新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD039QJ37GUQLH5

株式会社新潮社

株式会社新潮社(しんちょうしゃ)は、日本の出版社。 ウィキペディア
東京都新宿区矢来町71
詳細を見る
概要
1896年7月に創業された新聲社が前身。田山花袋などの自然主義者の書籍を出版していた。1914年には新潮文庫を創刊した。他にも単行本、全集などを多数発行している。

文芸雑誌は1904年創刊の文芸誌『新潮』の他に、第二次世界大戦後の1947年に創刊された中間小説誌『小説新潮』などを発行している。週刊誌は1956年創刊の『週刊新潮』が初めての出版社系週刊誌として成功を収める。

1981年には日本初の写真週刊誌『FOCUS(フォーカス)』を創刊。『フォーカス』は法廷を隠し撮りした未成年(14歳)の容疑者の写真を掲載したりするなど、過激な編集方針で一時期には発行部数200万部強までになったが、1990年代後半に売れ行きが悪化し2001年に休刊。スポーツ年鑑『ウィナーズ』や、タレント・グラビアアイドルの写真ムック『月刊~』(不定期)の発行、『nicola』、『週刊コミックバンチ』の創刊(2010年8月休刊)、女性誌での『旅』の再創刊(2012年3月休刊)に踏み切り、従来の路線からは大きく転換された。また新潮文庫もサブカルチャー面での刊行を多くした。

社長職は創業者佐藤義亮から、代々世襲によって引き継がれている同族企業である。第2代佐藤義夫(長男)、第3代佐藤俊夫(次男)、第4代 佐藤亮一(義夫の息子)を経て、現社長の佐藤隆信(亮一の息子)が第5代目である。なお新潮社相談役の佐藤俊一は、俊夫の息子にあたる。

東京都新宿区矢来町に、広大な不動産を持っていることでも知られている。
代表者
佐藤隆信(代表取締役社長)
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
14Picks
東野幸治「40代は年下の話を聞いたほうがいい」
東洋経済オンライン
|
2月27日に発売されたエッセイ集『この素晴らしき世界』(新潮社)では、師匠クラスからいまいち売れ切れていない芸人まで、多岐にわたるよしもと芸人31人の生態を、独自の視点でつづった東野幸治(敬称略)。同月…
736Picks
【10分読書】金融緩和のカラクリを、「歴史」から学ぶ
NewsPicks編集部
|
本の要約サイト「フライヤー」とコラボし、毎週土曜日に話題のビジネス本の要約をお届けする「10分読書」。今回は、『マネーの魔術史』(新潮社)だ。ぜひ、週末のひとときで新たな知識を手に入れてほしい。...
52Picks
INTERVIEW: ドミニク・チェン「ディープテックとは、他者との共在感覚を延伸する技法を編み出すこと」
WIRED.jp
|
デジタルウェルビーイング、発酵メディア研究、ディープテック。『WIRED』日本版の特集や連載でおなじみのドミニク・チェンが、5年ぶりに満を持して書き上げた新著『未来をつくる言葉―わかりあえなさをつなぐために』(新潮社)が刊行され、大きな話題を呼んでいる。海外からインポートされたコンセプトやトレンドではなく、自身の生い立ちや娘との関係性といった実際の経験から紡ぎ出される新しいウェルビーイングの...
11Picks
専門家を軽視し、不安を利用する日本の政治…新型コロナが示したこと
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
カミュの『ペスト』が売れている。文庫版の版元である新潮社は、急遽4000部の増刷を決めたという。ペストの感染拡大によって封鎖されたアルジェリアの都市オランを舞台に、医師とその仲間たちが閉鎖環境の中で苦闘するというノーベル賞作家のこの小説が、新型コロナウイルスの感染拡大におびえる人々の不安と共振しているのだろう。
1009Picks
伝説のリーダーたちが薦める「2017年に読むべき本」(後編)
Inc.
|
■『すべての見えない光』アンソニー・ドーア著(邦訳:新潮社)「人を思いやること、勇気ある行動の大切さ、そして誠実と道徳に重きを置いたメッセージが伝わってくる」■『The Candy Bomber...
31Picks
「海外に出ない」日本の若者が気付けない自らの「貧困」(新潮社 フォーサイト)
Yahoo!ニュース
|
昨年秋、50代の夫婦が、シンガポールに赴任している娘を訪ねた。娘は誰もが知る日本の大手物流会社で働く。夫婦は航空会社の規定いっぱいのスーツケースにギッシリと荷物を詰め込み、娘の元へと運んでいった - Yahoo!ニュース(新潮社 フォーサイト)
456Picks
「新潮45」休刊、社長処分 LGBT表現で批判受け
共同通信
|
「性的少数者(LGBT)への表現が差別的だとの批判を受けている月刊誌「新潮45」の特集を巡り、新潮社は25日、同誌の休刊を決めたと発表した。
453Picks
タモリも使っていた相手との距離を縮める魔法の言葉
ダイヤモンド・オンライン
|
タレントのタモリさんが「髪切った?」と聞くのは話すことがないから――。2013年に発売された『タモリ論』(新潮社)でそう分析された「髪切った?」という言葉。実はこの言葉には「いい空気をつくる」力があるのだと、人気ラジオDJの秀島史香さんはいいます。
333Picks
日本の すごい女性 100人
ROLA | 働く大人の女の子のごほうびマガジンROLA(ローラ)
|
新潮社の女性向けコラムマガジン。無料読み放題のエッセイ、コミック、小説、ビューティ、グルメ&トリップ記事は、全てここでしか読めないオリジナルコンテンツです! 毎週プチプレゼントがあるのもお楽しみ。
329Picks
発売前の本、webで無料公開 新潮社が2週間限定で 担当編集者に聞く
withnews.jp
|
新潮社が発売前の本をネット上で無料公開したことが話題になっています。
226Picks
「燃料電池車」は“ガラカー”になる:これだけの理由(新潮社 フォーサイト) - Y!ニュース
zasshi.news.yahoo.co.jp
|
Yahoo!ニュース(新潮社 フォーサイト) -  トヨタ自動車は12月15日に世界で初めてとなる市販の燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミラ
218Picks
村上春樹さん7年ぶり大作発売 本屋で徹夜で読む催しも
朝日新聞デジタル
|
村上春樹さん(68)の新作長編「騎士団長殺し」(2巻)が24日、発売された。久々の長編とあって読者の期待は高く、版元の新潮社は計130万部発行。都内の一部書店は日付が変わると同時に売り出した。 東京…
206Picks
電子書籍の次の柱に——大手出版社など16社、「日本オーディオブック協議会」設立
ITmedia eBook USER
|
出版業界としてオーディオブック市場を推進すべく、小学館・講談社・新潮社・KADOKAWA・オトバンクなど16社が協議会を設立。
179Picks
古い慣習にしばられた「音楽業界」が変わるために必要なもの
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
ストリーミングサービス普及で何が変わる? アーティストがクラウドファンディングを利用することをどう捉える? 音楽の「いい/悪い」と「好き/嫌い」の違いとは? チケット転売問題はどう解決できるの? 昨年11月に発売された『ヒットの崩壊』(講談社)著者である柴那典氏と、『1998年の宇多田ヒカル』(新潮社)、『くるりのこと』(同)著者の宇野維正氏による対談レポート!
176Picks
「わび・さび」の意味を説明できますか?
クーリエ・ジャポンの現場から(編集部ブログ)
|
こんにちは、ヨーロッパ班の松村です。 発売中のクーリエ・ジャポン6月号で、「日本に伝わる『美意識』は世界に誇れる文化です」という記事を担当しました。『千利休の功罪。』(阪急コミュニケーションズや『利休入門』(新潮社)とい [...]
173Picks
1%の超富裕層がいるから99%が貧しいわけではない!|「木村達也 ビジネスの森」
クーリエ・ジャポン
|
米国に37年暮らすエコノミストで『超一極集中社会アメリカの暴走』(新潮社)の著者、小林由美氏に格差の構造について話を聞く連載の後編。米国で貧富の差が広がる一方なのは、これまでとは問題の質が変化しているからだと、小林氏は言うが──。【前編はこちらから】グーグルやフェイスブックが情報と富を独占する世界で、日本はさらに「負け組」に堕ちる学生ローンに追われる米国の大学生木村達也(以下、木村) 超一極集中社
171Picks
「新潮社社長、1年間の新刊貸し出し猶予を要請へ」
TBS News i
|
「本の売り上げが減っているのは図書館の貸し出しの増加が一因である」として、新潮社の社長が、一部の新刊に限って図書館に対し1年間の貸し出しの猶予を求める考えを明らかにしました。
152Picks
「ブラッター会長辞任」では終わらないFIFA「巨額汚職事件」の後始末
ハフィントンポスト
|
FIFA(国際サッカー連盟)会長のゼップ・ブラッター氏が6月2日、会長辞任を表明した。
148Picks
朝日新聞、発行部数が5年で半減 新潮社「400万部を切ったとの噂」
ダイアログニュース
|
朝日新聞の発行部数が激減している。 新潮社のニュースサイトのデイリー新潮は5月6日、朝日新聞の社内事情を報じた。 同記事での朝日新聞OBの川村二郎氏によると、新聞の発行部数は「朝日が二月に公表した部数は五百万台だったが、社内では四百万部を切ったというのがもっぱらの噂だ」という。 朝日新聞社が公表した数値によると2017年3月期の朝日新聞朝刊の年間平均の発行部数は641万3000部だった。 4...
98Picks
「ほめちぎる」キャンペーン中止 新潮社、百田尚樹さん新刊小説で
共同通信
|
「ほめちぎる」キャンペーン中止 新潮社は5日、同社刊の作家百田尚樹さんの小説「夏の騎士」を巡り、「ほめちぎる読書感想文を募集!」など...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ