新着Pick
SPD04QPI2TH6738L

トヨタ自動車 株式会社

トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
愛知県豊田市トヨタ町1番地
0565-28-2121
詳細を見る
代表者
取締役社長 豊 田 章 男
設立年月日
1937-08-28
従業員数
374,014 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
39 歳
平均年収
8,516,000 円
上場市場
東証1部,名証1部,OTCピンクシート,ウィーン証券取引所,サンパウロ証券取引所(BRDR),シンガポール証券取引所(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ニューヨーク証券取引所(ADR),ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,フランクフルト証券取引所(ADR),ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所,メキシコ証券取引所(ADR),ロンドン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
23Picks
反響呼んだ復活スープラ 「今年のベスト」として振り返る米誌
NewSphere
|
トヨタ自動車が米LAモーターショーにて展示した新型GRスープラは、BMW製のパワートレインを中核とした高級感あふれる一台だ。スムーズな乗り心地に心酔するだけでなく、高級車に見飽きたはずのロスの人々にも人気の一台となるこ […]
6Picks
マウスやSiriの開発にも生かされたシリコンバレー流「発想のメソッド」
ニュースイッチ
|
米国の非営利の技術研究機関「SRI International(以下SRI)」(カリフォルニア州メンローパーク市)は情報通信、航空宇宙、医療などさまざまな分野を研究する30以上のラボを擁し、多くの民間企業のコンサルティングや技術協力をしてきた。日本への進出は1963年と古く、数多くの共同プロジェクトに参画。現在も大林組やトヨタ自動車、川田工業、パナソニック、政府機関など産官問わず共同プロジェ...
14Picks
自動運転シャトルのMayがトヨタ自動車のリードで約54億円を調達
TechCrunch Japan
|
米国の3都市で自動運転シャトルサービスを展開しているミシガン拠点のスタートアップであるMay Mobility(メイ・モビリティ)は、トヨタ自動車がリードしたシリーズBで5000万ドル(約54億円)を調達した。 May Mobilityが前回2200万ドル(約24億円)を調達してから1年もたっていない。今回調達した資金は自動運転シャトルバスの車両、そしてエンジニアリングやオペレーションのスタ...
7Picks
SUV界の新トレンド? トヨタ・ライズ、受注台数3万台超え3つの理由とは
財経新聞
|
トヨタ自動車が11月5日に発売した新型コンパクトSUV「ライズ」。
14Picks
トヨタ車の“違和感”を五感で見つける整備士の仕事
ニュースイッチ
|
「人間の感覚だけで8割方解決できますね」―。トヨタ自動車の佐藤陽二さんは、クルマの性能を左右する車両開発の評価業務に従事している。量産前のクルマを評価・改善するのが主な仕事で、ドア開閉時の音からアクセルやブレーキの効き方、走行時のクルマの挙動まで、評価項目は多種多様だ。クルマが顧客に与える不快感を極限までなくすことに心血を注いできた。   開発車の“違和感”を見つけるための一番の要素は人間の...
16Picks
5G、MaaS、AI…ソフトバンクとMONET、大阪府と協定!自動運転実証も視野?
自動運転ラボ
|
ソフトバンクはトヨタとともにMONET Technologies(本社:東京都港区/代表取締役社長:宮川潤一)=モネ・テクノロジーズ=を設立し、MaaSや自動運転などの次世代モビリティサービスの推進に取り組んでいる。そん […]
19Picks
自動車業界の必読書 トヨタの内幕小説第二弾 『トヨトミの逆襲』
J-CAST BOOKウォッチ
|
覆面作家の梶山三郎氏が2016年10月に発表した『トヨトミの野望 小説・巨大自動車企業』(講談社)は、トヨタ自動車の内幕をフィクションで再現したと評判になった。元社長の奥田碩氏がモデルとも言われ、創業家との確執が描かれていた。トヨタ本社に近い愛知県内では「禁書」の扱いと梶山氏は語り、「名古屋界隈の書店からすべて消えた」「自動車業界に近いある経営者が
27Picks
今年の1台は「RAV4」! トヨタが10年ぶりに日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞
くるまのニュース
|
国内で市販される乗用車のなかで、その年にもっとも優れたクルマを選出する「2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー」にトヨタ「RAV4」が選出されました。
11Picks
LEXUS初のEVはハッチバック--満充電で400km走行できる「UX300e」を2020年に発売
CNET Japan
|
トヨタ自動車は、同社の高級車ブランド「LEXUS(レクサス)」シリーズで初の電気自動車(EV)「UX300e」を発表した。2020年以降に中国や欧州などで順次発売する。日本発売は2021年前半の予定。
10Picks
1カ月で受注2万台超え! デカイだなんだと言われるトヨタ・カローラが11年ぶりに登録台数トップに輝いたワケ
WEB CARTOP
|
トヨタ自動車を代表する車種であるカローラ。先に登場したハッチバックモデルのカローラ・スポーツを皮切りに、続いて登場したセダンとステーションワゴンもスポーティさで注目を集めている。なぜ、ここまで爆発的ヒットとなったのだろうか? その理由について迫ってみたい。
12Picks
W杯優勝も遂げたNZの名将ハンセンがトヨタに加入! 「ヴェルブリッツの一員になること楽しみ」
ラグビーリパブリック
|
ジャパンラグビートップリーグのトヨタ自動車ヴェルブリッツは12月2日、オールブラックス(ニュージーランド代表)前ヘッドコーチのスティーブ・ハンセン氏がディレクター・オブ・ラグビーとしてチームに加入すると発表した。 ニュージーランド出身の60歳であるハンセン氏は、2011年の自国開催ワールドカップではオールブラックスのアシスタントコーチとして優勝に貢献し、2015年大会は指揮官として連覇を達成...
1830Picks
2020年、日本人は「大転職時代」を迎えることになる
マネー現代
|
2020年は日本の雇用が大変革を遂げる年になります。その象徴的な動きがすでに始まっていることを皆さんはご存知でしょうか。トヨタは2019年度に総合職の採用に占める中途採用の割合を2018年度の1割から3割に、中長期的には5割に引き上げるという決定をしました。トヨタが変われば日本の企業全体も変わるといわれているだけに、そのインパクトは計り知れません。これから日本では終身雇用や年功序列が終わり、...
19Picks
エンジン部品減少に備えトヨタがサプライヤー支援、その中身とは?
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車は豊田通商と組み、中小サプライヤーの販路拡大を支援する。豊田通商の取引先である日本や中国、欧州などの企業をトヨタのサプライヤーに紹介する。トヨタ以外の完成車メーカーや異業種に販路を広げてもらう。電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)など内燃機関を持たない電動車の普及に備え、エンジン部品を中心としたサプライヤーの事業成長をグループで後押しする。   トヨタはこのほど豊田通商の協力...
18Picks
トヨタのMaaSサービス「my route」を徹底解説
自動運転ラボ
|
トヨタと西日本鉄道によるMaaSアプリ「my route」の本格運用がスタートした。JR九州などの新規参画のもとエリアを福岡市と北九州市に拡大し、機能を拡充していく方針だ。将来的には、他地域での展開も目指すこととしている […]
15Picks
トヨタ2000GTは1億円超え! アメリカの若者を席巻する中古「日本車ブーム」 | 粗悪品の代名詞だった「メイド・イン・ジャパン」が再評価される理由
クーリエ・ジャポン
|
アメリカではミレニアル世代を中心に、80~90年代に生産された中古の日本車が人気を集めている。その理由を、日本車復興の歴史や自動車業界への取材から米紙が紐解いた。エド・ローは、壮麗なベントレーが芝生の上をゆっくりと進んでいく様子を眺めていた。2019年8月に開催された第69回「コンクール・デレガンス」でのことだ。欧米の希少なクラッシック・カーが並び、高い審美眼を持つコレクターが集まることで名高いこ
16Picks
アングル:トヨタがMaaSで新展開、「モビリティカンパニー」への試金石
Reuters
|
[東京 29日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>が28日、MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)の実証実験として進めてきた「my route(マイルート)」の本格展開に乗り出した。自動車の所有から利用への動きが進む中、トヨタは「自動車をつくって売る会社」から、移動に関わるあらゆるサービスを提供する「モビリティカンパニー」への転換を目指している。「マイルート」はその試金石となる。
279Picks
トヨタがMaaSアプリを西鉄と本格展開、JR九州も参画
Reuters
|
[東京 27日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>と西日本鉄道(西鉄)<9031.T>は27日、多様な移動手段を組み合わせて経路検索や乗車予約・決済などができる「MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)」として福岡市で実証実験を進めてきたスマートフォン向けアプリ「my route(マイルート)」を28日から本格展開すると発表した。新たに九州旅客鉄道(JR九州)<9142.T>も参画する。
33Picks
トヨタ、国内販売20.7%減 10月、増税と台風19号響く
共同通信
|
トヨタ自動車が28日発表した10月の国内販売は、前年同月比20.7%減の10万5049台となり、7カ...
11Picks
インホイールモーターとは? 100年眠っていた技術が「EV時代の寵児」となり得るワケ
ビジネス+IT
|
エコカーに追い風が吹き、車輪に直結して駆動するタイプのインホイールモーターの世界市場は2019~2027年の8年間で10倍以上に拡大すると予測され、今後EV駆動方式のデファクト・スタンダードとなる可能性がある。その利点は弱点を補っても余りあるとも言われ、日産やトヨタはEV搭載車のプロトタイプを発表。インホイールモーターの開発競争にはベアリング、電子部品、タイヤ、重電といった異業種も続々と参入...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ