新着Pick
SPD06POT9V4YYAIJ

パナソニック 株式会社

パナソニック株式会社(英語: Panasonic Corporation)は、大阪府門真市に拠点を置く電機メーカー。白物家電などのエレクトロニクス分野をはじめ、住宅分野や車載分野などを手がける。国内電機業界では日立製作所、ソニーに次いで3位。 ウィキペディア
大阪府門真市大字門真1006番地
06-6908-1121
詳細を見る
概要
登記上の本店は大阪府門真市だが、本社事務所は門真市の隣の大阪府守口市(国道1号、京阪国道・谷町線沿い)に所在する。

34の事業部からなる。社内カンパニー制を採用しており、アプライアンス社・エコソリューションズ社・コネクティッドソリューションズ社・オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社の4カンパニーで構成されている。連結対象会社数は495社。関連会社も含め、家電製品の他にも産業機器・通信機器・住宅設備・環境関連機器などの電気機器を中心に多角的な事業を展開している。

以前はコンシューマー向け製品・サービスに特に力を入れていたが、2013年から企業向け製品・サービス(BtoB)の比率を上げる方向へと舵を切った。現在では売り上げ全体に占める家電の割合は24%である。松下電工の合併および三洋電機を連結対象に収めた現在は、車載設備・住宅設備・エネルギーマネジメント機器などを核とした成長戦略を加速させている。様々な分野や製品で国内外企業と競合しつつも、ソニー・東芝・日立製作所・オリンパス・富士フイルムなどと提携・合弁・事業移管も行っている場合もある。

グローバル展開もしており、数々の業界(アビオニクス、カーナビなどのIVIシステム、車載用リチウムイオン電池、換気扇、コードレス電話、業務用冷蔵庫)で世界シェア1位を誇る。この内、アビオニクスは世界シェア8割と寡占状態が進んでいる。国内では唯一の総合家電メーカー(全部門網羅)となったため、家電業界の多くの部門でトップシェアを有し、家電以外の業界(電池、住宅用太陽光発電、照明器具、電設資材、ホームエレベーター、電動アシスト自転車など)でも国内シェア1位に輝いている。

知財活動に秀でており、パテント・リザルト社の「特許資産規模ランキング」で2017年度は2位を獲得している。
代表者
代表取締役社長 津賀一宏
設立年月日
1935-12-15
従業員数
271,678 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
45 歳
平均年収
7,745,000 円
上場市場
東証1部,名証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),ウィーン証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
23Picks
テスラ向け電池で「中国生産の計画ない」=パナソニック社長
Reuters
|
パナソニックの津賀一宏社長は22日、米テスラが中国で生産する電気自動車(EV)向けの電池について「中国に生産拠点を構える計画は現時点でない」と述べた。その上で「...
5Picks
パナソニック社長、テスラ向け電池は「中国生産の計画ない」
Bloomberg.com
|
パナソニックの津賀一宏社長兼最高経営責任者(CEO)は22日の記者会見やIR説明会で、協業先の米電気自動車(EV)メーカー、テスラ向け電池事業に関連して、中国に新たな生産拠点を設ける計画はないことを明らかにした。
5Picks
パナソニック、固定費1000億円削減を計画 21年度に向け
Reuters
|
パナソニックの津賀一宏社長は22日、都内で会見し、2021年度に向けて固定費を1000億円削減すると述べた。人件費の削減や拠点の集約による効率化などを進める。
8Picks
パナソニック、トヨタとの電池合弁で承認取得 20年春開始を計画
Reuters
|
[東京 22日 ロイター] - パナソニック<6752.T>は22日、トヨタ自動車<7203.T>との車載用電池の合弁会社の設立に向けて競争法の承認を取得し、2020年春の事業開始を目指して準備を進めていると明らかにした。合弁会社の設立方針は1月に発表していた。
3Picks
中国需要、1─3月あたりから回復する可能性=パナソニック社長
Reuters
|
[東京 22日 ロイター] - パナソニック<6752.T>の津賀一宏社長は22日、都内で会見し、中国での需要が「第4四半期(20年1─3月期)ぐらいから、少し回復してくるのではないか」と述べた。
4Picks
パナソニック、液晶パネル撤退=21年めど、価格競争厳しく―姫路工場500人配転
時事通信社
|
 パナソニックは21日、2021年をめどに液晶パネルの生産から撤退すると発表した。世界的に厳しい価格競争が続いており、事業の継続は困難と判断した。グループ会社のパナソニック液晶ディスプレイ(兵庫...
2Picks
日本メーカー、生き残り厳しく=韓国勢台頭で競争激化―パナソニック撤退
時事通信社
|
 パナソニックが2021年をめどに液晶パネル生産から撤退することを決めた。テレビ向けは既に16年に中止。自動車機器や産業製品向けに活路を求めたが、厳しい競争に打ち勝てず、赤字が続いていた。韓国メ...
2Picks
中国需要、1─3月あたりから回復する可能性=パナソニック社長 - ロイター
BLOGOS - 最新記事
|
[東京 22日 ロイター] - パナソニック<6752.T>の津賀一宏社長は22日、都内で会見し、中国での需要が「第4四半期(20年1─3月期)ぐらいから、少し回復してくるのではないか」と述べた。津賀社長は、事業への影響要素として「中国の投資・消費や自動車関係の消費の落ち込みなど、構造的な要素があり、この影響が一番大きい」と述べた一方で、優良な顧客と取引している限り「それほど大きな懸念...
2Picks
「構造赤字」21年度までに撲滅=拠点集約や人件費削減―パナソニック
時事通信社
|
 パナソニックの津賀一宏社長は22日、東京都内の記者会見で、「2021年度までに構造的赤字を撲滅する」と述べ、黒字転換の見込めない事業を抜本的に見直す考えを示した。拠点集約や人件費の削減などを進...
236Picks
パナ、液晶パネル生産から撤退 21年めど、競争激化で
共同通信
|
パナソニックは21日、液晶パネル生産事業から2021年をめどに撤退すると発表した。
1Pick
パナソニック「液晶パネル」撤退、ニッポン電機はこのまま落日するのか
ニュースイッチ Newswitch
|
こちらは、パナソニック「液晶パネル」撤退、ニッポン電機はこのまま落日するのかのページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。
1Pick
パナソニック「液晶パネル」撤退、ニッポン電機はこのまま落日するのか
ニュースイッチ
|
パナソニックは21日、液晶パネル事業から撤退すると発表した。2021年をめどに姫路工場(兵庫県姫路市)での生産を終了する。液晶パネル事業は価格競争の激化で、16年に主力だったテレビ向けの生産を終了し、車載・産業向けで活路を見いだそうとしていた。ただ、中国メーカーの台頭により市場競争は激化し、目標だった19年度中の黒字化も達成できない見込みで、撤退を決断した。  液晶パネルを手がける子会社のパ...
1Pick
パナソニック社長、令和3年度までに赤字事業撲滅方針
産経ニュース
|
パナソニックの津賀一宏社長は22日午前、東京都内で記者会見を開き、令和3年度までに構造的な赤字事業をなくすとともに、営業利益率が5%に満たない低収益事業の方向性を決める方針を明らかにした。空間設計や工場の省人化といった高収益事業に経営資源を集中し、家電などのモノを売るビジネスモデルからサービスを軸としたビジネスモデルへの転換に向けた構造改革を加速する。
2Picks
パナソニック、液晶パネルの生産終了を発表
EE Times Japan
|
パナソニックは2019年11月21日、液晶パネルの生産を2021年をめどに終了すると発表した。
3Picks
パナソニックが液晶パネル生産を終了、中小型に注力するも市場環境の激化で
MONOist
|
パナソニックは2019年11月21日、2021年をめどに液晶パネルの生産を終了すると発表した。市場環境の激化により事業継続は困難であると判断した。
1Pick
パナソニック、液晶パネルの生産終了(Impress Watch)
Yahoo!ニュース
|
パナソニックは21日、液晶パネルの生産活動を終了すると発表した。「競争激化と事業環境の変化に対応し、向き合う市場の転換や新製品の投入等を含む様々な施策を講じてきたが、事業の継続は困難であると判断した - Yahoo!ニュース(Impress Watch)
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ