新着Pick
SPD02EWOQU0EIWZF

KDDI 株式会社

KDDI株式会社(ケイディーディーアイ、英:KDDI CORPORATION)は、日本の電気通信事業者である。 ウィキペディア
東京都千代田区飯田橋3丁目10番10号ガーデンエアタワー
03-3347-0077
詳細を見る
概要
2000年に第二電電 (DDI)、ケイディディ (KDD)、日本移動通信 (IDO) が合併し、「株式会社ディーディーアイ」(通称及びロゴマークはKDDI)として発足する。2001年4月に合併時より通称として使用していた「KDDI」を社名とし「ケイディーディーアイ株式会社」に社名変更し、2002年11月に現社名の「KDDI株式会社」に変更。

NTTの最大のライバル企業、いわゆる新電電 (NCC) の最大手として認知されているが、前身企業のひとつに、合併時に多くのインフラや資産が継承された旧・国際電信電話(国際電電、KDD)があり、1953年に国際通信網整備のために旧・電電公社から分離・設立された特殊会社であったため、事実上NTTの兄弟企業ともいえる。

事業としては、国内・国際通信全般を手掛けており、主なものとして

・専用線(法人向け専用サービス、個人向け光ファイバーなど)サービス
・固定電話サービス
 ・直収電話(メタルプラス)
 ・全ての区分でマイライン登録が可能な中継電話・国際電話
 ・付加電話サービス(着信課金サービスの「フリーコールDX」・「フリーコールS」など)
・携帯電話(auブランド)
・プロバイダ(個人向けISPはau one netとして、法人向けは「KDDI」ブランドでサービスを展開)
・衛星電話(インマルサット・イリジウム)

等の電気通信役務を行う。

また、旧KDDに由来するNHKワールド・ラジオ日本や北朝鮮向け短波放送「しおかぜ」の電波を送信している八俣送信所(茨城県古河市)や、国際通信を行うKDDI山口衛星通信センター(山口県山口市)、海底ケーブルなどを保有している。

NTTグループに続いて、両事業において災害対策基本法に基づき内閣総理大臣の指定を受けた。よって、災害時においては、他の指定公共機関同士の通信を優先的に確保し、円滑に行う義務を負う。

なお、KDDIは電気通信事業法附則第五条の国際電電承継人であり、この規定により東日本電信電話株式会社(NTT東日本)や西日本電信電話株式会社(NTT西日本)とともに電報の事業に係る業務のうち受付及び配達の業務を行うことが認められている。

女性活躍推進に優れている企業を選定・発表している経済産業省と東京証券取引所との共同企画である「なでしこ銘柄」に第一回(平成24年度)から6年連続で選定されている。
代表者
代表取締役社長 高橋 誠
設立年月日
1984-06-01
従業員数
41,996 人
上場年月日
1993-09-03
平均年齢
42 歳
平均年収
9,528,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
4Picks
KDDIとみんなのタクシー、「多言語音声翻訳システム」の実証実験
自動運転ラボ
|
KDDI株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:髙橋誠)とタクシー配車アプリ「S.RIDE」を展開するソニー系のみんなのタクシー株式会社(本社:東京都台東区/代表取締役社長:西浦賢治)は2019年11月14日まで […]
6Picks
漁業、農業へのAI、IoT活用は実用段階へ--KDDIが手がける5つの事例
CNET Japan
|
10月30日に開催された“食”とテクノロジーがテーマのカンファレンスイベント「CNET Japan FoodTech Festival 2019」で、大手通信事業者のKDDIが講演を行った。同社で地方創生という課題に取り組んでいる石黒氏が登壇し、日本の“食”の大元となる漁業と農業に、先端テクノロジーをもつKDDIらしい手法で関わっている5つの実例を取り上げた。
2Picks
自動運転タクシーの実用化に向けKDDIら5社が協業、20年夏に都内で実証実験
週刊BCN+
|
ティアフォー(武田一哉社長)、JapanTaxi(川鍋一朗社長)、損害保険ジャパン日本興亜(西澤敬二社長)、KDDI(高橋誠社長)、アイサンテクノロジー(加藤淳社長)の5社は、自動運転タクシーの事業化に向けて、サービス実証実験を共同で進めることで協業する。
9Picks
年収の上限なし KDDIが「イノベーション人材」の募集を開始 年齢や経歴も不問
ITmedia ビジネスオンライン
|
KDDIが「イノベーション人材」の採用を開始した。年齢や経歴は問わず、年収に関しても上限を設けないという。今回が2回目となる採用で、前回は40代の広告事業経験者を採用した。5Gの本格展開を控え、新たな領域でのサービス開発を担う人材を採用する狙いがある。
3Picks
自動運転タクシーの実用化に向け協業、KDDIら5社 20年夏に都内で実証実験
ITmedia NEWS
|
JapanTaxi、KDDIなど5社が、自動運転タクシーの実用化に向けて協業すると発表。タクシー業界のドライバー不足などの課題に取り組む。2020年夏をめどに、都内で自動運転タクシーの実証実験を行う予定。
2Picks
一部のauケータイ向けサービス、2021年に終了へ スマホ普及で利用者減
ITmedia NEWS
|
KDDIが一部のauケータイ向けサービスの提供を2021年に終了すると発表した。スマートフォンの普及で利用者が減ったことが理由。
47Picks
5G、重大な健康被害示す研究相次ぐ…世界で導入禁止の動き、日本では議論すら封印
ビジネスジャーナル
|
次世代通信規格「5G」を日本でも導入するというが、心配の種が尽きない。2020年春からの本格導入を目指し、総務省はNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンク、楽天モバイルへ電波(周波数帯)を割り当てた。今年4月以降、日本各地で基地局の設置が進んでいる。
570Picks
KDDIが社員の服装規定を廃止。「男性だからスーツ」の固定観念を見直し
Business Insider Japan
|
携帯電話大手のKDDIが、一般社員に一律に設けていた服装規定を廃止する。今後は「根拠が希薄」だったり、「性別」を理由にした服装の強制をしないよう、指導していくという。 「根拠が希薄」はNG、大切なのは「男女の公平性」 KDDIは2019年10月1日付けで、一般社員に設けていた全社一律の服装に関する規...
10Picks
日立物流とKDDI、5Gを活用した物流の高度化に向けた実証実験を開始
週刊BCN+
|
日立物流(中谷康夫社長)とKDDI(高橋誠社長)は、第5世代移動通信システム(5G)を活用した物流の高度化に向けた実証実験を開始することに合意した。
49Picks
KDDI、月額1000円からのタブレット向け新プラン 「2年契約N」対象、違約金は1000円に
ITmedia NEWS
|
KDDIが4G LTEタブレット向けの新料金プランを11月1日から提供すると発表。「タブレットデータシェアプラン」「タブレットプラン20」の2種類。2年定期契約を途中解約した場合の契約解除料を1000円に抑えた「2年契約N」を適用できる。
15Picks
KDDIが推進「5GでSDGs」の中身
ニュースイッチ
|
KDDIは2019年度から3年間の中期経営計画の事業戦略の一つとして、持続可能な開発目標(SDGs)を掲げる。高橋誠社長を座長とする「サステナビリティ委員会」を立ち上げ優先的に取り組むSDGsを選定。得意とする情報通信技術(ICT)を用いて地方創生や教育事業などを展開し、地方が抱える社会課題の解決に取り組む。 「自社事業を通じて社会課題を解決し、当社の取り組みが企業価値の向上につながっている...
17Picks
トヨタ自動車本体がリードしたラウンドで10億円超を調達したオプティマインドとは?
TechCrunch Japan
|
名古屋を拠点とするオプティマインドは10月24日、トヨタ自動車をリードインベスターとして、MTG Ventures、KDDIが設立しグローバル・ブレインが運営するKDDI Open Innovation Fund 3号、ほか1社を引き受け先とする第三者割当増資により、総額約10億1300万円の資金を調達した。 オプティマインドは、ラストワンマイルの物流ルート最適化を目指す古屋大学発のスタート...
269Picks
衝撃の「NVIDIA、通信業界に“再参入”」。KDDIとSBが採用表明した“ソフトウェア化する5G基地局”とは
Business Insider Japan
|
半導体メーカーNVIDIA(エヌビディア)のCEO、ジェンスン・フアン氏は、10月22日(現地時間)から開催される通信関連のイベント「MWC Los Angles 2019」のパートナープログラム講演に登壇した。 2017年まではCTIAワイヤレス、2018年からはMWCの主催者であるGSMAとパー...
152Picks
【森岡康一】大公開、スタートアップと大企業が組むための「流儀」
NewsPicksアカデミア
|
森岡 私自身は現在、KDDIの子会社であるSupershipホールディングスの代表取締役をしています。電通も出資している会社で、大企業とうまく組みながら成長しています。2014年10月に設立され...
83Picks
じぶん銀行社長に聞く「老後2000万円問題」――顧客第一主義を貫き資産運用を“再発明”する
ITmedia ビジネスオンライン
|
金融庁の「老後資産2000万円」報告書がきっかけとなり、日本でも資産運用への関心が高まっている。一方、資産運用を始めようとしても、「投資は危険」「金融機関にだまされる」などといったネガティブな印象を抱いている人が多いのもまた現実だ。KDDIと三菱UFJ銀行が共同出資して設立したインターネット銀行・じぶん銀行の臼井朋貴社長にインタビューし、同行が金融機関として個人の資産運用をどのようにサポート...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ