新着Pick
SPD04QPI2TH6738L

トヨタ自動車 株式会社

トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
愛知県豊田市トヨタ町1番地
0565-28-2121
詳細を見る
代表者
取締役社長 豊 田 章 男
設立年月日
1937-08-28
従業員数
367,987 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
39 歳
平均年収
8,659,000 円
上場市場
東証1部,名証1部,OTCピンクシート,ウィーン証券取引所,サンパウロ証券取引所(BRDR),シンガポール証券取引所(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ニューヨーク証券取引所(ADR),ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,フランクフルト証券取引所(ADR),ミュンヘン証券取引所,ミュンヘン証券取引所(ADR),メキシコ証券取引所,メキシコ証券取引所(ADR),モスクワ証券取引所(ADR),ロンドンインターナショナル市場(ADR),ロンドン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
12Picks
トヨタ、国内の95%電動車に=世界で800万台販売―30年目標
時事通信社
|
 トヨタ自動車は12日、2030年に国内で販売する新車の95%を電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)などの電動車とする新たな目標を発表した。脱炭素社会の実現に向けた動きが強まる中、電動化へ...
417Picks
【トヨタ決算】激動の1年。「自動車」は、どれだけ売れたのか?
NewsPicks編集部
|
ふたを開けてみれば、大幅な黒字――。5月12日、トヨタ自動車は2021年3月期の決算を発表した。コロナ禍が本格的に始まったちょうど1年前、トヨタは通期の営業利益を前期比(2020年3月期)で8割...
15Picks
【解説】池田直渡が読み解く トヨタの決算 10年改革の成果
トヨタイムズ
|
期首に「営業利益8割減」と言われながら、増益で締めたトヨタの決算。自動車経済評論家の池田直渡氏が読み解く。
38Picks
「心痛む」と五輪スポンサーのトヨタ幹部、選手に出場辞退求める声
Reuters
|
[東京 12日 ロイター] - 東京五輪・パラリンピックの最上位スポンサーの1社であるトヨタ自動車の幹部は12日、国民から選手個人に出場辞退などを求める声が寄せられていることに触れ、「心を痛めており、どうすれば良いのか日々思い悩んでいる」と語った。
356Picks
トヨタ自動車 最終利益2兆円超える コロナ禍でも販売回復
NHKニュース
|
【NHK】トヨタ自動車の昨年度のグループ全体の決算は、最終的な利益が2兆2452億円となり、2兆円を上回りました。
376Picks
スマートシティ「圧倒的」王者。コペンハーゲン、NYが他の都市と一線を画す理由
ビジネス+IT
|
日本でも各地で開発が進むスマートシティ。代表的な例として、今年2月に着工したトヨタの「ウーブンシティ」を思い浮かべる人も多いでしょう。「スマートシティ」と一括りにいってもその規模や取り組みはさまざまです。今回は、世界の中でも最先端をいくスマートシティ、ニューヨークとコペンハーゲンの取り組みの一部を紹介します。
45Picks
【速報】決算を5分で解説
トヨタイムズ
|
数々の危機が襲った2020年度。トヨタはどう乗り切り、先行きをどう見ているのか。決算のポイントをいち早く解説する。
45Picks
SUBARU、トヨタと共同開発したEVを来年央に世界で発売
Reuters
|
[東京 11日 ロイター] - SUBARU(スバル)は11日、トヨタ自動車と共同開発した電気自動車(EV)を2022年央に発売すると発表した。新型EVはスポーツ多目的車(SUV)で、車名は「SOLTERRA(ソルテラ)」。日本、米国、欧州、中国などに投入する。ソルテラはスバルとして初めて世界で展開するEVモデルとなる。
155Picks
トヨタ、水素でエネオスと協力 静岡・裾野の実験都市
共同通信
|
トヨタ、水素でエネオスと協力 トヨタ自動車は10日、静岡県裾野市で建設中の次世代技術の実験都市「ウーブン・シティ」で使う水素を巡り...
10Picks
クルマが「売れなくなる」可能性があるのに参入の謎! トヨタが「カーシェア」を行うワケ
WEB CARTOP
|
トヨタは時代にあったモビリティ社会のためにカーシェアを展開  コロナ禍前には、“シェアリング社会”という言葉が頻繁にもてはやされた。個人がさまざまなものを個別に所有するのではなく、会員などを募って共同利用しようという動きである。コロナ禍となってからは、ウイルス感染を気にしてシェアリングに抵抗を示すひ... The post クルマが「売れなくなる」可能性があるのに参入の謎! トヨタが「カーシ...
16Picks
トヨタとENEOS、「Woven City」の水素エネルギー活用で協力
Impress Watch
|
ENEOSとトヨタ自動車は、静岡県裾野市でトヨタが建設を進める「Woven City」での水素エネルギー利活用について、具体的な検討を進めることに基本合意した。トヨタの子会社のウーブン・プラネット・ホールディングスとともに、水素を「つくる」「運ぶ」「使う」というサプライチェーンに関する実証をWoven Cityとその近隣で行ない、2050年までのカーボンニュートラル実現への貢献を目指す。
11Picks
トヨタもホンダも、自動車メーカーで知財開放が広がる理由
ニュースイッチ
|
自動車メーカーが知的財産を社外に開放する動きが広がっている。ホンダは4月、ライセンス契約などの窓口となるウェブサイトを開設した。自社技術の活用の場を広げる狙いだ。トヨタ自動車は車両電動化技術などの特許を無償で提供している。また新型コロナウイルス感染拡大対策として、自社の知財を開放する動きも相次ぐ。技術を囲い込まず、オープンイノベーションを図り、広く社会に役立てようとの機運が高まっている。(江...
59Picks
ホンダ、トヨタが4月の中国販売で過去最高 コロナ禍からの回復進む
産経ニュース
|
【海口(中国海南省)=三塚聖平】ホンダが8日発表した中国市場における4月の新車販売台数は、前年同月比31・7%増の14万9423台だった。トヨタ自動車も12・2%増の16万300台で、両社ともに4月として過去最高の販売台数を記録した。
13Picks
ホンダ、トヨタに反旗翻す日本の自動車業界を“トヨタ傘下”扱いする豊田社長への不満
ビジネスジャーナル
|
ホンダの社長に就任した三部敏宏氏が4月23日に社長就任記者会見で、2040年にグローバルで販売するすべての新車を電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)にする目標を発表したことが波紋を広げている。前日に日本自動車工業会(自工会)の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)が記者会見で「カー...
77Picks
ホンダの新展開でサプライヤーが発奮する必然
東洋経済オンライン
|
「豊田章男社長にしてみたら『ばかやろう!』と思っているのではないか」トヨタ系サプライヤ-の首脳は、4月23日にホンダが発表した新たな電動化戦略について、皮肉交じりにそう話した。前日の4月22日、トヨタ自動…
141Picks
トヨタ・ホンダ・日産も本気を出した!自動車のオンライン販売はどこまで進む?
ニュースイッチ
|
新型コロナウイルス感染症の収束が見通せない中、自動車メーカー各社は販売店での対面を基本としてきた車の売り方を多様化している。オンラインでの商談や販売を強化し、接触機会の低減に取り組む。一方、自動運転など先進技術の搭載が広がり、新たな運転を体感する試乗の重要性も高まる。顧客の安全安心や利便性向上への追求は続く。(取材=西沢亮、日下宗大) ホンダは今秋に国内で4輪車のオンライン販売を始めるため、...
14Picks
これがトヨタ未発表の「S-Palette」!物流専用の自動運転ロボか
自動運転ラボ
|
トヨタ自動車が開発中の「e-Palette」については、すでに業界関係者の多くの人が知るところだろう。自動運転レベル4での走行を実現する自動運転EV(電気自動車)で、東京オリンピックでは選手村で選手の移動車両として使用さ […]
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ