新着Pick
SPD02EWOQU0EIWZF

KDDI 株式会社

KDDI株式会社(ケイディーディーアイ、英:KDDI CORPORATION)は、日本の電気通信事業者である。 日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
東京都千代田区飯田橋3丁目10番10号ガーデンエアタワー
03-3347-0077
詳細を見る
概要
2000年に第二電電 (DDI)、ケイディディ (KDD)、日本移動通信 (IDO) が合併し、「株式会社ディーディーアイ」(通称及びロゴマークはKDDI)として発足する。2001年4月に合併時より通称として使用していた「KDDI」を社名とし「ケイディーディーアイ株式会社」に社名変更し、2002年11月に現社名の「KDDI株式会社」に変更。

NTT最大のライバル企業、新電電 (NCC) 最大手として認知されているが、前身企業に合併時多くのインフラや資産が継承された旧・国際電信電話(国際電電、KDD)があり、1953年に国際通信網整備のため旧・電電公社から分離・設立された特殊会社であったため、事実上NTTの兄弟企業である。

事業としては、国内・国際通信全般を手掛けており、主なものとして

・専用線(法人向け専用サービス、個人向け光ファイバーなど)サービス
・固定電話サービス
 ・直収電話(メタルプラス)
 ・全ての区分でマイライン登録が可能な中継電話・国際電話
 ・付加電話サービス(着信課金サービスの「フリーコールDX」・「フリーコールS」など)
・携帯電話(auブランド)
・プロバイダ(個人向けISPはau one netとして、法人向けは「KDDI」ブランドでサービスを展開)
・衛星電話(インマルサット・イリジウム)

等の電気通信役務を行う。

また、旧KDDに由来するNHKワールド・ラジオ日本や北朝鮮向け短波放送「しおかぜ」の電波を送信している八俣送信所(茨城県古河市)や、国際通信を行うKDDI山口衛星通信センター(山口県山口市)、海底ケーブルなどを保有している。

NTTグループに続いて、両事業において災害対策基本法に基づき内閣総理大臣の指定を受けた。よって、災害時においては、他の指定公共機関同士の通信を優先的に確保し、円滑に行う義務を負う。

なお、KDDIは電気通信事業法附則第五条の国際電電承継人であり、この規定により東日本電信電話株式会社(NTT東日本)や西日本電信電話株式会社(NTT西日本)とともに電報の事業に係る業務のうち受付及び配達の業務を行うことが認められている。

女性活躍推進に優れている企業を選定・発表している経済産業省と東京証券取引所との共同企画である「なでしこ銘柄」に第一回(平成24年度)から6年連続で選定されていた。
代表者
代表取締役社長 高橋 誠
設立年月日
1984-06-01
従業員数
41,996 人
上場年月日
1993-09-03
平均年齢
42 歳
平均年収
9,528,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
6Picks
「サステナブルな未来」になぜ通信技術が欠かせないのか。KDDIが取り組むSDGsとは
<PR>Business Insider Japan
|
[提供:KDDI] 2030年をゴールとした、SDGs(持続可能な開発目標)達成に向けて、いま企業はどうあるべきか——。通信サービスのパイオニアであるKDDIでサステナビリティ担当役員を務める田中稔さんとジェンダー・国際協力専門家の大崎麻子さんが、SDGsの持つ「変革力」について対談を行った。 「事業を通じた社会的活動...
2Picks
5G基地局の相互利用で合弁設立 KDDIとソフトバンク 通信エリア早期整備へ
産経ニュース
|
KDDI(au)とソフトバンクは1日、第5世代(5G)移動通信システムの通信網に使う基地局の共同利用などを担う合弁会社を設立したと発表した。地方で5Gの通信エリアを整備する際に、基地局に使う無線機やアンテナのほか、鉄塔などの周辺設備も含めて相互利用を進め、整備期間の短縮やコスト削減につなげたい考えだ。
2Picks
KDDIとソフトバンク、5Gの合弁会社「5G JAPAN」設立 基地局の整備と相互利用を推進
ITmedia NEWS
|
KDDIとソフトバンクは、合弁会社「5G JAPAN」を立ち上げた。地方における5G基地局などの整備を推進する。
1Pick
ソフトバンクとKDDI、地方での5G網整備で合弁設立 - ロイター
BLOGOS - 最新記事
|
[東京 1日 ロイター] - ソフトバンク<9434.T>とKDDI<9433.T>は1日、地方における次世代通信網「5G」ネットワークの早期整備するための合弁会社を設立したと発表した。両社が保有する基地局資産を相互利用するインフラシェアリングを推進し、地方での5G展開を加速する。「5G JAPAN」を1日付で設立した。5G基地局の工事設計や施工管理を手掛ける。社長(co-...
1Pick
KDDIとソフトバンク、地方の5G早期整備を推進する合弁会社
BITDAYS - デジタル時代のクロステックメディア
|
KDDIとソフトバンクが4月1日(水)、地方における5G(第5世代移動通信システム)ネットワークの早期整備を共同で推進するための合弁会社「5G JAPAN」を設立しました。
3Picks
KDDI、LPWAを活用したガスプラットフォームサービスを開始
ZDNet Japan
|
KDDIは、IoT向け通信のセルラーLPWAを活用したガスの遠隔自動検針や契約者との新たな接点を創出するガスポータルを合わせた「KDDI ガスプラットフォームサービス」を提供する。
9Picks
ライブ配信「SHOWROOM」がKDDIと業務提携、縦型動画コンテンツ「smash.」開始
THE BRIDGE
|
ライブ配信プラットフォームSHOWROOMは3月23日、KDDIとの業務提携契約を公表した。5G時代の新しい動画視聴体験の提供を目的としたもので、あわせて「KDDI Open Innovation Fund」を通じて、同社に出資があったことも明らかにしている。出資額などの詳細は開示していない。 「SHOWROOM」は、出演者と視聴者がギフティングやコメントを通じたリアルタイムコミュニケーショ...
3Picks
「5G参入できずとも、我々が日本市場に存在する意味はある」ファーウェイ日本法人会長が力説
Business Insider Japan
|
高速・大容量の次世代通信規格「5G」の商用サービスが3月25日、日本でも始まった。 NTTドコモが先陣を切りau、ソフトバンクも27日までにサービスを開始した。キャリア3社は5G対応端末も発表し、KDDIは日本に進出して4カ月の中国メーカーXiaomi(小米科技)のスマホを採用した。 一方、グローバ...
2Picks
クラウドや通信回線、デバイスをワンストップで提供するIoTサービス開始
MONOist
|
KDDIは、クラウドと通信回線、通信デバイスをパッケージ化した「グローバルIoTパッケージ」サービスの提供を開始した。拡張性の高いクラウド、グローバルローミングSIM、電波法認証済み端末がセットになっており、端末1台から利用できる。
4Picks
ついに始まった「5G」とその課題。時間と「4Gでのカバー」が当面必須【西田宗千佳のイマトミライ】
Impress Watch
|
日本でもようやく5Gのサービスが始まった。先々週にNTTドコモが、先週にKDDIが発表を行なったことで全社の陣容がようやく出揃い、3月25日にはNTTドコモ、26日にはKDDI、27日にはソフトバンクと、相次いでサービスがスタートした。「3月中」という公約をなんとか果たしたような形である。
14Picks
大企業で新規事業が“難航”する理由--それを覆したKDDI流の組織メソッドとは
CNET Japan
|
ビジネスカンファレンス「CNET Japan Live 2020」。2月18日のキーノートセッションでは、5Gサービスの開始を目前に控えたKDDI 経営戦略本部 KDDI DIGITAL GATE センター長の山根隆行氏が登壇。デジタルトランスフォーメーション(DX)やイノベーションを実現する組織に必要となる事柄について、自社での取り組みを交えて語った。
25Picks
「5G料金競争」KDDIの徹底した“後出しジャンケン”に見るしたたかさ
Business Insider Japan
|
3月25日にNTTドコモ、26日にKDDI、27日にソフトバンクと、3キャリアが相次いで5Gサービスを開始する。 今後10年、通信業界のみならず、あらゆる産業に変革をもたらすと期待される5G。世間にインパクトがあるため、各社とも料金プランが事前に漏れないよう、トップシークレットの扱いとなっていた。そ...
27Picks
携帯3社の5G、予想を遥かに超える『期待はずれ』のワケ(石川温)
Engadget 日本版
|
今週、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが続々と5Gをスタートさせる。 注目の通信料金は、NTTドコモが4Gの「ギガホ」に500円アップで「5Gギガホ」を提供。KDDIとソフトバンクは基本4Gのプランを移行させるが、5Gの料金として1000円を追加する予定だ。ただし、2年間はキャンペーンとして無料になる。 そんななか、予想を遥かに超える「期待はずれ」で終わったのが5Gのエリアだ。 ソフトバ...
128Picks
「後発だから勝てない」なんて信じなかった。宿泊予約『Relux』成長の裏側、篠塚孝哉と振り返る9年間
キャリアハック
|
群雄割拠、宿泊予約サービスの後発としてグロースし続けてきた『Relux』。登録者数200万人超、年間流通額180億円へ。いかにポジションを築いたのか。2013年のローンチからKDDIグループ入りまで、その軌跡を篠塚孝哉さん(Loco Partners創業社長/2020年3月24日 代表退任)と追った。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ