新着Pick
SPD04QPI2TH6738L

トヨタ自動車 株式会社

トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
愛知県豊田市トヨタ町1番地
0565-28-2121
詳細を見る
代表者
取締役社長 豊 田 章 男
設立年月日
1937-08-28
従業員数
373,272 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
39 歳
平均年収
8,319,000 円
上場市場
東証1部,名証1部,OTCピンクシート,ウィーン証券取引所,シンガポール証券取引所(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ニューヨーク証券取引所(ADR),ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,フランクフルト証券取引所,フランクフルト証券取引所(ADR),ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所(ADR),ロンドン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
12Picks
トヨタ、再生エネルギーに100億円 ファンド設立:朝日新聞デジタル
朝日新聞デジタル
|
トヨタ自動車と独立系投資会社のスパークス・グループは19日、再生可能エネルギーを扱う発電所に投資するファンドを設立すると発表した。将来は投資先の発電所からトヨタの工場や販売店へ電力を供給することも検…
10Picks
テスラを徹底解剖!自動運転やAI戦略の現状解説&まとめ イーロン・マスク氏、過去にトヨタ自動車と提携も
自動運転ラボ
|
アメリカ電気自動車(EV)大手のテスラ・モーターズ。CEO(最高経営責任者)を務めるイーロン・マスク氏の破天荒な言動がたびたび注目を浴びており、その存在感は自動車業界にとどまらない。電気自動車だけではなく、特に近年注目を集めているのが自動運転やAI(人工知能)分野でのテスラ社の取り組みだ。マスク氏率いるテスラ社について、沿革からマスク氏のキャラクターまで調べ上げ、改めて自動運転戦略を浮き彫り...
8Picks
トヨタ、グーグル「アンドロイド・オート」対応へ舵-関係者
Bloomberg
|
トヨタ自動車は同社の車をグーグルの「アンドロイド・オート」に対応させることで合意した。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。これまでトヨタは、アンドロイド端末を自動車のインフォテインメント(情報・娯楽)システムと連動させるシステムであるアンドロイド・オートに対し、安全性とセキュリティーの面で懸念があるとして抵抗を示してきた。
12Picks
「世界一高いレベル」 自工会・豊田章男会長が自動車の税負担軽減訴え
産経ニュース
|
日本自動車工業会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は20日、東京都内で定例会見を開き、自動車保有者の税負担が「世界一高いレベルだ」として、平成31年度税制改正で政府・与党に抜本改革を求める考えを示した。また、来年10月予定の消費税増税が、国内需要を30万台押し下げる懸念があると指摘。業界が電動化や自動運転などの変革期を迎える中、米国は輸入車への追加関税を検討。山積する課題に対応するためにも国...
391Picks
トヨタが描く自動運転技術の未来、主役はあくまでドライバー
Bloomberg.com
|
ジョン・レオナルド氏が米マサチューセッツ工科大学(MIT)キャンパスにある平屋建ての殺風景なガレージのドアを開けると、中にはトヨタ自動車のセダン「レクサス LS 600hL」があった。レオナルド氏の説明によれば、この銀色のレクサスには最大200メートル離れた人や物体を感知・特定して反応するレーダーやビデオカメラ、レーザーが装備されている。
13Picks
自動運転の最終形「レベル5」の現状解説&各社計画まとめ トヨタ自動車やテスラの展望は? ルールやインフラ整備が鍵
自動運転ラボ
|
自動運転の最終形と言われる「自動運転レベル5」。ハンドルやアクセル・ブレーキなどは基本的に必要なくなり、自由な空間で自由な移動を楽しめるクルマの誕生は、モビリティに対する考え方を一変させる。実用化される頃には、取り巻く交通環境も今とは異なったものになっているだろう。
14Picks
イケア、自動運転向け家具事業に参入…7デザイン案を発表、トヨタ自動車やテスラの標準家具に!?
自動運転ラボ
|
家具販売の世界最大手イケア(本社:スウェーデン)が、自動運転車向けの家具デザインに本格的に取り組んでいることが2018年9月18日、明らかになった。同社がデンマークに構える研究機関「SPACE10」が公式サイトで7つのデザインを発表。大手家具チェーンの自動運転向け家具事業への参入は世界初とみられる。
24Picks
"真の自動運転"と呼べる「レベル4」を完全解説&現状まとめ トヨタ自動車や日産の実現目標は?
自動運転ラボ
|
自動運転レベル3(条件付き運転自動化)搭載車両の市販化が世界で始まっている。次の市販化のハードルは自動運転レベル4(高度運転自動化)となった。運転においてドライバーとシステムが混在するレベル3に対し、レベル4は基本的にシステムが運転を担うこととなる。レベル4以上が本当の意味での自動運転とする自動車メーカーは多く、ここに重点を置いた開発に力を注いでいる。
49Picks
【完全図解】さよなら、ガソリン車。EV革命を起こす注目技術を超解説
Beyond
|
2050年、日本国内ガソリン車廃止へ。世界各国も電気自動車導入へ本腰を入れ始めています。そこで、EVの新たなバッテリー「全固体電池」が注目されています。電気自動車に注力しているトヨタやテスラが開発に莫大な資金を投入しているのです。全固体電池はスマートシティや新たなモビリティにも応用され、電気自動車だけでなく、私たちの生活そのものを変えると言われています。本記事では、EVを取り巻く環境と課題、...
17Picks
IT部門の苦悩(14):日本企業の「トヨタシンドローム」がITの有効活用を阻む
ZDNet Japan
|
今回は、日本企業が持つ企業文化がITに悪影響を与えることに言及する。筆者は日本において、最も尊敬される企業がトヨタ自動車であるということが、他の日本企業のIT導入を阻んでいると考えている。今回はその理由について考察する。
23Picks
トヨタ:吉利にHVユニット販売検討、中国と関係深化-関係者
Bloomberg.com
|
トヨタ自動車が中国の吉利汽車に対し、ハイブリッド車(HV)の基幹ユニットを販売する方向で検討していることがわかった。現地では燃費規制の達成に頭を悩ませる自動車メーカーが多く、中国事業強化を目指すトヨタは得意のHV技術での貢献を通じて販売拡大を図る。
12Picks
夢の技術とも思われた5バルブエンジンはなぜ消えたのか?
WEB CARTOP
|
一気筒に5つのバルブが付いた、5バルブエンジン。国産メーカーでトヨタや三菱車、輸入メーカーではフェラーリやアウディなどが採用していた。かつてヤマハはF1用エンジンにも5バルブを用いるなど、次世代技術のように感じられたが、現在は姿を消している。なぜ消えたのだろうか?
433Picks
トヨタが本気で取り組む"自動車のミライ" - 販売数減でも稼働率向上のカラクリ
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
|
2018年4月、政府は自動車の「自動運転に係る制度整備大綱」を策定したが、世界的にはさらに包括的な観点から「人の移動に関する革命」が進…
23Picks
ゼロから学ぶライドシェア…基礎知識や提供企業まとめ 移動イノベーションにスタートアップ参戦、トヨタ自動車も!?
自動運転ラボ
|
インターネットを活用し、遊休資産の活用を図るシェアリングエコノミー。自動車関連では、カーシェアリングをはじめ駐車場シェアリングなどが日本国内でも事業化されているが、世界で急成長を遂げているライドシェアリングについては消極的に感じる。
10Picks
トヨタ自動車の最新人事…AI自動運転やMaaS事業部関連 製造業・IT業界も必見
自動運転ラボ
|
トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市/代表取締役社長:豊田章男)は2018年9月13日までに、基幹職1級の人事異動について発表した。発表は9月1日付。
53Picks
訂正:インタビュー:車載用電池材料、トヨタとパナ以外考える段階にない=住友鉱社長
Reuters
|
[東京 13日 ロイター] - 住友金属鉱山 <5713.T>の野崎明社長は13日、ロイターとのインタビューで、電気自動車(EV)向けの電池材料事業はパナソニック <6752.T>とトヨタ自動車 <7203.T>向けに事業を行っており「それ以外のことは考える段階にない」と述べた。パナソニックが電池を供給している米EV大手テスラ<TSLA.O>の生産も軌道に乗ってきており、住友鉱の正極材料工場も「フルキャパシティー」で対応している状況だ。
24Picks
723万円の水素自動車を“タダ”で購入。補助金半端ないって! --- 益満 寛志
アゴラ 言論プラットフォーム
|
東京・元港区議の益満寛志です。 日々の貧乏生活の中でも無料で楽しめる自動車ディーラー巡りを1つの趣味としているのですが、天下のトヨタ自動車に超絶お買い得すぎる1台があったのでついつい買ってしまいました。 その名も「ミライ
74Picks
トヨタ、世界生産過去最高へ 18年1059万台、一転増
共同通信
|
トヨタ、世界生産過去最高へ トヨタ自動車がグループのダイハツ工業と日野自動車を含む2018年の世界生産計画を前年比1.2%増の1059万4千台に引き上げたことが13日、分かった。中国の販売が好調で、前年比0.7%減の1039万7...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ