新着Pick
SPD04QPI2TH6738L

トヨタ自動車 株式会社

トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカー。トヨタグループの中核企業であり、源流は豊田自動織機である。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」。トヨタグループ内では「TMC」の略称で表記される。 ウィキペディア
愛知県豊田市トヨタ町1番地
0565-28-2121
詳細を見る
代表者
取締役社長 豊 田 章 男
設立年月日
1937-08-28
従業員数
371,286 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
39 歳
平均年収
8,523,000 円
上場市場
東証1部,名証1部,OTCピンクシート,シンガポール証券取引所(ADR),スイス証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ニューヨーク証券取引所(ADR),ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,フランクフルト証券取引所,フランクフルト証券取引所(ADR),ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所(ADR),ロンドン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
188Picks
マツダ、トヨタと共同開発の自動運転車でロータリーエンジン復活へ
Bloomberg
|
(Bloomberg) --マツダはほぼ半世紀かけて完成させたロータリーエンジンの生産を2012年に停止した。そして今、マツダはこの伝統技術を思いも寄らないような場所で復活させようとしている。それはトヨタ自動車と共同で開発を進める、ピザから人まであらゆるものを運ぶバッテリー駆動の自動運転車だ。
53Picks
独VW、17年のグル―プ販売台数は4.3%増 トヨタ上回る公算
Reuters
|
[フランクフルト 17日 ロイター] - ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は2017年のグループ全体の販売台数が前年比4.3%増の1070万台になったと発表した。販売台数の首位争いで、2017年もトヨタ自動車<7203.T>を上回る公算が大きくなった。
14Picks
トヨタ、新型アバロン公開=対話型AIを初搭載-北米自動車ショー
時事通信社
|
 【デトロイト時事】トヨタ自動車は15日、米デトロイトで開催中の北米国際自動車ショーで、大型セダン「アバロン」の新型モデルを公開した。同社の乗用車として初めて音声対話型の人工知能(AI)によるア...
9Picks
なぜトヨタは全車種の"電動化"を焦るのか - もうこれまでの常識は通用しない
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
|
クルマの電動化が加速している。トヨタは2025年頃までにエンジン車のみの車種をゼロにすると発表した。豊田章男社長は「生きるか死ぬかの戦…
99Picks
クルマの全てを変える自動運転時代のイメージセンサー。王者ソニーの苦闘と挑戦
AV Watch
|
今年のCESでソニーは、自動運転向けの画像センサーに関し、パートナーとなる自動車関連メーカーを公開した。自動車メーカーとしてはトヨタ、日産、KIA、ヒュンダイ、自動車系部品メーカーはボッシュ、デンソー、MobileyeにNVIDIAと、トップメーカーの名がずらりと並んだ。
852Picks
トヨタの本気、B2B電気自動車「e-Palette」が凄いと言われる理由 —— アマゾン、Uber、中国DiDiが参画:CES2018
Business Insider Japan
|
トヨタe-Paletteとそのパートナー企業。右がトヨタ自動車の豊田章男社長。パートナーには、アマゾン、Uber、中国の配車アプリ大手DiDiらも名を連ねる大掛かりなものだった。 ...
231Picks
トヨタ、アマゾンの音声AI「Alexa」導入へ —— すでに6カ月間、車に置いて使っている私の評価は?
Business Insider Japan
|
Cork Gaines/Business Insider トヨタ自動車は1月9日、ラスベガスで始まったCESにおいて、アマゾンの音声AIア...
20Picks
トヨタ自動車が車載Linux「AGL」を車載情報機器に全面採用、「他社も続く」
MONOist
|
トヨタ自動車が車載Linux「Automotive Grade Linux(AGL)」を用いた車載情報機器の全面採用を決めた。2017年夏発売の新型「カムリ」の車載情報機器にAGLを採用してしたが、これを今後発売する全ての新型車に広げていくことになる。
438Picks
アマゾン「アレクサ」、一部トヨタ車両に搭載へ-今年から
Bloomberg
|
(Bloomberg) --米アマゾン・ドット・コムの音声アシスタント「アレクサ」が、今年からトヨタ自動車の「トヨタ」「レクサス」車両の一部に搭載される。アレクサの利用を住宅以外にも広げるとしたアマゾンの取り組みが前進する。
888Picks
トヨタ:自動運転EVで宅配や移動ホテル-アマゾンなどと提携 (1)
Bloomberg
|
(Bloomberg) --トヨタ自動車はインターネット通販最大手の米アマゾン・ドット・コムやライドシェア大手のウーバー・テクノロジーズなどと提携し、自動運転や電動化技術を用いて小売りや外食、配送などさまざまな事業者が活用できる移動車両サービスに取り組むと発表した。
814Picks
自動車各社がカーシェア強化 所有→共有で販売に影響も 無視できぬ存在
産経ニュース
|
大手自動車メーカーが同じ車両を複数の利用者が使う仕組み「カーシェアリング」への対応を強化している。トヨタ自動車は4月に新サービスの提供を視野に会社を設立。日産自動車は今月、主に電気自動車(EV)を使ったカーシェアを始める。海外ではカーシェアのための機能を備えた新型車も登場しており、将来は自動運転技術との融合も見込まれる。ただ車の共有が一般的になれば販売への影響も避けられないため、メーカー側は...
16Picks
「クルマを所有しない時代」に向けたトヨタの答え
MONOist
|
トヨタ自動車は2018年1月8日、消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2018」において、MaaS(Mobility-as-a-Service、自動車を所有せずサービスとして利用すること)向けの専用車両「e-Palette Concept」を発表した。
30Picks
「未来を逆算して考える」ためにパナソニックが取り組んでいること|田原総一朗「人工知能をゼロから学ぶ」
クーリエ・ジャポン
|
ジャーナリストの田原総一朗がゼロから人工知能に挑む大型連載。トヨタに続いて取り上げるのはパナソニックだ。日本有数のメーカーはAIによる社会の変化にどう対応しようとしているのか。パナソニック。かつての松下電器は、日本の代表的な総合家電メーカーであった。私は、創業者の松下幸之助氏には何度も会っている。松下氏に、役員や関連会社の社長に抜擢するのは、どういう人物なのか、人物のどこを見るのか、と問うたことが
18Picks
【CES 2018】トヨタ、豊田章男社長がCESでプレゼン。自動運転技術を活用したモビリティサービス専用EV「e-Palette Concept」発表
Car Watch
|
トヨタ自動車は1月8日(現地時間)、自動運転技術を活用したモビリティサービス専用次世代EV(電気自動車)「e-Palette Concept」を公開。新たなモビリティサービスを実現するためAmazon、Didi Chuxing、Pizza Hut、Mazda、Uberなどと提携して2020年代前半にサービス実証を目指す。
12Picks
トヨタ、Appleの「CarPlay」を採用 北米のハイエンドモデルで
ITmedia エンタープライズ
|
トヨタもようやくAppleの車載システム「CarPlay」を採用する。北米で販売する高級車「Avalon」の2018年春の新型車の9インチディスプレイで利用できるようになる。
13Picks
アマゾンやUberと組んだトヨタは、新しい自律走行車で「モビリティ企業」に転身できるか
WIRED.jp
|
トヨタ自動車がアマゾンやUber、ピザハットなどと提携し、宅配や小売り、カーシェアなどに使える多目的の自律走行車を発表した。従来型の自動車メーカーから脱却し、「モビリティ企業」へと転身を図る試みは、果たして成功するのか。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ