新着Pick
SPD04QPI2TH6738L

トヨタ自動車 株式会社

トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
愛知県豊田市トヨタ町1番地
0565-28-2121
詳細を見る
代表者
代表取締役社長 豊田 章男
設立年月日
1937-08-28
従業員数
377,369 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
40 歳
平均年収
8,571,000 円
上場市場
東証プライム,名証プレミア,OTCピンクシート,ウィーン証券取引所,サンパウロ証券取引所(BRDR),シンガポール証券取引所(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所(ADR),ニューヨーク証券取引所(ADR),ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,フランクフルト証券取引所(ADR),ミュンヘン証券取引所,ミュンヘン証券取引所(ADR),メキシコ証券取引所,メキシコ証券取引所(ADR),モスクワ証券取引所(ADR),ロンドンインターナショナル市場(ADR),ロンドン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
748Picks
【解説】トヨタの新社長「佐藤恒治」とは何者か?
NewsPicks編集部
|
トヨタ自動車が豊田章男社長から佐藤恒治へ。EV(電気自動車)からFCV(燃料電池車)、水素エンジン自動車、そして自動運転など、CASE、MaaS時代へ、同族経営から若返りによる経営の刷新なるか
482Picks
【徹底解説】株価70%下落。テスラが直面する「六重苦」
NewsPicks編集部
|
大量リストラを行っているビッグテックの裏で、テスラが苦境に陥っています。脱炭素を背景にEVやモビリティといった分野で圧倒的な「一人勝ち」状態だったテスラ。同社が時価総額でトヨタを抜いたのは、近年...
629Picks
トヨタ社長交代、変革期に53歳若手にバトン-豊田氏は会長に
Bloomberg
|
トヨタ自動車は26日、佐藤恒治執行役員(53)が社長に昇格すると発表した。豊田章男社長(66)は代表権のある会長に就任する。異動日は4月1日で、今年の定時株主総会での承認を経て正式決定する。創業家以外でトヨタのトップになるのは14年ぶり。
317Picks
【ソニー次期社長】新しい戦略は「成長と多様性」だ
NewsPicks編集部
|
トヨタ自動車に続いて、ソニーも社長交代へ。ソニーグループは2月2日、新しい社長に十時裕樹(ととき・ひろき)副社長(58)が昇格するトップ人事を発表した。4月1日付けで、現在の吉田憲一郎社長(63...
1180Picks
トヨタは日本を諦めつつある 豊田章男社長のメッセージ
ITmedia ビジネスオンライン
|
日本の自動車業界は今後どうなるのか。タイトヨタの設立60周年記念式典、およびトヨタとCPグループとの提携に関する発表から、未来を展望する。
194Picks
豊田章男社長を取材し続けた筆者が思う、退任の本当の理由
ITmedia ビジネスオンライン
|
トヨタ自動車の豊田章男社長が、退任を発表した。ここ数年、豊田社長を追いかけてきた筆者から見たさまざまなこぼれ話を書いていこう。 筆者が思う、退任の本当の理由は。
152Picks
なぜインテルは世界一になれたのか? 日本にとっては悲劇、3番目の社員がした伝説の英断
ビジネス+IT
|
「インテル、入ってる」というコピーでおなじみのインテル。同社は今や世界最大手の半導体メーカーですが、1980年代に日本のメーカーの攻勢によって苦境に陥った時期があります。この苦境を「英断」によって乗り切り、インテルの新時代を切り開いたのが、当時の社長であり、「インテル3番目の社員」であるアンドリュー・グローブ氏です。なぜ、同氏はインテルを世界一に導くことができたのでしょうか。グローブ氏の人生...
249Picks
EVなら中国製、東南アジアの消費者トレンド
NewsPicks編集部
|
【コラート(タイ)】教員のウィモンシリ・ボーニョパコルンさん(35)は、夫が仕事で約260キロメートル離れたバンコクに引っ越したとき、週末に会いに行くため車の購入を決めた。彼女は、中国メーカーの...
115Picks
日本最大級のMaaSアプリ、トヨタが開発!導入拡大中
自動運転ラボ
|
熊本県MaaS推進交通事業者連絡会は、熊本県内において2023年1月28日から、トヨタが開発しているMaaSアプリ「my route」を使った、新たなMaaSサービスをスタートすることを発表した。 同サービスを通して、熊 […] The post 日本最大級のMaaSアプリ、トヨタが開発!導入拡大中 first appeared on 自動運転ラボ.
195Picks
トヨタが「世界一」から転落し、日本の自動車産業の「ヤバすぎる大崩壊」が始まる…!
マネー現代
|
世界の「EV化」の流れは決した。だがトヨタをはじめ日本勢は、現実を見つめ、遅れを取り戻そうとすらしていない。勢いに乗った新興中国企業に、日本の「屋台骨」が一気に叩き壊されてしまうのか。
9373Picks
【新図解】知識ゼロから学ぶ「財務3表」のすべて
NewsPicks編集部
|
「トヨタ、純利益で過去最高」「ソニー、営業キャッシュフローを最重視」……。日々、さまざまな経済ニュースが飛び交っている。こうした経済ニュースの背景にあるのが、「財務3表」と呼ばれる3種類の決算書...
4118Picks
【完全解説】アップルカーは本当に「自動車」を変えるのか?
NewsPicks編集部
|
ついにあのアップルが、自動車業界にやってきた。EVと自動運転を武器に、アップルカーは自動車業界を破壊し、新たな王者に君臨するのか。それとも、トヨタを中心とする既存メーカーが地位を守るのか。アップ...
739Picks
トヨタ・ソニーなど国内8社出資 先端半導体の国産化へ新会社
NHKニュース
|
【NHK】次世代の半導体の開発競争が世界的に激しくなる中、トヨタ自動車やソニーグループ、NTTなど日本の主要な企業8社が、先端半導…
658Picks
「世界から"色"が消えている」衝撃事実の驚きの訳
東洋経済オンライン
|
気づかないうちに、皆さんの視界から「あるもの」が、少しずつ消えていっています。それは何でしょうか。実は「色」なんです。最近のAI研究で、世界から「色」が消えつつあることがわかりました。英国科学博物館が…
227Picks
イバラの道でも進むべき道とは 2023年 豊田社長年頭あいさつ
PR: トヨタイムズ
|
何が正解かわからない。そんな時代だからこそ、トヨタの進むべき道が明確に示された。その全文を公開する。
143Picks
世界が日本車への興味を失いつつある 日本は「EV競争」に負けてしまうのか?
クーリエ・ジャポン
|
世界各地で電気自動車(EV)の新車販売が急速に増えている。その一方で、日本のメーカーはEVの開発・販売に遅れを取り、そのシェアを失いつつあると米誌「ブルームバーグ・ビジネスウィーク」が報じている。急速に地位を失うトヨタ2022年11月の米ナスカーカップのカーレースの会場では、米環境団体パブリック・シチズンが横断幕を掲げた飛行機を飛ばした。そこには次のように書かれていた。「エキサイティングなのがお好
705Picks
賢い若者だけが気づいている「絶滅危惧種サラリーマン」という日本的雇用形態の限界
集英社オンライン
|
「サラリーマン」という和製英語は、日本以外では通じない。そこには、世界標準とかけ離れた日本独自のヘンな働き方(日本的雇用)があった。
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ