新着Pick
SPD093CA9PJMT3Z6

スズキ 株式会社

スズキ株式会社(英語: SUZUKI MOTOR CORPORATION)は、日本の四輪車及び二輪車のメーカーである。 ウィキペディア
静岡県浜松市南区高塚町300
053-440-2061
詳細を見る
概要
大工から身を起こした鈴木道雄により、1909年に織機メーカー「鈴木式織機製作所」として創業。当初の木製織機からのちには金属製自動織機の生産へ移行し、企業規模を拡大すると共に、精密機械の加工ノウハウを蓄積した。
しかし、近代化された力織機はいったん織物工場に納入されると長年月の稼働が可能な耐久商品で代替需要が小さく、将来の販路飽和が予見されたことから、機械技術を活かした多角化策として、早くから自動車産業への進出検討を始めていた。

創業者の鈴木道雄は120以上の特許ー実用新案を取得した発明者でもあった。その名前がそのまま社名になった。ロゴの制定は1958年で、美術系の大学生に呼びかけて候補を募った。300余点の候補のなかから手銭正道のデザインが選ばれた。

戦前から自動車開発の企図を持ち、オースチン・セブンのコピー車製作などを試みていたものの、本格的な参入は1950年代初頭の自転車補助エンジンブームを機にオートバイ開発に乗り出した1952年からである。更に1955年には四輪軽自動車分野にも進出し、以後、小型オートバイと軽自動車分野をメインに、日本の小型自動車業界での地歩を築いた。

四輪車は軽自動車や小型車などを主力としている。軽自動車の分野では、1973年から2006年までの34年間にわたり販売台数日本一を誇り、マツダや日産自動車、三菱自動車工業へのOEM供給も行っている。社団法人全国軽自動車協会連合会の発表した2006年度(2006年4月 - 2007年3月)軽四輪車新車販売台数速報によれば、長年競い合ってきたダイハツ工業に1位の座を譲った(ダイハツ61万6206台、スズキ60万5486台)、なお同社は2006年にスイフトやSX4などの小型車の強化を表明しており、生産能力確保の為には軽No.1にはこだわらず、軽生産の縮小も辞さないという姿勢を打ち出している、しかし、2014年は同年1月に発売を開始したクロスオーバーSUV型のハスラーが発売初年で10万4233台とヒット車種となったことで軽乗用車販売台数の大幅アップ(2013年比15.9%増)に貢献し、同協会による2014年の軽四輪車新車販売速報ではダイハツ工業(70万6288台)を2795台上回る70万9083台となり、8年ぶりに軽自動車年間販売台数No.1の座を奪還した。
2014年度における四輪車の販売台数は国内では第3位で、世界では第10位。特にインド市場で強みを発揮しており、インドにおける自動車シェアの(年間販売シェアのうち)54%はスズキが占めている。2002年にインド政府との合弁会社マルチ・ウドヨグをマルチ・スズキ・インディアとして子会社化し、連結経常利益の4割を占めている。

東京商工リサーチ浜松支店が2016年5月18日に発表したところによると、日本国内の仕入れ先は5372社で、そのうち一次仕入れ先は1154社、二次仕入れ先は4218社であり、一次仕入れ先の約半数である506社が静岡県内の企業で、数としては一位を占めている。またそれとは別に、一次仕入れ先の過半数は資本金5000万円未満の企業である。

メーカー出資の子会社ディーラーは「スズキ自販○○」(○○には都道府県名が入る。例:スズキ自販東京)という社名になっているケースがほとんどである。

自動車以外ではモーターサイクル、モーターボート(スズキマリン)、船外機、発電機、リース/クレジット事業(スズキファイナンス)、住宅(スズキハウス)、マジャール・スズキからの縁によるハンガリー産ワイン・はちみつ、保険の販売やカー用品事業(オートリメッサ)、ガソリンスタンド、ゴルフ場の経営なども手がける(これらのほとんどは関連会社のスズキビジネスが担当)。

取引銀行は、三菱UFJ銀行、静岡銀行、りそな銀行である。

またTOPIX Large70の構成銘柄の1つでもある。

2014年3月現在の本社所在地である静岡県浜松市南区高塚町300番地は、1991年5月1日の自治体合併前まで浜名郡可美村であったが、各種広報では「浜松市外高塚」と記していた時期も有った。

現在の大手自動車メーカーでは珍しく、起業から現在に至るまで創業家一族が、経営の中枢を担う役職で世襲制を引いている。

スズキ株式会社は2020年に創立100周年を迎える国内自動車メーカーの中でも歴史の長い名門企業である。
代表者
代表取締役社長 鈴木俊宏
設立年月日
1920-03
従業員数
67,721 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
40 歳
平均年収
6,814,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
14Picks
トヨタ陣営拡大の余波、マツダやスバルのサプライヤーに訪れる試練
ニュースイッチ
|
マツダにSUBARU(スバル)、スズキと、業務資本提携の輪を広げてきたトヨタ自動車。提携相手の3社はそれぞれ広島県、群馬県、静岡県に広範な取引先基盤を抱える。今後、完成車メーカー同士の関係がより強くなれば、トヨタ系の強力なサプライヤーに、3社の地元取引先が飲み込まれる日が来ないとも限らない。「CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)」の大波よりも、衝撃度は大きいかもしれない。...
17Picks
スバルも飲み込み身動きが取れなくなっていくトヨタ EV時代にすべてを丸抱えしてどうするのか
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
トヨタは最後の駆け込み寺として、マツダやスズキ、スバルといった完成車メーカーを飲み込み、傘下の巨大部品メーカーも丸抱えしているように見える。
19Picks
スズキ・トヨタの資本提携にみる軽自動車の未来
月刊誌「Wedge」のウェブ版
|
スズキはトヨタ自動車と資本提携する。1930年生まれの鈴木修スズキ会長が下した、場合によっては最後となる大きな決断だ。鈴木修会長流の「大に呑み込まれない」提携戦略を目指すが、これまで米GMとは長期的に良好な関係を築けた一方、独VWとはすぐに破局した過去がある。3度目の”嫁入り”となる今回は、果たして”吉”と出るのか、”凶”と出るのか。
10Picks
プレミアムインタビュー ~ここだけの話~スズキ 鈴木会長×豊田社長 第1章 (聞き手 小谷真生子)
YouTube
|
スズキの鈴木会長と豊田社長。7月のある日、創業家のトップ2人が対談を行った。若かりしのエピソードから後継者の条件まで。100年に一度の大変革の時代。2人が語った「ここだけの話」とは...。本音の会話を全3話でお届けします。 02:44~ 創業家の2人「若かりし日を語る」 06:09~ 30歳で工場建設 「逆風を一...
19Picks
「トヨタの後追いばかり」 “独身主義”ホンダの四輪事業が不振な理由
文春オンライン
|
トヨタ自動車とスズキは8月28日、資本提携すると発表した。両社の提携で、日本の自動車産業は、トヨタ連合、日産自動車・三菱自動車連合、ホンダの3陣営に集約される。今年7月、独フォルクスワーゲンと米フォー…
522Picks
【3分解説】トヨタ・スズキが資本提携に込めた「狙い」
NewsPicks編集部
|
2016年の業務提携発表から3年越しに「次の一歩」を踏み出し、トヨタとスズキが資本提携を発表した。それぞれの狙いやメリットは何か。NewsPicks編集部が両社の思惑を解説する。
851Picks
トヨタ自動車とスズキが資本提携へ
NHKニュース
|
トヨタ自動車とスズキは関係を一段と強化するため、互いに株式を持ち合う資本提携に踏み切ることが明らかになりました。ねらいは…
13Picks
トヨタ自動車・スズキ「国内取引先状況」調査
東京商工リサーチ
|
8月28日、トヨタ自動車(株)(TSR企業コード:400086778、法人番号:1180301018771、愛知県豊田市、東証1部、以下、トヨタ)と、スズキ(株)(TSR企業コード:450214354、法人番号:8080401002431、浜松市南区、東証1部)は資本提携の合意書締結を発表した。  両社は2016年10月12日、業務提携に向けた検討を開始。2019年3月20日にトヨタが持つ電...
10Picks
スズキのカリスマ、鈴木修会長がトヨタと資本提携に踏み切った決意 - モビリティ羅針盤~クルマ業界を俯瞰せよ 佃義夫
Diamond Online
|
トヨタ自動車とスズキは8月28日、資本提携に関する合意書を締結したと発表した。両社は、長期的な提携関係の構築・推進のために相互に株式を取得することになり、トヨタは960億円(4.94%) をスズキに出資し、スズキは480億円(0.2%)を出資して相互に株式を持ち合うことになる。
100Picks
「(4.94%は)必要な心地よい数字」トヨタとの資本提携で鈴木会長が漏らした真意
ニュースイッチ
|
「(自動車業界に)大波が押し寄せてくる中、共同でグループ化していく必要性がある」。スズキの鈴木修会長が日刊工業新聞社の取材に応じ、28日に発表したトヨタ自動車との資本提携についてこう語った。自律性を保ちつつ、トヨタとの関係を確固たるものとしたスズキ。期は熟したと見て下した決断は、来年卒寿を迎える鈴木会長が憂う「100年目以降のスズキ」が持続的に生き残るための確実な布石となるだろう。(取材・竹...
36Picks
トヨタとスズキ、資本提携を後押しした危機感の正体
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車とスズキが資本提携を決めた。協業関係をさらに発展させ、両社の関係をより強固にするのが狙いだ。小型車やインド市場の攻略などを含め、より全方位で技術や市場をカバーしたいトヨタと、ハイブリッド車(HV)などの環境技術や自動運転といった次世代技術の開発力を求めるスズキ。競争が激化する自動車市場に対する両社の危機感が、一層の関係深化を後押しした。(取材・長塚崇寛、政年佐貴恵)仲間づくり加速...
11Picks
トヨタとスズキ 資本提携の構図
ITmedia ビジネスオンライン
|
トヨタ自動車とスズキは資本提携を発表した。その背景として大きいのがインド。スズキのインド戦略を振り返るとともに、提携による効果はどこにあるのかを探る。そして、トヨタとスズキとの提携の本丸は、インドでの工場共同設立にあるのではないか。
15Picks
スズキの悲劇、“不正の元凶”89歳・鈴木修会長を切れず…トヨタG入りも破談の危機
ビジネスジャーナル
|
スズキは2020年、創立100周年を迎える。記念行事の予定はないが、社内外から「鈴木修会長の引退こそが最大のセレモニー」との声が出ている。鈴木会長の長期政権は綻びが随所に出始めた。5月10日の決算発表で、記者の質問と噛み合わないやりとりもみられ、その情報は自動車担当記者の間に一気...
40Picks
スズキ、4―6月期営業益は46%減 インド四輪販売落ち込み
Reuters
|
[東京 5日 ロイター] - スズキ<7269.T>が5日発表した2019年4―6月期連結決算では、営業利益が46.2%減だった。主力市場のインドで四輪販売が2割ほど落ち込んだほか、為替影響や諸経費増加などが響いた。
13Picks
スズキ「4代目ジムニー」、発売1年後の通信簿
東洋経済オンライン
|
昨年7月に、20年ぶりのフルモデルチェンジを果たしたスズキの軽4輪(4WD)駆動車「ジムニー」が、発売から1年が経過した。一般社団法人の全国軽自動車協会連合会(全軽自協)による5月の通称名別新車販売速報の乗…
44Picks
スズキ、再任賛成率が急落 株主総会、不正影響か
共同通信
|
スズキが6月に浜松市で開いた株主総会で、鈴木修会長の取締役再任への賛成率が、65.85%にとどまっていたことが1日、分かった。
36Picks
ソフトバンクとトヨタ合弁のオンデマンドバス事業に5社の自動車メーカーが参加
TechCrunch Japan
|
ソフトバンクとトヨタの合弁事業MONET Technologiesは、最終目標としては自動運転のモジュール構造バスによるオンデマンドの交通サービスを提供する。同社にこのほど、5社の新たなパートナーが加わった。 5社はいずれも日本の自動車メーカーで、いすゞ、スズキ、スバル、ダイハツ、そしてマツダがそれぞれこのベンチャー企業に2%の投資を行う。ソフトバンクとトヨタはそれぞれ、35%を保有している...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ