業部
  ・グローバルパーツアッセンブリーSBU - パーツアッセンブリー事業部
  ・自動車部品・用品SBU - 自動車部品部、自動車用品・資材部
  ・産業資材SBU - 産業資材部
 ・自動車本部
  ・自動車企画部、戦略提携事業部、自動車事業開発部、KD事業部
  ・欧州・米州SBU - 欧州自動車部、米州自動車部
  ・豪亜・中国SBU - 豪亜自動車部、中国自動車部
  ・中近東・アフリカSBU - 中近東自動車部、アフリカ自動車部
  ・日野・スバル・ダイハツSBU - 日野自動車部、スバル・ダイハツ自動車部
  ・カスタマーサービス・輸送機材SBU - カスタマーサービス部、輸送機材部
 ・アフリカ本部
 ・機械・エネルギー・プラントプロジェクト本部
  ・機械SBU - ユニット機械部、ボデー機械部、機械事業推進部
  ・エネルギーSBU - 電力事業部、エネルギー事業開発部、原油・石油製品部
  ・プラント・産機SBU - プラント・プロジェクト第一部、プラント・プロジェクト第二部、産業車両部、建機事業部
 ・化学品・エレクトロニクス本部
  ・化学品・エレクトロニクス企画部、HEV事業推進部
  ・化学品第一SBU - 機能原料部、基礎化学品・合樹部、自動車材料第一部、自動車材料第二部、大阪化学品・合樹部
  ・化学品第二SBU - 産業化学品部、機能無機化学品部、ライフサイエンス部、工業樹脂部、電子材料部
  ・エレクトロニクスSBU - 電子事業統括部、情報産業部
 ・食料本部
  ・食料企画部、食料事業部、農水事業部
  ・穀物SBU - 穀物油脂部、食糧部、大阪食料部
  ・食品SBU - 食品部
 ・生活産業本部
  ・生活産業企画部
  ・保険SBU - 保険部
  ・ライフスタイルSBU - ライフスタイル部
  ・リビング&ヘルスケアSBU - リビング&ヘルスケア部
代表者
取締役社長 貸谷 伊知郎
設立年月日
1948-07-01
従業員数
58,565 人
上場年月日
1961-10-02
平均年齢
41 歳
平均年収
10,970,000 円
上場市場
東証1部,名証1部,OTCピンクシート
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
90Picks
10人でスピード上場の先にあるもの ブレない人生の矜持とは
SankeiBiz
|
今回は、新卒で大手総合商社トーメン(現豊田通商)に入社し、インターネット黎明期を迎えるとベンチャーに転身、そのあとスピンアウト創業した会社で上場を実現した伊藤彰…
12Picks
【シンガポール】MaaSアプリの提供開始、アジア初[IT]
NNAアジア経済ニュース
|
【シンガポール】MaaSアプリの提供開始、アジア初[IT] 豊田通商とシンガポールの公共交通運営大手SMRTなどが出資する地場新興企業モビリティーXは、多様な移...
25Picks
全世界視野!豊田通商の海外MaaS事業まとめ アフリカ、シンガポール、フランス・・・
自動運転ラボ
|
トヨタ自動車グループの豊田通商は2019年8月、アフリカにおけるモビリティ事業の拡充を目指し、関連事業を展開するスタートアップ企業へやベンチャー企業に融資する投資会社「Mobility 54(モビリティ54)」=仮称=を […]
14Picks
豊田通商、久米島で観光型MaaS「久米島Ha:mo」をスタート トヨタ車体製の超小型EVのシェアサービス
自動運転ラボ
|
豊田通商は2019年7月27日、沖縄県の久米島で観光型MaaS事業「久米島Ha:mo」をスタートさせた。トヨタ車体製の超小型EV(電気自動車)「COMS(コムス)」のシェアサービス「Ha:moRIDE(ハーモライド)」を久米島で展開する形で、COMSを観光モビリティとして活用することで、観光客の島内の移動を便利にできるようにする。
22Picks
イスラエルの「車両検査システム」UVeyeにトヨタ系企業が出資
Forbes JAPAN
|
トヨタグループの総合商社である豊田通商が、イスラエルのスタートアップ「UVeye(ユーブイアイ)」の第三者割当増資に参加した。UVeyeは人工知能(AI)を活用した画像解析による車両検査システムを開発している。テルアビブ本拠のUVeyeはA・・・
17Picks
棚卸し時間が8分の1に、電子タグが活躍 豊田通商
朝日新聞デジタル
|
豊田通商は、RFIDタグ(電子タグ)を使って自動車部品の物流を効率化するシステムを開発した。電子タグの読み取り装置を取り付けた無人搬送車を倉庫内で走らせ、棚の部品にタグを装着。電波の反応を使って在庫…
301Picks
仙台空港きょう民営化。東急だけでなく前田建設、豊田通商が参画する理由とは
ニュースイッチ
|
国が管理していた仙台空港が7月1日、民間委託による運営を開始する。国管理空港では国内初の民営化となる。東京急行電鉄などが設立した「仙台国際空港」が民間ノウハウを生かして空港運営に挑む。航空ネットワークを充実し、旅客数や貨物量の増加に軸足を置く。東北の空の玄関だけに、地域活性化の起爆剤として地元の期待も高い。仙台空港の成否が今後の空港民営化の流れを左右するだけに、着実な“離陸”が求められる。飛...
294Picks
トヨタ、東南アジア配車最大手グラブと協業 豊田通商が出資
Reuters
|
[東京 30日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は30日、東南アジア配車サービス最大手グラブ(本社シンガポール)と協業を開始したと発表した。グループの総合商社、豊田通商<8015.T>がグラブに出資した。トヨタは昨年、グラブと同業の米ウーバー・テクノロジーズ[UBER.UL]とも提携・出資しており、次世代移動サービスを通じた事業展開を拡大させる。
274Picks
豊田通商や国内商用車メーカがトラックの無人隊列走行を実証
ニュースイッチ
|
豊田通商、国内商用車メーカー4社、ジェイテクト、日本信号、ナブテスコなどはトラックの自動けん引システムを開発し、3台以上を連結した後続無人隊列走行の実証試験を2018年度に実施する。
150Picks
豊田通商がアフリカ版「T-UP」構想、全土で認定中古車買い取り網
ニュースイッチ
|
豊田通商は2019年度に、認定中古車の販売をアフリカ全土で始める検討に入った。現在、トヨタ自動車など関係者間で協議を進めている。豊田通商はアフリカの中古車ユーザーが車の買い換えをする際に、下取りした所有車や輸入中古車を整備し、品質保証した上で販売する。従来のケニアのほかウガンダ、タンザニアなど主要数カ国で試験的にサービスを実施した上で、対象国を拡大する予定。トヨタが日本国内で展開する認定中古...
224Picks
自動運転隊列トラックの実証実験 静岡・新東名高速で
共同通信
|
自動運転隊列トラックの実証実験 日野自動車などトラックメーカー4社と豊田通商は23日、自動運転技術を活用し、トラック3台が隊列走行する実証実験を静岡県内の新東名高速道路で始めた。運転手が乗るトラックに続いて無人運転車が走る技術の確立...
172Picks
大手7商社、資源安で三井、住友が通期見通しを下方修正 伊藤忠は過去最高益
産経ニュース
|
大手7商社の平成27年4~12月期の連結決算が5日、出そろった。原油や鉄鉱石など資源価格の下落で三菱商事や三井物産、豊田通商が大幅減益に、住友商事も同日追加減損を発表して最終利益が落ち込んだ。資源関連の一過性の減損計上が相次ぎ、三井物産と住友商事が28年3月期の最終利益予想を下方修正した。これで、昨年下方修正した三菱商事と豊田通商を合わせ計4社になった。
168Picks
東名阪でトラック無人隊列走行、2022年に実用化
ニュースイッチ
|
ヤマト運輸が豊田通商などと組み、2022年を目標に東京、名古屋、大阪の幹線区間で1人のドライバーが複数トラックを実質操縦する後続車両無人の隊列走行の実用化を計画していることが分かった。トラックドライ
159Picks
「近大マグロ」を本格輸出へ 20年に2千尾目標
共同通信 47NEWS
|
「近大マグロ」を本格輸出へ 近畿大と豊田通商は5日、完全養殖のクロマグロ「近大マグロ」の輸出を本格的に始めると発表した。2020年に東南アジアなどへ約2千尾の出荷を目指す。完全養殖のブリも輸出する計画で、国内外で漁獲規制が進む中...
121Picks
トヨタが東南アジアで廃車リサイクルに参入
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車は2018年度までにタイとベトナムに車両解体工場を設置する。グループが持つ解体ノウハウを東南アジア地域に展開し、使用済み自動車から適切に資源回収できる仕組みを広げる。自動車メーカーが同地域で車両解体を手がけるのは初めてとみられる。今後、同業他社にも広がりそうだ。 タイでは豊田通商が現地に持つ2カ所のスクラップ処理施設のいずれかを、車両解体工場として転用する方向で検討している。豊田...
16Picks
豊田通商が米ベンチャーに出資 ドローンで輸血用血液輸送
産経ニュース
|
豊田通商がアフリカのルワンダで、小型無人機(ドローン)を使った救急医療体制整備に取り組む米ベンチャー企業に資本参加したことが27日、分かった。ルワンダはICT(情報通信技術)立国を目指し、規制緩和による新技術の導入に積極的。日本企業によるルワンダでの事業展開も進んでおり、アフリカが実証実験の場として日本の技術育成を支援する構図となっている。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ