新着Pick
SPD04QPI2TH6738L

トヨタ自動車 株式会社

トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
愛知県豊田市トヨタ町1番地
0565-28-2121
詳細を見る
代表者
取締役社長 豊 田 章 男
設立年月日
1937-08-28
従業員数
369,604 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
39 歳
平均年収
8,659,000 円
上場市場
東証1部,名証1部,OTCピンクシート,ウィーン証券取引所,サンパウロ証券取引所(BRDR),シンガポール証券取引所(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ニューヨーク証券取引所(ADR),ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,フランクフルト証券取引所(ADR),ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所,メキシコ証券取引所(ADR),ロンドンインターナショナル市場(ADR),ロンドン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
12Picks
凋落トヨタの時代錯誤。ソフトウェア重視のテスラに絶対勝てぬ訳 - まぐまぐニュース!
まぐまぐニュース!
|
今やあらゆるシーンで逆転した、ハードウェアとソフトウェアの価値。その流れは自動車業界においても例外ではありません。長らく日本の基幹産業とされてきた自動車製造業は、この先世界で存在感を示し続けていくことはできるのでしょうか…
15Picks
電気自動車は損かトクか?EV購入前の疑問に答える - News&Analysis
Diamond Online
|
2020年は、フォルクスワーゲン、ダイムラー、アウディ、ポルシェ、プジョー、シトロエンなど主だった輸入車ブランドが軒並み電気自動車(EV)を日本市場にも投入してきた。2020年末には、自工会会長豊田章男氏が急激なEV化に対する警鐘ならしたものの、この傾向は21年も続くと見られ、マツダMX-30、日産アリアと軽EV(iMK)、さらにトヨタ・スバル共同開発によるSUVの発売・発表が続く予定だ。購...
18Picks
トヨタ「ミライ」、普及の鍵はトラックにあり!
東洋経済オンライン
|
「長距離輸送の大型トラックはEVへの置き換えが難しい。やはりそこは燃料電池(FC)の技術が適している」。そう話すのは、トヨタ自動車グループの商用トラック・バス事業を担う日野自動車の下義生社長だ。世界的に…
144Picks
テスラの躍進とESG/SDGs投資 GAFAに続くプラットフォーマー
フロンティア・マネジメント
|
イーロン・マスク氏が率いるテスラ社の時価総額が2020年中にトヨタ自動車を上回り、一時US$8000億を突破し、既に4倍近い差をつけた。20年中に7倍以上という株価上昇の背景は、ESG/SDGs...
12Picks
トヨタはクルマだけでなく「移動の喜び」も含めて提供、モビリティマーケットで
MONOist
|
トヨタ自動車は2021年1月20日、オンラインで記者説明会を開き、モビリティサービスを提供する日本国内向けのオンラインプラットフォーム「モビリティマーケット」を2021年4月から開始すると発表した。
92Picks
トヨタの仏合弁、パリで水素タクシー1万台目指す-24年五輪までに
Bloomberg
|
トヨタ自動車とフランスの産業ガス会社エア・リキードなどが出資する仏合弁会社は、パリのタクシー運転手を対象に水素を燃料とする燃料電池車(FCV)への乗り換えを後押しする。パリで夏季オリンピックが開かれる2024年までに、1万台を導入させたい考えだ。
55Picks
半導体不足、日系自動車メーカーに50万台減産の可能性-三菱モルガン
Bloomberg
|
世界的な半導体不足でトヨタ自動車など世界の自動車メーカーの生産に150万台前後の減産につながる可能性があり日系自動車メーカーはその内、約50万台の影響が出る見通しだと、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の杉本浩一氏らが19日付のリポートで指摘した。
114Picks
なぜ今、トヨタが「足踏み式消毒スタンド」を市販化するのか
トヨタイムズ
|
指示されたわけでも、競い合ったわけでもない。大切な人を守りたいという想いで、気付けば各所で始まっていたモノづくりの現場を取材した。
16Picks
テスラ、マスクCEOのTwitterに寄せられる苦情や要望に対処するサポート職を募集
Engadget 日本版
|
ASSOCIATED PRESS テスラCEOのイーロン・マスク氏が大のTwitter好きなのはいまさら言うまでもないことで、以前はよくフォロワーや他のユーザーからの意見やリクエスト、苦情に回答することもありました。 最近はと言えば、株価がうなぎ登りで時価総額がトヨタを抜いたとか、大きな話題が相次いだこともあり、さすがのマスクCEOも多忙そうで「そういえばあまりユーザーからの要望に応えている...
16Picks
トヨタ、日産も青ざめる「電気自動車市場にアップル参入」のヤバいインパクト
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
巨大IT企業が続々とEV(電気自動車)製造に参入している。自動車が内燃機関からEVにシフトすれば産業構造が激変し、簡単に新規参入が果たせるようになることは周知の事実だったが、とうとう、この動きが現実的な段階に入り始めた。既存の自動車産業は従来の構造を維持できなるのは確実であり、各社は本格的な体制スリム化を余儀なくされるだろう。
10Picks
#01「もっといいクルマをつくろう」
トヨタイムズ
|
戦後初となる赤字に陥った2009年3月の新年度方針演説。当時副社長だった豊田章男が作業着で登壇し、語った言葉とその真意とは
26Picks
トヨタが「誰でもドリフト」を開発? AIドリフトで激走する「スープラ」研究の訳とは
くるまのニュース
|
米国に拠点を置くとトヨタの研究所「トヨタ・リサーチ・インスティテュート」(以下、TRI)は、AIを活用した自動運転技術によりドリフト走行する「スープラ」の映像を2021年1月14日に公開しました。いったいどんな目的で開発されたのでしょうか。
16Picks
CES2021:実は「テスラの産みの親」だったGMが世界最大の家電ショーで見せたEVへの本気度とトヨタの欠席 | 週刊エコノミスト Online
週刊エコノミスト Online
|
世界最大の家電ショー、CESラスベガス。今年はデジタルの開催となったが、家電ショーと言いながら、ここ数年はロサンゼルスやデトロイトよりも規模の大きなモーターショーとしても注目を集めている。話題をさらったのがEV(電気自動車)で強烈なラインナップを誇示したゼネラル・モータース(GM)。
30Picks
トヨタ、排出ガス巡る欠陥報告遅延で米と和解 1.8億ドル支払い
Reuters
|
[ワシントン 14日 ロイター] - 米政府は14日、トヨタ自動車が大気浄化法(CAA)に違反して排出ガスに関する欠陥の報告を遅らせてきた問題で、トヨタが1億8000万ドルを支払い和解することで合意したと明らかにした。
22Picks
テスラやアップルのEVに、トヨタのハイブリッドはいつまで対抗できるか - トヨタは「NTTの教訓」を活かせるか
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
|
「米アップルがいよいよ乗り込んできたか」――。年が明け、米国のアップルが韓国・現代自動車と電気自動車(EV)で提携するとの報道を受け
68Picks
VW世界販売、20年は15%減 新型コロナが打撃
時事ドットコム
|
【フランクフルト時事】ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は13日、傘下ブランドを含めたグループ全体の2020年の世界販売台数が前年比15.2%減の930万5400台だったと発表した。19年までは4年連続で過去最高を記録していたが、新型コロナウイルスの世界的流行が打撃となった。 VWと世界販売首位の座を争うトヨタ自動車や仏ルノー・日産自動車・三菱自動車の3社連合は、20年の販売実績をま...
15Picks
EV化を全面肯定しないトヨタ 実は基礎固めは済んでいる
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
自動車業界で「アップル」に喩えられる企業はまだ出現していないが、ガソリン車で身を立ててきた老舗メーカーと新エネルギー車を手がける新興メーカーの間では長らく見解の相違が続いているようだ。 米テスラはそのイノベーション力と急騰する時価総額によって、「新芽が森林に取って代わろうとしている」と評価される。一方の老舗トヨタについ
12Picks
米、トヨタに制裁金186億円 排ガス報告遅れ
共同通信
|
米、トヨタに制裁金186億円 【ニューヨーク共同】米司法省は14日、トヨタ自動車が排ガスに関連する環境規制に反し、米環境保護局(E...
58Picks
トヨタ、23年に超高級SUV 「センチュリー」級、年産1000台 ロールス・ロイスなど追撃
中部経済新聞 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報
|
トヨタ自動車が「センチュリー」級の超高級車でSUV(スポーツタイプ多目的車)の市場投入を計画していることわかった。2023年に愛知県内で生産を始める。トヨタが手掛けるSUVで最上級のモデルとなる。国内外で自動車ニーズがセダンからSUVにシフトする中、日本で培った匠の技術を結集し、要人の移動車両用途などで世界のVIP需要を開拓する。
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ