新着Pick
SPD04QPI2TH6738L

トヨタ自動車 株式会社

トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
東京都文京区後楽1丁目4番18号
03-3817-7111
詳細を見る
代表者
代表取締役社長 豊田章男
設立年月日
1937-08-28
従業員数
371,796 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
39 歳
平均年収
8,319,000 円
上場市場
東証1部,名証1部,OTCピンクシート,ウィーン証券取引所,シンガポール証券取引所(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ニューヨーク証券取引所(ADR),ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,フランクフルト証券取引所,フランクフルト証券取引所(ADR),ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所,メキシコ証券取引所(ADR),ロンドン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
48Picks
仏政府、ルノーCEO後任候補選びに着手 トヨタ幹部も=関係筋
Reuters
|
[パリ 13日 ロイター] - 関係筋によると、フランス政府は日本で起訴されたルノー<RENA.PA>のカルロス・ゴーン会長兼最高経営責任者(CEO)について、後任CEOの候補者選びを始めた。取締役の間ではゴーン氏の留任を疑問視する声が出始めているという。関係筋の1人によると、トヨタ自動車<7203.T>幹部の名前も挙がっているという。
16Picks
トヨタの中国向けEV、電池調達はパナソニックから。CATLも虎視眈々
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車は2020年に中国で発売する電気自動車(EV)に、パナソニックのリチウムイオン電池を採用する方針を固めた。両社は17年12月から車載用角形電池事業で新たな協業の検討を進めている。すでにハ
40Picks
トヨタの復活「スープラ」乗ってわかった実力
東洋経済オンライン
|
トヨタ自動車のスポーツカー、新型「スープラ」の日本デビューに向けたカウントダウンが始まった。各種イベントで公開されているプロトタイプと筆者が対面したのは千葉県にあるサーキット「袖ヶ浦フォレストレース…
103Picks
トヨタ、自動運転のスタートアップ、Parallel Domainに出資――安全にテストできるシミュレーターを提供
TechCrunch Japan
|
Parallel Domainは自動運転ソフト開発のためのシミュレーションを提供するスタートアップだ。自動車メーカーはシステムを利用してVR空間で自動運転車を走らせ、挙動を確認することができる。今回Costanoa Venturesがリードし、Ubiquity Venturesなどが参加した今ラウンドでParallel Domainは265万ドルのシード資金を得た。このラウンドで新たに獲得し...
5Picks
トヨタ、30代が働きやすい企業ナンバー1に
MONOist
|
企業口コミ・給与明細サイトの「キャリコネ」が「30代が働きやすい企業ランキング」を発表。子育て支援策に力を入れている「トヨタ自動車」「ソニー」「荏原製作所」がトップ3となった。
15Picks
MaaS発祥の北欧国が生んだ「Whim」アプリ徹底解剖&まとめ トヨタ系から資金調達、日本進出の可能性も
自動運転ラボ
|
MaaSに基づいたサービスが世界各地に拡大・浸透し始めている。日本でもソフトバンク株式会社とトヨタ自動車株式会社が2018年に共同設立した新会社「MONET Technologies(モネ テクノロジーズ)」がMaaS分野での事業展開を模索するなど、近い将来各社が本腰を入れてサービス展開に乗り出すものと思われる。
11Picks
大阪市での経験から学ぶモビリティー後進国にならないための鍵 - シリコンバレーの流儀
Diamond Online
|
先日のモビリティーに関するトヨタ自動車とソフトバンクグループの提携発表は世界に衝撃を与えた。世界で900万台超の新車を販売し、日本を代表する自動車メーカーであるトヨタ。一方、情報通信とメディア事業を核に投資や買収を繰り返し次々と戦線を拡大する、暴れん坊のソフトバンク。立ち位置や文化があまりにも違う両社が提携したことは、「ITけん引産業」への転換の象徴的な動きだといえる。
15Picks
グーグルも脅かす無償の"日の丸"自動運転OS、遂にアライアンス化 普及加速へ半導体大手アームやトヨタ系TRI-ADなど参画
自動運転ラボ
|
自動運転技術に関する国際オープンアライアンス「The Autoware Foundation」が2018年12月10日までに設立された。誰でも無料で使える自動運転OSとして国際的に導入が広がる日本の「Autoware(オートウェア)」を世界で一層普及させ、国や企業を問わず自動運転の早期実現が促されるよう参画企業が一丸となって取り組む。
51Picks
100億還元PayPayからトヨタ提携まで。ソフトバンクGの動向がわかる厳選5本
Business Insider Japan
|
スマホ決済サービスが乱立ぎみな中、「100億円あげちゃうキャンペーン」で話題をさらったPayPay(ペイペイ)。運営するのは、異例の「メガ上場」でこちらも話題のソフトバンクと、ヤフーの合弁会社だ。Business Insider Japanが掲載した記事の中から、何かと「お騒がせ」なソフトバンクグル...
176Picks
トヨタ、踏み間違い防止装置発売 乗用車に後付け可能
共同通信
|
トヨタ、踏み間違い防止装置発売 トヨタ自動車は5日、乗用車に後付けでき、アクセルとブレーキの踏み間違い事故を防ぐ装置を発売した。高齢者などによる踏み間違い事故が多発しており安全性を高める。自動ブレーキのない旧型「プリウス」と「アクア...
11Picks
レクサス「UX」、“九州”が担当したアッパーボディー
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車九州(福岡県宮若市、永田理社長)は、高級車ブランド「レクサス」の小型スポーツ多目的車(SUV)「UX」の生産を本格化した。5日に本社宮田工場でラインオフ(生産開始)式を実施した。UXは同社が初めて新車立ち上げからアッパーボディー(車体上部)の設計開発を手がけた。 アルミサイドドアと樹脂バックドアは品質と軽量化の両立に苦心したという。トヨタ自動車の福市得雄チーフ・ブランディング・オ...
24Picks
衝撃!! アルファード/ヴェルファイア統合への布石とエスティマ消滅
自動車情報誌「ベストカー」
|
衝撃的なニュースが入ってきた。  高級ミニバンとして人気を博しているアルファード/ヴェルファアが、2020年からトヨタ全店舗扱いになるという。さらに驚きなのは、その販売店統合時期に合わせて、あの「ミニバンブームの火付け役」とも言えるモデルが生産終了するとのこと。
12Picks
V2Xはいかにあるべきか、トヨタは北米もDSRC、5GAAはセルラーの優位性を強調
MONOist
|
高度な自動運転の実現や、センサーでは認知しきれない範囲の危険を回避するため、V2Xの重要度が増している。しかし、自動車業界は携帯電話の通信網を使うか、境域通信を用いるかで2つに分かれている。各社の最新の取り組みをまとめた。
155Picks
【提言】ゴーン報道に違和感あり。日産の「大義」とは何か
NewsPicks編集部
|
「勝つか負けるかではなく、生きるか死ぬかの戦い」と強烈な危機感で社内外を鼓舞してきたトヨタ自動車の豊田章男社長。「我々はEV分野のパイオニアであり、リーダーだ」と本年10月のパリ・モーターショー...
12Picks
スバル除く5社減少 11月の米新車販売
共同通信
|
スバル除く5社減少 【ニューヨーク共同】トヨタ自動車など日本の自動車メーカー6社は3日、11月の米新車販売台数を発表した。スポーツタイプ多目的車(SUV)が好調だったSUBARU(スバル)を除く5社が前年実績を下回り、6...
10Picks
大手メーカーと軒並み提携…エヌビディアの自動運転戦略まとめ 半導体事業核にプラットフォーマーに AI開発にも注力、トヨタ自動車も技術採用
自動運転ラボ
|
創業者のジェンスン・フアンCEOが率いる米半導体大手のエヌビディア(NVIDIA)。ゲームやパソコン向けのGPU製品で瞬く間に名を馳せたが、近年は自動運転分野における急伸が著しく、自動運転開発に欠かせない存在になったといっても過言ではないほどだ。
190Picks
トヨタも出資「車内の赤ちゃんを救う」イスラエル企業の技術
Forbes JAPAN
|
10月も終わりだというのに、中東のイスラエルには真夏のような日差しが照りつけていた──。その日、テルアビブ市内の広場に集まったスタートアップは70社以上。気温30度を超える屋外に、自動運転車に必須のLiDARやセンサー、各種のIoTデバイス・・・
13Picks
トヨタ、来年1月からの新役員体制は「その道のプロを縦横に」
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車は2019年1月1日付の新役員人事と組織改正を発表した。幹部職を新設し、常務役員、常務理事と、部長や主査などに当たる基幹職1級、主査や室長などの基幹職2級を統合する。専務役員の役職は執行役員に変える。また技術系を中心に組織を再編し、部の数を239から220に減らす。組織と役員体制をスリム化し、経営の加速と人材育成の強化を狙う。豊田章男社長は「階層を減らすことによって、これまで以上...
29Picks
服部勇馬、日本勢14年ぶりの優勝 福岡国際マラソン:朝日新聞デジタル
朝日新聞デジタル
|
第72回福岡国際マラソン選手権大会(日本陸上競技連盟、朝日新聞社、テレビ朝日、九州朝日放送主催、マイナビ特別協賛)は2日、初出場の服部勇馬(25)=トヨタ自動車=が2時間7分27秒で日本勢で14年ぶ…
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ