新着Pick
SPD04QPI2TH6738L

トヨタ自動車 株式会社

トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
愛知県豊田市トヨタ町1番地
0565-28-2121
詳細を見る
代表者
取締役社長 豊 田 章 男
設立年月日
1937-08-28
従業員数
376,445 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
39 歳
平均年収
8,516,000 円
上場市場
東証1部,名証1部,OTCピンクシート,ウィーン証券取引所,サンパウロ証券取引所,シンガポール証券取引所(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ニューヨーク証券取引所(ADR),ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,フランクフルト証券取引所(ADR),ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所,メキシコ証券取引所(ADR),ロンドン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
4Picks
「ホンダ・日産」連合は誕生するか、トヨタ一強に挑むウルトラC
ダイヤモンド・オンライン
|
マツダ、スズキ、SUBARUを従えたトヨタ自動車は、日本の自動車業界では向かう所敵なしに映る。だが、ホンダと日産が不甲斐ない業界が発展するはずがない。四輪の赤字体質に悩むホンダと、仏ルノーとの確執が絶えない日産自動車が組めば、「ウルトラC」を演出することができるのではないか。特集「ホンダの死闘 四輪赤字」(全6回)の♯5では、ホンダと日産が統合した場合のシミュレーションをしてみた。
14Picks
トヨタ、3気筒になった新型「ヤリス」の新開発エンジンやCVTを担当者が解説
Car Watch
|
トヨタ自動車は10月16日、新しいコンパクトカー「ヤリス」を公開した。ヤリスは長年トヨタのコンパクトカーの中心的地位にあった「ヴィッツ」の4代目にあたるモデルで、新型モデルから世界統一名称として車名をヤリスに変更。トヨタが考える新世代のコンパクトカーを具体化したものになっている。
21Picks
トヨタ、採用の5割を中途に 日本型雇用終わりの始まりか(THE PAGE)
Yahoo!ニュース
|
トヨタ自動車が採用の5割を中途にする方針を固めたほか、ホンダも中途採用の比率を大 - Yahoo!ニュース(THE PAGE)
51Picks
トヨタ、電気自動車新事業で連携 100団体と、超小型を先行活用
共同通信
|
トヨタ、電気自動車新事業で連携 トヨタ自動車は17日、2020年以降に順次投入する電気自動車(EV)を活用した新事業の概要を発表した...
166Picks
トヨタ、立ち乗りタイプなど小型EV一気に4種類-高齢化で活用期待
Bloomberg.com
|
トヨタ自動車は17日、1人での立ち乗りタイプを含む小さいサイズの電気自動車(EV)を来年から再来年にかけて国内で4車種発売する予定だと発表した。高齢化も見据え、さまざま状況で快適に移動できることを目指す。
15Picks
日本企業のミャンマー進出の勢いが止まらない
ニュースイッチ
|
日本企業のミャンマー進出の勢いが止まらない。ミャンマー日本商工会議所の会員数は400社を超えた。トヨタ自動車の工場建設発表(6月)といった製造業の拠点設立に伴う日系建設業の進出が目立つ。22日の「即
33Picks
AIベンチャーのLeapMind、トヨタや三井物産から約35億円の資金調達
CNET Japan
|
AIベンチャーのLeapMindは10月15日、あいおいニッセイ同和損害保険、SBIインベストメント、トヨタ自動車、三井物産の4社から合計約35億円の資金を調達したと発表した。
18Picks
トヨタが目指す、「儲からないEV商売」を儲かるようにする方法 - エコカー大戦争!
Diamond Online
|
「EV(電気自動車)は本当に普及するのか?」。トヨタを含めた自動車メーカー各社による、自問自答が続いている。
12Picks
自動運転レベル4のトヨタ「e-Palette」、五輪仕様車の詳細は?
自動運転ラボ
|
東京五輪のワールドワイドモビリティパートナーであるトヨタ自動車は2019年10月13日までに、五輪仕様の自動運転EV(電気自動車)「e-Palette」の詳細を公表した。世界から注目を集める東京オリンピックでトヨタはどの […]
13Picks
パナソニックが深層学習カメラでバレーパーキング、トヨタ「LQ」で採用
MONOist
|
パナソニックは2019年10月11日、自動バレーパーキングシステムと大型AR HUD(拡張現実ヘッドアップディスプレイ)を開発したと発表した。開発技術はトヨタ自動車が「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:2019年10月24日~11月4日、東京ビッグサイト他)において披露するコンセプトカー「LQ」に搭載される。
11Picks
トヨタ自動車、新型MIRAIを発表
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
2019年10月24日から行われる東京モーターショーに先立ち、トヨタ自動車は第二世代となる水素燃料電池車MIRAIをメディア向けに公開した。
87Picks
トヨタ系が利回りゼロ社債 国内初、200億円発行
共同通信
|
トヨタ系が利回りゼロ社債 トヨタ自動車グループで販売金融事業を手がける「トヨタファイナンス」(名古屋市)が、実質的に利回りが0...
510Picks
「Aを轢けばBが助かる」そのとき自動運転車は誰を殺すのか?――「トロッコ問題」が提起する倫理的ジレンマ
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
自動運転車の開発が本格化している。トヨタは2020年の東京オリンピックで“お披露目”すると発表、ホンダはグーグル傘下のIT企業ウェイモと提携し、2025年までにはレベル4(システムによる主導運転)…
11Picks
トヨタのコンセプトカーLQは車載AIによって人間と友達になる
TechCrunch Japan
|
トヨタは、人を引きつけるような未来の車を開発するためのカギは、車と運転者の間に真の関係を築くことだという予想に対する自信をますます深めている。この「運転者」の部分は、自動運転モードを使う場合には「乗客」と読み替える必要がある。トヨタの新しいLQコンセプトは、2017年にCESで発表されたConcept-iをさらに進化させた車で、「Yui」という仮想車載アシスタントも搭載している。 LQは、C...
145Picks
次期燃料電池車、20年末発売へ トヨタ、航続距離と定員増
共同通信
|
次期燃料電池車、20年末発売へ トヨタ自動車は11日、燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」の次期モデルを2020年末に発売す...
131Picks
ウェザーニューズ×トヨタ、IoTとビッグデータで車両被害軽減を目指す共同研究
CNET Japan
|
ウェザーニューズは10月10日、トヨタ自動車と気象観測・予測精度の向上やドライバーの安全、車両被害軽減を目指す共同研究に関する契約を締結したと発表した。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ