新着Pick
SPD04QPI2TH6738L

トヨタ自動車 株式会社

トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
愛知県豊田市トヨタ町1番地
0565-28-2121
詳細を見る
代表者
取締役社長 豊 田 章 男
設立年月日
1937-08-28
従業員数
376,445 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
39 歳
平均年収
8,516,000 円
上場市場
東証1部,名証1部,OTCピンクシート,ウィーン証券取引所,シンガポール証券取引所(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ニューヨーク証券取引所(ADR),ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,フランクフルト証券取引所(ADR),ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所,メキシコ証券取引所(ADR),ロンドン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
29Picks
トヨタ、五輪のCO2排出5割減 電動車90%、マラソン先導車も
共同通信
|
トヨタ、五輪のCO2排出5割減 トヨタ自動車は23日、2020年東京五輪・パラリンピックに約3700台の車両を提供し、このうち電気自...
62Picks
踏み間違い防止はトヨタ“究極の使命”への第一歩
ニュースイッチ
|
近年、社会的問題として取りざたされている高齢運転者による交通事故。特にブレーキとアクセルの踏み間違いの死亡事故は75歳以上の高齢運転者による比率が高い。つながる車や自動運転は交通事故を大幅に低減できる
15Picks
30年以上なぜ「ハチロク」人気続く? 走り屋漫画で有名になったAE86とは
くるまのニュース
|
トヨタが1983年に発売した4代目「カローラレビン/スプリンタートレノ(AE86型)」。発売から30年以上経つにも関わらず、いまなお人気のクルマです。過去には走り屋系漫画の主人公が乗っていたこともありますが、なぜいまだに人気なのでしょうか。
82Picks
【新イベント】元トヨタ髙田敦史と澤円が語る「大企業からのキャリアチェンジ」
NewsPicksアカデミア
|
NewsPicksアカデミアでは毎月、各業界のプロフェッショナルによるリアルイベントを開催しております。今回の新着イベントは、髙田敦史「大企業からのキャリアチェンジ」です。その概要をご紹介します...
124Picks
日本のスタートアップは名古屋から!“安定主義”の地で起業熱がヒートアップ
Forbes JAPAN 公式サイト(フォーブス ジャパン)
|
トヨタのお膝元である名古屋で、起業の機運が醸成されつつある。大企業志向が強く、ベンチャーが育たないといわれたこの街に今、何が起きているのか。スタートアップ経営者らが集う「スタ活」イベントを覗いてみた。従来、東海圏の経済は、トヨタ自動車を筆頭
521Picks
【極意】元トヨタ部長が明かす「会社の辞め時」
NewsPicks編集部
|
2016年7月、私は入社以来31年間在籍したトヨタ自動車を退社して、フリーランスになりました。最近でこそ若い社員が外資系企業に転職するケースも増えてきましたが、トヨタ自動車の現役の部長が50代で...
37Picks
トヨタに異変!? 人気だったC-HRやクラウンが大幅に販売台数を落としている理由とは
くるまのニュース
|
大きな期待を受けて発売されたトヨタ「C-HR」と「クラウン」ですが、登場したときは好調だった販売台数が、最近では落ちているといいます。その原因とはいったい何なのでしょうか。
22Picks
DeNAなどが新カーシェア、貸出料金実質0円の仕組み
ニュースイッチ
|
ディー・エヌ・エー(DeNA)とSOMPOホールディングス(HD)の共同事業会社「DeNASOMPOモビリティー」は、貸出料金を実質0円にしたカーシェアリングサービス「エニカオフィシャルシェアカー」
13Picks
新世代タクシー対決! 先行したはずの「NV200タクシー」はなぜ「JPN TAXI」の陰に隠れつつあるのか!?
MOTA(旧オートックワン)
|
2020年の東京オリンピック・パラリンピック(以下東京オリンピック)を控え、東京都内では、これまでのセダンタイプのタクシーから、乗降性と使い勝手に優れた新世代のタクシー車両へと切り替えが進んでいる。 そんな中、東京都内で見かけるのはトヨタ JPN TAXIばかりで、同じく新世代のタク...
11Picks
トヨタと車載用電池供給契約したBYD「ほかにも供給契約を結んだメーカーも」
ニュースイッチ
|
急速に発展する中国の電気自動車(EV)社会。進境著しい自動車業界の中でも、ひと際目立つのが中国EV 最大手で車載用電池の製造でも世界第3位のBYD(比亜迪)の活躍ぶりだ。特に注目されるのは、2020年春に日本市
13Picks
超小型の電気自動車、開発進む 近距離移動、大事故回避も
共同通信
|
超小型の電気自動車、開発進む トヨタ自動車やホンダといった自動車メーカーが、1~2人乗りの超小型の電気自動車(EV)の開発を進めて...
15Picks
スズキの悲劇、“不正の元凶”89歳・鈴木修会長を切れず…トヨタG入りも破談の危機
ビジネスジャーナル
|
スズキは2020年、創立100周年を迎える。記念行事の予定はないが、社内外から「鈴木修会長の引退こそが最大のセレモニー」との声が出ている。鈴木会長の長期政権は綻びが随所に出始めた。5月10日の決算発表で、記者の質問と噛み合わないやりとりもみられ、その情報は自動車担当記者の間に一気...
12Picks
トヨタ自動車とPreferred Networks、市場のニーズに応えるサービスロボットの共同開発を開始
Preferred Networks
|
トヨタの Human Support Robot をベースに、両社の技術を持ち寄り開発を加速 トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)と株式会社 Preferred Networks(プリファード ネットワークス、以下、PFN)は、市場のニーズに応えるサービスロボットの早期実現を目 指し、この度、トヨタの生活支援ロボット Human Support Robot(以下、HSR)をプラット フォーム...
108Picks
新たな燃費基準“油田から車輪まで”。未熟なEV、HVに再脚光
ニュースイッチ
|
自動車業界で勢いを増す「電動化」の潮流に変化が起きている。電気自動車(EV)の陰に隠れがちだったハイブリッド車(HV)が再び注目されてきた。トヨタ自動車は関連特許の開放を決め、中国政府は環境規制でH
11Picks
トヨタとホンダ辞退率購入 リクナビ予測データ
共同通信
|
トヨタとホンダ辞退率購入 就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリア(東京)が就職活動中の学生の内定辞退率を予測し...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ