新着Pick
SPD0BU8Q939J9EUL

Lenovo Group Ltd

979 King's Road 23rd Floor, Lincoln House Taikoo Place Quarry Bay Hong Kong Hong Kong
+852 25163838
詳細を見る
代表者
Gianfranco Lanci (President),Yuan Qing Yang (Chief Executive Officer,Chairman)
設立年月日
1984
従業員数
57,000 人
上場年月日
1994-02-14
上場市場
香港証券取引所,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),スイス証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ハンブルグ証券取引所,フランクフルト証券取引所(ADR),ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
149Picks
「世界初の5G対応PC」の実力とは? クアルコムが抱く新しいPCの存在価値:COMPUTEX 2019
Business Insider Japan
|
・クアルコムとレノボは、世界初の5G対応PCを発表した ・性能は現行のインテル製の省電力プロセッサーと同程度と説明 ・2019年内には製品版がリリースされる見込みだが、価格や端末の種類に懸念がある 高速、低遅延、多接続が特徴の次世代通信規格「5G」。すでにアメリカや韓国での運用がはじまっており、日...
360Picks
レノボ、折りたたみ画面の13インチ「ThinkPad」を披露
CNET Japan
|
レノボが「ThinkPad X1」シリーズに加わる折りたたみ式デバイスのプロトタイプのデモを短時間披露した。
88Picks
世界初の5G PC発表。クアルコムとLenovoが提携
ギズモード・ジャパン
|
Photo:西谷茂リチャード台湾COMPUTEXの会場付近に掲示されたQualcommの広告新しい時代の幕開けか。ついにきました、5Gコンピューター。SIMカードを差し込んで4Gモバイル通信が行なえるノートPCがありますが、あれの5G版です。Lenovo(レノボ)は、5月28日から中国・台北で開催のイベントCOMPUTEXTAIPEI2019に先駆け、5G対応のPCを発表しました。昨年12月に公開
511Picks
富士通「レノボ」とパソコン事業統合へ 年度末めど
NHKニュース
|
大手電機メーカー「富士通」は、パソコン事業を中国のパソコンメーカー「レノボ・グループ」と来年3月末をめどに統合する方向で最終調整を
503Picks
Google、Apple、Facebook、Amazonの買収戦略から見える現在と未来
SmaList
|
最近、米アマゾン、ゲーム実況配信のトゥイッチを9.7億ドルで買収というニュースがネットを賑わせていました。盛り上がりを見せたのは、7月にTwitchはGoogleが買収するという情報があったためです。また、ゲーム配信サービスを手に入れたことでついにAmazonがゲーム市場に参入するのかという推測もされています。 このニュースを見ていてふと「あれ、9.7億ドルでの買収って高いんだっけ?」という疑問がよぎりました。海外では企業による買収が盛んに行われていますが、最近の買収の傾向やIT業界の進もうとしている方向についてあまり分からなかったので、今回はIT企業の代表格であるGoogle、Apple、Facebook、Amazonが過去に買収した企業とその買収額、そしてその傾向について調べ、今後の予想を考えました。 ■目次 巨人IT企業たちの買収からその先を考える  1.IT企業4社の過去6年の買収企業一覧  2. Googleによる買収  3. Appleによる買収  4. Facebookによる買収  5. Amazonによる買収  1. IT企業4社の過去6年の買収企業一覧 各企業ごとの買収戦略に関する考察は後述するとして、まずはIT企業4社の過去6年間の買収企業を、公表されている買収額順に一覧化しました。トップから順に並べてはいますが、その額にはかなりの差があります。 (wikipediaとCrunchBaseを参考に筆者作成) 基本的には2011~2014年の間で高額な買収が行われています。この4社の中で買収額の大きさで言えば、世界時価総額ランキング(2014年8月末時点)1位のAppleや3位のGoogleを差し置いて、WhatsAppを190億ドル(1兆9000億円)で買収したFacebookが頭一つ抜きん出ていますね。続いて125億(1兆2500億円)ドルでMotorolaを買収したGoogleが続きます。その後、100億ドルを超える買収は行われませんでした。 それでは、それぞれの企業が近年どのような買収をしているかを見ていきましょう。  2. Googleの買収企業 まずは、ハードウェア系を主として圧倒的買収企業数を誇るGoogleからです。 ▼事業ジャンルごとの買収企業数(Google)(wikipediaを参考に筆者作成) まず、Googleは他の3社と比べて、買収した企業数が圧倒的に多いことがあげられます。Googleは自社内のリソースに満足せず、積極的に買収を行っています。その数は2012年、2013年には少し落ち込んだものの、2011年と2014年には25社以上にのぼっています。 上のグラフを見ると、ここ2年の傾向としてハードウェア周りを強化していることが分かります。これは、Googleの秘密施設にて次世代技術の研究を行うGoogle Xプロジェクトのためでしょう。このプロジェクトでは、仮想空間でのテストが行われているとされる「自動運転車」や、ウェアラブルデバイスの呼称とともに世界を期待感で包んでいる「Google Glass」などの研究開発が行われています。 この期間に買収した中で、とりわけ買収額の大きかったのは以下の2社です。 Motorola Mobility : 125億ドル(http://www.motorola.co.jp/) 1位はダントツで、2011年に125億ドル(1兆2500億円)で買収したモバイルデバイスメーカーのMotorola Mobilityです。これは1998年創業のGoogle史上、最高額での買収になりました。これはAndroidのエコシステムを競合企業との特許紛争から保護することに主眼を置いた買収でした。そして2年と経たず、特許の多くは手元に置いたまま約30億ドル(3000億円)で中国PCメーカーのレノボに売却しています。この売却には先端技術開発部門(ATAP)は含まれていないので、この部門のメンバーは引き続きGoogleのもとで開発することになるのでしょう。 Nest : 32億ドル(https://nest.com/) 次に額が大きかったNestはスマートサーモスタット(温度調整デバイス)や煙と一酸化炭素の検知器を製造する企業で、2014年1月に32億ドル(3200億円)で買収されています。IoT(モノのインターネット)の時代がやってくると囁かれていたタイミングでの買収だったので、Googleが買収したというニュースは多くの人を興奮させました。その一方で、同じくスマートデバイスなどを開発していこうとしているAppleはなぜ買収しなかったのかという議論もあったようです。 今後の展開予想 今年買収を発表したデザイン会社のGeckoを手に入れたことから、現在取り組んでいるスマートデバイスのデザインを、現在のタイプから更にユーザーにとって親しみやすく、かつ使い勝手の良いものにしていくのでしょう。「Google Glass」に代表されるスマートデバイスは、まだまだ生活の一部として使用するには特異な形をしているため、きたるウェアラブルの波を制するためにも馴染みやすいデザインが重要になってきます。スマートカーやスマートウォッチなど、Appleとの競合関係は更に激化していくことが予想されます。 Google Xで開発しているプロジェクトは、前述の「Google Glass」「自動運転車」のほか、「ARヘッドマウントディスプレイ」「ドローン(小型無人飛行機)」「空中風力発電」「血糖値管理のコンタクトレンズ」「ネットワーク接続のため成層圏に飛ばす気球」「音声認識」「人工知能」などが公表されています。Googleの持つ技術・知能・資金を結集したプロジェクトに、否が応でも期待が高まりますね。  3. Appleの買収企業 次にソフトウェア・ソーシャル系の企業を買収しているAppleについてです。 ▼事業ジャンルごとの買収企業数(Apple)(wikipediaを参考に筆者作成) Googleと比較すると買収数は少な目です。ここ2年ではソフトウェア、ハードウェア、ソーシャル系の企業を多く買収しています。Tech Crunchによると、ソフトウェアでは本の内容解析サービスBookLampの買収により、AppleのiBookでも内容解析が可能になったり、Amazonのような本のサジェスト機能がついたりするかもしれないそうです。後述しますが、ハードではやはりBeats Electronicsの買収が大きいですね。 また、2013年にはソーシャル系の数字が高くなっています。地図系サービスを展開している企業を数社買収し、地図アプリ「Maps」の強化を図ろうとしていて、Googleの「Google Maps」とシェアを取り合っています。 さて、2011年~2014の間に買収された企業のうち、買収額でトップだったのは以下の企業です。 Beats Electronics : 32億ドル(http://jp.beatsbydre.com/home) 今年5月にAppleが高級ヘッドフォンブランドであるBeats Electronicsを32億ドル(3200億円)で買収すると発表したことは記憶に新しいと思います。iPodの成功によって大きく成長したAppleは「音楽は重要」だと位置づけていますが、もはや音楽ダウンロードサービス「iTunes」の売上は頭打ちで、また逆に近年存在感を増している「Sportify」などの音楽ストリーミングサービスの台頭に脅かされつつあるようです。今回AppleはBeats Electronicsを買収することで、同社の持つ音楽ストリーミングサービス「Beats Music」も手にすることになります。小さな買収を繰り返してきたAppleが32億ドルという巨額を投資したのは、成長の望めない音楽ダウンロードからストリーミングサービスへ舵を切るためだっとと言えますね。 Anobit : 3.9億ドル(http://www.technobuffalo.com/tag/anobit/) Anobitはイスラエルの半導体スタートアップで、2011年に3.9億ドルで買収されました。Anobitはフラッシュメモリー技術を得意としていますが、フラッシュメモリーはAppleにおいてもiPhoneやiPad、MacBookAirの記憶装置として使用されています。そしてこの技術によってデバイスの軽量化、薄型化に成功しています。Tech CrunchによればAppleがAnobitを買収したのは、前述したようにフラッシュメモリー技術がAppleにとって重要であること、そしてもう一つはAnobitの抱えるチップエンジニアを擁したいという目的のためだとしています。 今後の展開予想 2011年にCEOがスティーブ・ジョブズからティム・クックに代わり、Appleの戦略も変わってきました。「iPhone」「iPad」「Apple TV」「Mac」などのAppleデバイスとAppleのOSでのみ動作するアプリを今後も開発し、デバイス間の連携も強めていくでしょう。これこそAppleが自前主義と言われる所以です。 また、9月9日に発表されるiPhone6に搭載されるiOS8では、ヘルスケアアプリが新しく追加されるようです。健康管理系アプリは、ウェアラブルデバイスとの相性が非常に良く、例えばスマートウォッチで毎日の脈拍を図り記録し、その情報を元により良い生活のためのアドバイスをくれたりするでしょう。Appleは自社製品が人々の生活の中に自然に入り込んでいくようにし、Apple製品での囲い込みを進めるはずです。  4. Facebookの買収企業 そしてです。 ▼事業ジャンルごとの買収企業数(Facebook)(wikipediaを参考に筆者作成) Facebookは2012年に上場していますが、その前後での買収数が非常に増加していて、2009年以前はほとんど買収を行っていません。自社に必要な技術を見つけると、素早く買収するのがFacebookの買収スタイルの特徴と言えます。 上のグラフから、Facebookはここ数年でモバイル分野の企業を多く買収していることがわかります。Investor ...
22Picks
中国レノボ、1─3月期は利益が3倍以上に増加 予想上回る
Reuters
|
[香港 23日 ロイター] - 中国のパソコン(PC)メーカー、レノボ・グループ(聯想集団)<0992.HK>が発表した第4・四半期(1─3月)決算は、利益が3倍以上に増加した。コンピューターの販売好調が寄与した。
445Picks
“腕に巻けるスマホ”が発表…ディスプレイがぐにゃぐにゃ曲がる!
CYCLE やわらかスポーツ情報サイト
|
“腕に巻けるスマートフォン”「Lenovo CPlus」(レノボ)のプロトタイプが発表されて話題となっている。
377Picks
グーグルの3Dマッピング技術「Tango」への期待--「屋内の地図」から広がる可能性
CNET Japan
|
グーグルの「Tango」は、屋内の世界を地図にしようという取り組みだ。同社とレノボは、初のTango搭載スマートフォンを発表した。グーグルや同社パートナーの幹部が、この技術の可能性を語った。
246Picks
レノボCEOが驚く「NEC米沢」 最軽量PCの技術力
朝日新聞デジタル
|
世界最軽量のノートブックパソコン(PC)を開発したのは、山形県米沢市にあるNECパーソナルコンピュータの工場の技術者たちでした。この工場には、世界に先駆けてノートブックPCを完成させた実績もあります…
242Picks
MITが選ぶ、究極のクリスマスプレゼント13選(後編)
MIT Technology Review
|
8. レノボ:Phab 2 Proモバイルテクノロジーの超最新鋭製品が欲しい人には、レノボの超大型アンドロイド携帯が間違い無い選択だ。Phab 2 Proはグーグルの拡張現実プラットフォームであ...
13Picks
レノボ幹部が語る、サーバー企業からデータセンター企業への“変革”
ZDNet Japan
|
従量課金型のハードウェアサービスを開始したLenovo データセンターグループ責任者に、新サービスの狙いや同社の戦略などを聞いた。
154Picks
リープ・フロッグ現象の中国企業。「崩壊論」の裏番組インド
NewsPicks編集部
|
──「中国崩壊論」で抜け落ちている論点として、アリババ/アリペイやテンセントといったネット企業の成長が挙げられます。また、ファーウェイやレノボは、世界のほぼ全ての国と地域で事業を展開し、かつ存在...
153Picks
【プロピッカー】10月はレノボ社長の留目氏、サッカー永里優季氏など8人就任
NPコミュニティチーム
|
レノボ・ジャパン代表、NECパーソナルコンピュータ代表を務める留目真伸さん。総合商社、戦略コンサルティングファーム、外資系IT企業を経て2006年にレノボ・ジャパンに入社。NECとのPC事業統合...
152Picks
ブラックベリー株急伸、中国レノボの買収提案報道で
Reuters
|
[トロント 20日 ロイター] - 20日中盤の米株式市場で、カナダのスマートフォン(多機能携帯電話)メーカー、ブラックベリー<BB.TO><BBRY.O>の米市場上場株が7%超急伸している。
134Picks
PCで競争激化も、AR(拡張現実)でスマホのシェア拡大目指すレノボ
Bloomberg
|
レノボ・グループの四半期決算発表を受けて、香港市場における同社の株価は急落した。携帯電話とコンピュータの需要が失速したことにより、約6年ぶりの売上減少となったからだ。 同社の株は10%下落し、過...
100Picks
レノボの「折れ曲がるスマホ」10月発表の可能性? リストバンド風のスリムスタイル
Engadget 日本版
|
中国レノボが10月に「折れ曲がるスマートフォン」を発表する可能性が浮上しています。現時点で明らかになっている情報は多くありませんが、実際に動作する端末の動画も登場しているようです。 とあるWeiboユーザーが投稿した動画では、細身かつ中央からグキッと折れ曲がるスマートフォンが確認できます。スマートフォンは折れ曲がった状態でも動作を続けており、またディスプレイ表示にも問題は見受けられません。そ...
89Picks
レノボへのIBMサーバー事業売却に承認
WSJ.com: Japan Technology
|
米IBMは15日、低価格サーバー事業を中国の聯想集団(レノボグループ)に売却する計画を、政府の対米外国投資委員会(CFIUS)が承認したと発表した。
78Picks
レノボはタブレットジョイント型、ソニーはタッチレス操作、自然言語対応スピーカーに求められる要件とは ーIFA2017レポート
IoTニュース:IoT NEWS
|
ドイツ、ベルリンで開かれている関電ショーIFAのレポート第二弾は、Amazon Echoに端を発する、「自然言語処理をするスマートスピーカー」についてだ。 今回の展示では、そこここに対応製品が並ぶこととなり、Amazon EchoのベースAIとなるAmazon Alexa対応をしているモノ、Google
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ