新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD0AL5EYHF7K5SB

JX金属株式会社

JX金属株式会社(ジェイエックスきんぞく、英文社名 JX Nippon Mining & Metals Corporation)は、銅を中心とする非鉄金属製品の製造・販売などを手がけるJXTGホールディングスの中核事業会社である。略称は、NMM。 ウィキペディア
東京都千代田区大手町一丁目1番2号
詳細を見る
概要
ジャパンエナジー(現・JXTGエネルギー)と共に、日立製作所や日産自動車をはじめとする日産コンツェルンの源流であった。日立銅山に端を発する(日立製作所もその銅線事業から始まっている)同グループにとって、創立以来の中核事業であった非鉄金属事業部門を継承している。日立金属安来工場に次ぐ合金設計の歴史を持っている。

事業は資源開発・金属製錬・電材化工・環境リサイクルの4つに大別される。資源開発では鉱山権益の拡大など非鉄金属資源の開発を手掛ける。金属製錬では、子会社のパンパシフィック・カッパー株式会社 (PPC) がPPC佐賀関製錬所で銅製錬などを行っている。またパンパシフィック・カッパーは非鉄金属の販売も行う。電材化工では電子機器に使用される銅箔や化合物半導体などの製造、精密圧延などの精密加工を手掛ける。環境リサイクルではリサイクル原料や産業廃棄物からの有価金属の回収を行っている。
代表者
代表取締役社長 村山誠一
設立年月日
2002-09-27
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
25Picks
車載用リチウムイオン電池のリサイクル体制構築へ、非鉄メーカー各社の戦略とは?
ニュースイッチ
|
非鉄メーカー各社は、車載用リチウムイオン電池(LIB)のリサイクル体制を構築する。DOWAホールディングス(HD)はリサイクル前工程受け入れ能力を6倍に拡大し、JX金属は新会社を設立し、処理能力増大の実証プラントを稼働する。2025年以降は電気自動車(EV)を含む次世代車が年50万台以上廃車になると予想される。使用済みLIB増加に備え、各社は処理能力増強や技術開発を進める。(村上授) DOW...
236Picks
“EV大量廃車時代”を見据える非鉄金属大手の備え
ニュースイッチ
|
非鉄金属大手各社が電気自動車(EV)などで使用済みとなったリチウムイオン二次電池(LIB)から有用金属を回収し、再資源化する取り組みを加速している。JX金属や三菱マテリアルは、2019年度に再資源化の実証事業の規模や内容を拡大する。住友金属鉱山はすでに事業化している銅やニッケルの回収に続き、コバルトの試験回収に乗り出す。将来の「EV大量廃車時代」を見据え、LIB再資源化の備えを怠りなく進める...
42Picks
「営業利益を20年代に現在の倍以上にする」電子材料事業にAI・IoTの追い風
ニュースイッチ
|
非鉄金属各社の電子材料関連事業が好調だ。背景にあるのはIoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)、自動車の電動化などの技術の普及だ。銅製品や電池材料などの生産能力増強を各社が推進。将来有望な材料技術を持つ他社との資本提携や、M&A(合併・買収)を通じた事業強化に取り組む動きも増えている。 非鉄大手が発表した2018年4―6月期連結決算のうち、電子材料関連部門ではJX金属や住友金属鉱山の...
25Picks
新年の挨拶が変わった?電機も機械も…企業トップがSDGs言及
ニュースイッチ
|
アドバンテスト・吉田芳明社長 半導体の重要性が大きくなり、事業を拡大すると社会課題の解決に一層貢献できる。持続可能な開発目標(SDGs)が目指す方向と同じだ。当社の戦略にSDGsを組み込んでいきたい。JX金属・大井滋社長 SDGs(持続可能な開発目標)の達成に必要不可欠なIoT・人工知能(モノのインターネット・AI)の分野では、高機能・多機能素材が使われる。当社グループにとり飛躍のチャンスだ...
22Picks
【EMS/ODM】 アップル、圧延銅箔の確保へJX金属と新日鉄住金に人員派遣か 台湾紙報道
www.emsodm.com
|
米アップル(Apple)が、供給不足にあるフレキシブルプリント配線板(FPC)用の圧延銅箔をスマートフォンの2017年旗艦モデル「iPhone 8」用に確保するため、関連工場に人員を張り付かせているとの観測が台湾の市場や業界に浮上している模様だ。
15Picks
温泉の未利用熱で100kW級の発電、静岡県にバイナリー発電所
スマートジャパン
|
IHIプラント建設は、JX金属が建設した下田温泉バイナリー発電所向けに、100kW(キロワット)級バイナリー発電装置「HEAT INNOVATOR」の引渡しを完了した。同装置は、熱源温度によって2機種のラインアップをそろえ熱源に適した機種選定が可能だ。
13Picks
自動運転で「ニッポンの素材力」がさらに生きてくる
ニュースイッチ
|
自動車業界に変革をもたらす自動運転。その普及は、自動車用素材を供給する鉄鋼・非鉄金属業界でも日本の技術力を生かせるステージを広げる。例えば、人や障害物を検知し、衝突防止につなげるミリ波レーダー
10Picks
「世界の日立」を生んだ街、駅が人気スポットに
東洋経済オンライン
|
日本を代表する総合電機メーカーの日立製作所は、茨城県日立村(現・日立市)で産声をあげた。日立製作所は日立鉱山(現・JX金属)で使用する機械を修理・メンテナンスする一部門として1910年に発足。そのため、こ…
7Picks
JX金属が戦略投資を加速、「先端素材で差別化」の狙い
ニュースイッチ
|
JX金属はデータ社会の到来により拡大する先端素材の需要拡大に対応し、提携戦略(アライアンス)を加速させる。7月に策定した2020―22年度中期経営計画の切り札となるのが、成長戦略のコアに位置付けた「フォーカス事業」だ。技術による差別化をキーワードに、革新的な電子デバイスに不可欠な先端素材に力を注ぐ。村山誠一社長に今後のアライアンスについて聞いた。(山下絵梨) ―戦略投資の拡充を盛り込んだ中期...
6Picks
JX金属 車載LiB正極材リサイクル稼働
鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」
|
JX金属は7日、車載用リチウムイオン電池(LiB)の正極材を再び電池材料としてリサイクルするための試験装置が日立事業所(茨城県)で稼働を始めたと発表した。使用済みLiBの正極材に含まれるリチウムとコバルト、ニッケルを電池材に使用できる高品位で回収する。将来的な車載用LiBの発生増を見据え、電池から電池に再生する「クローズド・リサイクル」の量産技術確立を目指す。
6Picks
高機能箔製品の需要拡大に向け、新型仕上げ圧延機と脱脂設備を導入
MONOist
|
JX金属は、倉見工場に新型の仕上げ圧延機と脱脂設備を導入する。同工場で主に生産している高機能箔製品の需要拡大に向けて生産能力を増強し、同製品のさらなる安定供給を図る。
6Picks
JX金属のチリ銅鉱山、生産量35%減の4.5万トン 4―9月期見通し
日刊工業新聞電子版
|
JX金属は2017年4―9月期のチリ・カセロネス銅鉱山の銅精鉱生産量(銅量)が計画比約35%減の4万5000トン弱にとどまるとの見通しを明らかにした。5月中旬の大雪と強風による停電...
5Picks
三井金、カセロネス銅鉱山の権益をJX金属に譲渡 特損200億円
Reuters
|
[東京 9日 ロイター] - 三井金属は9日、チリのカセロネス銅鉱山の権益(25.87%)を2020年度末をめどにJX金属に譲渡することで基本合意したと発表した。
5Picks
車載狙うリチウム電池部材・キーパーソンに聞く(6)JX金属執行役員・小塚裕二氏
www.nikkan.co.jp
|
日刊工業新聞の電子版。日刊工業新聞が紙面で提供している、およそ250件の記事を毎日閲覧することができます。機械、技術、情報通信、エネルギー、産業などの専門情報をご提供します。
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ