新着Pick
SPD04QPI2TH6738L

トヨタ自動車 株式会社

トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
愛知県豊田市トヨタ町1番地
0565-28-2121
詳細を見る
代表者
取締役社長 豊 田 章 男
設立年月日
1937-08-28
従業員数
372,434 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
40 歳
平均年収
8,583,000 円
上場市場
東証1部,名証1部,OTCピンクシート,ウィーン証券取引所,サンパウロ証券取引所(BRDR),シンガポール証券取引所(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所(ADR),ニューヨーク証券取引所(ADR),ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,フランクフルト証券取引所(ADR),ミュンヘン証券取引所,ミュンヘン証券取引所(ADR),メキシコ証券取引所,メキシコ証券取引所(ADR),モスクワ証券取引所(ADR),ロンドンインターナショナル市場(ADR),ロンドン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
25Picks
トヨタのe-Palette(イーパレット)とは?自動運転EV、東京オリンピックでは接触事故も
自動運転ラボ
|
次世代のモビリティの在り方を象徴するモデルとして、トヨタ自動車が2018年に発表した「e-Palette」。転換期を迎えつつある自動車社会において同社の命運を握る「カギ」と言っても過言ではない存在で、無限の可能性を秘めた […]
41Picks
トヨタと提携の「オーロラ」、ロボットタクシー製造を本格化
Forbes JAPAN
|
上場を準備中の自動運転テクノロジー企業オーロラ(Aurora Innovation)は、トヨタとウーバーと共同で2024年までに米国で開始予定の商用ロボットタクシーサービスの試験プログラム向けに、改造を加えたトヨタのミニバン「シエナ」の導入・・・
16Picks
外国人労働者に人権アプリ トヨタなど2百社共同制作
共同通信
|
トヨタ自動車やイオンなど約210の国内企業・団体が、外国人労働者の人権を守るためのスマートフォンアプ...
26Picks
エスクァイア生産終了公表!! 月販1000台でも消滅へ 進むトヨタの販売再編と競争激化!!
自動車情報誌「ベストカー」
|
5ナンバーミニバンとして人気を博した「エスクァイア」の生産が終了する。トヨタの公式サイトにて、「21年12月上旬をもって生産終了いたします。詳細はお近くの販売店にお問い合わせください。」という一文が掲示された(2021年9月19日確認)。…
11Picks
10年後も電動車800万台中600万台がHV! トヨタがハイブリッドを電動化の主力に位置付ける訳 - 自動車情報誌「ベストカー」
自動車情報誌「ベストカー」
|
現代の自動車メーカーが嫌でも考えざるを得ないのが環境問題。2021年9月、トヨタが2030年時点として考える電動車販売見通しを発表。純電気自動車や燃料電池車ではなく、ハイブリッド車を主軸にしようとするトヨタの思惑を探る
44Picks
トヨタ紡織が試験販売。タクシー向け「飛沫防止パーテーション」の性能
ニュースイッチ
|
トヨタ紡織は、タクシー向け飛沫防止パーテーションの試験販売を始めた。運転席に後付けして後部座席と仕切り、後席からの飛沫を防止する。フィルター付送風ファンを設けており、空気を浄化する機能も有する。新型コロナウイルス感染症拡大の防止用途でタクシー事業者の需要を見込む。ポリカーボネート製で、価格は6万9300円(消費税込み)。 このパーテーションの適合車種は、トヨタ自動車のタクシー専用車「ジャパン...
16Picks
「今日より明日はきっと良くなると思える国に」…トヨタ社長が総裁選に注文 : 経済 : ニュース
読売新聞
|
トヨタ自動車の豊田章男社長は18日、三重県で記者会見し、自民党総裁選について「国のリーダーには、真面目に働いている国民が今日より明日はきっと良くなると思える国にしてください、ということに尽きる」と注文をつけた。 豊田社
21Picks
豊田章男がリーダーに期待すること
トヨタイムズ
|
水素エンジンで臨む3rdレース。鈴鹿サーキットで行われた会見で、前日に告示された自民党総裁選挙について質問が出た。
170Picks
豊田社長、五輪との不公平感ある 自動車レース中止で
共同通信
|
トヨタ自動車の豊田章男社長は18日に三重県鈴鹿市内で開いた記者会見で、新型コロナウイルス流行の影響に...
21Picks
トヨタ、10月の国内工場稼働「ランドクルーザー」生産ラインで最大11日間稼働停止
Car Watch
|
トヨタ自動車は9月17日、10月の国内工場の稼働について、国内全14工場28ライン中、14工場27ラインで最大11日間の稼働停止することを明らかにした。
168Picks
空飛ぶクルマとは?必要な技術や開発企業を解説
自動運転ラボ
|
自動運転技術の進展により「陸」における移動革命が始まったが、「空」の移動革命に向けた取り組みも着実に前進している。eVTOL、いわゆる「空飛ぶクルマ」の開発が進む。 国内では、官民一体となって研究開発や実用化を見据えた法 […] The post 空飛ぶクルマとは?必要な技術や開発企業を解説 first appeared on 自動運転ラボ.
46Picks
トヨタとホンダは米自動車メーカーに有利なEV税制優遇措置拡大に反発
TechCrunch Japan
|
トヨタ自動車とホンダは、米国内で労働組合員が製造した電気自動車の税制優遇措置を拡大する法案を、否決するようにと議員たちに要請している。
117Picks
トヨタ・ホンダ・日産が加速する「MaaS」実証、稼げるビジネスへの課題
ニュースイッチ
|
自動車各社が自動運転技術を活用したMaaS(乗り物のサービス化)の取り組みを加速している。日産自動車は、横浜市で自動運転車両による配車サービスの実証実験を21日に開始する。ホンダは9月中に栃木県でライドシェア(相乗り)サービスの事業化に向けた実証に乗り出す。同分野ではIT大手などとの協業を含めた取り組みも活発化する。各社は安全や収益性などの課題を克服し、実用化につなげる。(西沢亮) 日産はN...
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ
Premiumを無料で体験
登録・ログイン