新着Pick
SPD06POT9V4YYAIJ

パナソニック 株式会社

パナソニック株式会社(英語: Panasonic Corporation)は、大阪府門真市に拠点を置く電機メーカー。白物家電などのエレクトロニクス分野をはじめ、住宅分野や車載分野などを手がける。国内電機業界では日立製作所、ソニーに次いで3位。 ウィキペディア
大阪府門真市大字門真1006番地
06-6908-1121
詳細を見る
概要
登記上の本店は大阪府門真市だが、本社事務所は門真市の隣の大阪府守口市(国道1号、京阪国道・谷町線沿い)に所在する。

34の事業部からなる。社内カンパニー制を採用しており、アプライアンス社・エコソリューションズ社・コネクティッドソリューションズ社・オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社の4カンパニーで構成されている。連結対象会社数は495社。関連会社も含め、家電製品の他にも産業機器・通信機器・住宅設備・環境関連機器などの電気機器を中心に多角的な事業を展開している。

以前はコンシューマー向け製品・サービスに特に力を入れていたが、2013年から企業向け製品・サービス(BtoB)の比率を上げる方向へと舵を切った。現在では売り上げ全体に占める家電の割合は24%である。松下電工の合併および三洋電機を連結対象に収めた現在は、車載設備・住宅設備・エネルギーマネジメント機器などを核とした成長戦略を加速させている。様々な分野や製品で国内外企業と競合しつつも、ソニー・東芝・日立製作所・オリンパス・富士フイルムなどと提携・合弁・事業移管も行っている場合もある。

グローバル展開もしており、数々の業界(アビオニクス、カーナビなどのIVIシステム、車載用リチウムイオン電池、換気扇、コードレス電話、業務用冷蔵庫)で世界シェア1位を誇る。この内、アビオニクスは世界シェア8割と寡占状態が進んでいる。国内では唯一の総合家電メーカー(全部門網羅)となったため、家電業界の多くの部門でトップシェアを有し、家電以外の業界(電池、住宅用太陽光発電、照明器具、電設資材、ホームエレベーター、電動アシスト自転車など)でも国内シェア1位に輝いている。

知財活動に秀でており、パテント・リザルト社の「特許資産規模ランキング」で2017年度は2位を獲得している。
代表者
代表取締役社長 津賀 一宏
設立年月日
1935-12-15
従業員数
273,775 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
45 歳
平均年収
7,745,000 円
上場市場
東証1部,名証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),ウィーン証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
68Picks
トヨタ、テスラと同型のパナソニック製電池を中国向けPHVで採用=関係筋
Reuters
|
トヨタ自動車<7203.T>は中国で販売するプラグインハイブリッド車(PHV)の一部で、パナソニック<6752.T>が米のテスラ向けに設計したものと同型の電池を...
18Picks
パナソニック執行役員数1/4へ、さらに続く「上層部人事大激震」の中身 - Close-Up Enterprise
Diamond Online
|
8月30日、パナソニックが役員人事の体制変更を発表した。10月からは、個別事業の変革を担ってきた執行役員を新たに「事業執行層」とすることで、執行役員の数を4分の1に減らす。だが、今回の人事はまだまだ序の口。津賀一宏社長は「次の一手」を考えているに違いない。
83Picks
パナソニック「違いがわかる焙煎プロ」養成へ ネットでコーヒー講座
産経ニュース
|
パナソニックが、カフェで働く人らを対象に、コーヒーの焙煎(ばいせん)に関する知識や技術をインターネット上で学べる「eラーニング」講座を始めることが7日、分かった。同社の焙煎機を使い、豆の産地や焙煎の度合いによる味の違いを実践形式で学ぶことができる。コーヒー業界では、豆の品質や焙煎にこだわる「サードウエーブ(第3の波)」と呼ばれるカフェが増えており、同社は講座を通じてこうした新しい需要を取り込...
36Picks
パナ、AV事業は他社との協業も 常務が明らかに、インドに注力
共同通信
|
パナ、AV事業は他社との協業も 【ベルリン共同】パナソニックで家電事業を統括する品田正弘常務執行役員(53)は6日、テレビや音響機器...
29Picks
パナソニックも再エネ100%利用へ、大企業の切り替えが止まらない
ニュースイッチ
|
パナソニックは2050年までに世界全拠点で使う電気全量を再生可能エネルギーに切り替える。先行して“再生エネ100%”を目指すソニーやリコーなどが、国や電力会社の制度を活用しながら再生エネの利用を増やしている。再生エネは不安定で高額と敬遠されがちだったが、大企業が先頭に立って利用を拡大することで普及や価格低下が促される。 「再生エネでのモノづくりを顧客から求められるようになった。要望に応えたい...
200Picks
パナ、電源コードでネット接続へ 数年内、家電に技術搭載
共同通信
|
パナ、電源コードでネット接続へ パナソニックは28日、電源コードをコンセントに差すだけでインターネットに接続できる技術を、数年内に冷...
25Picks
パナソニックからベンチャーに「レンタル移籍」!? 驚きの連続だった“他社留学”の現場 〈AERA〉
AERA dot. (アエラドット)
|
オフィスの一角の黒板風の壁には、白いチョークで会社の掲げるミッションが描かれている。「テクノロジーとアイデアで建設業をアップデートする」 総勢30人のベンチャー企業ローカルワークスには2018年10...
169Picks
パナソニックCNS・樋口泰行社長が社員に「怒りを感じる」瞬間とは
Forbes JAPAN
|
インタビュー中、社長の言葉にハッとした。「やはり組織を変えていくには、幹部の感受性、センシティビティーが高くないといけない。Tone at the top(トップが社員に見せる倫理的な姿勢や考え方)ですから。トップからトーンセッティング、カ・・・
16Picks
HD-PLC改めIoT PLCは住空間のCANを目指す、パナソニックが普及に本腰
MONOist
|
パナソニックが技術開発に注力している電力線通信(PLC)の事業展開について説明。これまでHD-PLC(高速電力線通信)として推進してきたが、2019年3月のIEEE 1901aとしての国際標準化を受けて、IEEEでの呼称である「IoT PLC」に改めた上で展開を拡大する方針だ。
75Picks
「きれいな空気」電車でPR パナソニックやシャープ導入競う
SankeiBiz
|
パナソニックやシャープが「ナノイー」や「プラズマクラスター」といったイオンで空気をきれいにする装置の電車への導入を競っている。鉄道会社を有力な納入先と見込むだけ…
24Picks
「パワーゲームでは中国、韓国、台湾に負ける」パナソニックが見つけた一筋の光
Forbes JAPAN
|
海外旅行や出張からの帰国時の疲れを増幅させる、空港の入国管理ゲートの行列が緩和された。今年、成田、羽田、関空など国内5空港にパナソニックの顔認証ゲートが導入された。「へえ、パナソニック!」と驚いた人もいるのではないだろうか。パスポートを画面・・・
79Picks
パナソニックCNS・樋口泰行社長の「出戻り」物語 今反芻する松下幸之助の教え
Forbes JAPAN
|
日本が「世界の工場」「世界一の家電生産国」でなくなって久しい。日本のものづくりを担ってきた大企業はどうなる?終身雇用や年功序列が崩壊し、グローバルの波に晒され始めた個人の生き方はどうなる?2017年4月の就任以降、ドラスティックな改革を推進・・・
16Picks
車載で「再挑戦」するパナソニック 低収益から浮上なるか
LIMO
|
パナソニックは2019年5月、19~21年度を期間とする新中期戦略を発表した。このなかで、インフォテインメントシステムをはじめとした車載機器で構成されるオートモーティブ事業と、円筒形・角形電池をラインアップする車載電池事業を再挑戦事業に位置づけた。これら2事業は前3カ年の中期計画において高成長事業と位置づけられ、全社の牽引役と期待された存在であった。それが再挑戦を余儀なくされているとはどうい...
16Picks
B2BデジタルマーケティングにおけるWebアクセス解析の極意10カ条
ITmedia マーケティング
|
パナソニック コネクティッドソリューションズ社の関口昭如氏がB2B視点のWebアクセス解析で心掛けたいポイントを紹介した。
10Picks
従業員の不信を引きずったパナソニックに復活はあるのか?(大原 浩) @moneygendai
マネー現代
|
創業者の松下幸之助の傑出したマネジメント能力によって成長、発展したパナソニック。しかし、「人を重視する」という創業の理念が打ち捨てられた結果、現在に至る衰退を招いた。今、必死に再建努力がなされているが、一度失われた社員と会社の信頼関係は容易に戻らず、前途は多難である。
79Picks
凋落のデジカメ市場で気を吐くミラーレス、それでも拭えぬ危機感
ニュースイッチ
|
回復の見通しが立たないデジタルカメラ市場で、ミラーレス(ノンレフレックス)カメラが健闘している。デジカメ市場全体が縮小する中、ミラーレスは出荷額が増加。キヤノンやニコン、パナソニックが35ミリメート
55Picks
パナソニックの4─6月営業益43%減、テレビ赤字でメキシコ閉鎖へ
Reuters
|
[東京 31日 ロイター] - パナソニック<6752.T>が31日発表した2019年4─6月期(国際会計基準)の営業利益は前年比43.6%減の563億円だった。中国の設備投資低迷が響いたほか、車載機器の開発費増加や欧州を中心としたテレビの苦戦が足を引っ張った。前期に土地売却益を計上した反動も出た。
19Picks
美容家電、定額で使い放題 「街の電器店」生き残りへ変身
朝日新聞デジタル
|
パナソニックが、「パナソニックショップ」と呼ばれる同社製品を扱う「街の電器店」の変革を急いでいる。経営者が高齢になり、家電量販店やインターネット通販に押されるなど課題に直面しているからだ。美容家電を…
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ