新着Pick
SPD02A98MCQ3R48U

Alibaba Group Holding Ltd

阿里巴巴集団(アリババジタン、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア
969 West Wen Yi Road Yu Hang District Hangzhou, Zhejiang China
+86 571 8502 2077
詳細を見る
概要
1999年3月創業。企業間電子商取引をサポートするマッチングサイト「阿里巴巴 (Alibaba.com; アリババ・コム)」が多くの会員を集め瞬く間に急成長。

以降、電子商取引サイト「淘宝網 (Taobao.com)」、検索サイト「Yahoo!中国雅虎」、電子マネーサービス「支付宝 (Alipay)」、ソフトウェア開発会社「阿里軟件 (Alisoft)」(現在はアリババドットコムとアリババクラウドコンピューティングに合併) などの会社を設立または買収し傘下に収める。

国際的な知名度を高めたのは、2005年に行ったYahoo!中国の買収案件を成立させたことから。この際、アメリカYahoo!は阿里巴巴集団の株を入手し、2007年現在筆頭株主となっている。

創業者は馬雲(马云)。
アメリカ検索サイト大手ヤフーの創業者ジェリー・ヤン、ソフトバンクの孫正義と交流があり、2007年からソフトバンク取締役を務める。

2007年11月に阿里巴巴網絡有限公司(アリババ・ドットコム)を香港証券取引所のメインボードに上場、時価総額2兆円を超え当時世界史上最大のIPOとして話題を呼んだ。2012年6月、アリババ・グループによる株式公開買付けにより、香港証券取引所の上場を廃止。買付け価格は、上場公募時の価格と同じ一株13.50香港ドルであった。

2014年、ロスチャイルドを財務アドバイザーに起用し、ニューヨーク証券取引所に上場した。上場の準備段階でフィデリティ・インベストメンツを自社の金融仲介に参加させていた。2015年、スナップチャットに2億ドルの出資を予定。

2015年からトヨタ自動車に代わり8年契約でFIFAクラブワールドカップの協賛スポンサーに就いている。2018年より10年契約で国際オリンピック委員会 (IOC)の13社目(トヨタなどに続く)のワールドワイドパートナーとなることも発表されている。子会社のアリスポーツはアジアオリンピック評議会(OCA)と提携してエレクトロニック・スポーツをアジア競技大会のメダル種目にすることを発表している。

2016年、3月期の決算で、傘下のサイトで売り買いされた流通総額は前年比27%増の4850億米ドル (約51.9兆円)だった。米ウォルマート、米コストコ、仏カルフールを上回り、初めて世界最大の小売企業・流通企業となった。営業利益が前年同期比26%増の291億元 (約4800億円)。スマートフォン経由でのネット通販が伸び、増収増益が続いた。売上高は同33%増の1011億元 (約1兆6671億円)。15年11月に実施した大規模セールの取引額が912億元と14年より6割増えたほか、スマートフォン経由での売上高も2.8倍に増えた。通期の総取引額は同27%増の3兆920億元 (約49兆8121億円)。投資収益などが膨らみ、最終利益は同2.9倍の712億元 (約1兆1740億円)。また、時価総額ではテンセントを抜いてアジア最大の企業にもなった。

2015年からインド電子決済最大手のペイティーエムに巨額の出資をアリババの関連会社とともに行っており、インドでの高額紙幣廃止を追い風にシェアを拡大している。なお、2017年にはアリババと提携してるソフトバンクも同企業に出資してアリババと並ぶ大株主となった。
代表者
Simon Huang (President),Zhaoxi, Jonathan Lu (Chief Executive Officer),Daniel Yong Zhang (Chief Executive Officer),Jianhang Jin (President),Michael J Evans (President),Yongfu Yu (President)
設立年月日
1999
従業員数
50,097 人
上場年月日
2014-09-19
上場市場
ニューヨーク証券取引所(ADR),OTCピンクシート(ADR),スイス証券取引所(ADR),デュッセルドルフ証券取引所(ADR),ハノーバー証券取引所(ADR),ハンブルグ証券取引所(ADR),フランクフルト証券取引所(ADR),ミュンヘン証券取引所(ADR),メキシコ証券取引所(ADR)
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
13Picks
世界の「AI高齢社会対策」ーアリババやテンセントがAI医療、米国では自動タクシーなど
ZUU Online|経済金融メディア
|
高齢化社会への対策として、AI(人工知能)活用への期待が世界中の国・地域で高まっている。 日本はもちろん、中国では政府の「AI発展計画」とともにアリババ、テンセント、バイドゥの3大IT企業がAI医療分野に参入したほか、シンガポールでもAIを活用した大規模な医療システム改革が行われている。 欧米でもAmazon Alexaやクラウドサービスを融合させた在宅支援ツール、年金生活者の多い地域での自...
906Picks
アリババのAI、成績が人間上回る-スタンフォード大の読解力試験で
Bloomberg
|
(Bloomberg) --中国のアリババ・グループ・ホールディングが開発した人工知能(AI)モデルは、スタンフォード大学の読解力テストで人間よりも優れた成績を残した。同社によると、機械による成績が生身の人間を上回ったのは初めて。
15Picks
中国ネット業界は日本より高報酬? アリババには出現した若き天才
ZUU Online|経済金融メディア
|
2017年の中国ネット界は、発展を維持した1年だった。シェアエコノミーや人工智能が興隆し、新商業の概念も定着してきた。資本市場も緩み始めた中、全産業において人材の需給は、ひっ迫している。こうした状況下、ネット産業における人材確保の最前線はどのようになっているのだろうか。アリババの若き天才の事例とともに、ニュースサイト「今日頭条」「捜狐」などが伝えた現状を見ていこう(1元=17.18日本円)。...
255Picks
全農、中国でコメをネット販売 アリババと連携
共同通信
|
全農、中国でコメをネット販売 全国農業協同組合連合会(JA全農)は11日、中国の電子商取引(EC)最大手アリババグループと連携し、中国の富裕層を対象に国産コシヒカリのネット販売を始めたと明らかにした。食の多様化や少子化の影響で国内...
49Picks
中国「キャッシュレス時代」目前に足踏みか?中央銀行が減速
ZUU Online|経済金融メディア
|
中国の若者の生活は簡便になる一方である。かつて外出時の持ち物に、財布は必携だった。それが今はどこへ行くにもスマホ1台でよい。大都市では、外食、映画、ショッピング、何を支払うにも「支付宝」「微信支付」さえあれば事足りる。現金盗難の心配をする必要もない。モバイル決済は、伝統的な支払い方法を淘汰しつつある。近付く無現金時代の見通しと当局のスタンスを、ニュースサイト「今日頭条」「捜狐」などが伝えてい...
128Picks
新興市場で、アリババのモバイルブラウザがChromeを抜きトップに
Business Insider Japan
|
モバイル向けブラウザのシェア。 BI Intelligence 中国のインターネット大手アリババは、一部の新興市場でグーグルを抜いた。同社の...
79Picks
アリババ創業者の金融会社、証券発行に急ブレーキ-中国が規制強化
Bloomberg
|
(Bloomberg) --中国アリババ・グループ・ホールディング創業者の馬雲(ジャック・マ)氏が率いる金融会社、螞蟻金融服務集団(アント・ファイナンシャル)は昨年、消費者ローン債権を裏付けとする証券を過去最高規模発行したが、現在は組成を停止している。当局は昨年末に小口融資規制を強化した。
15Picks
Alibabaが目指す「新小売」構想とは?
商業界オンライン
|
阿里巴巴(Alibaba)は、オンラインとオフラインを合わせると、既に中国小売市場のほぼ10%のシェアを占めるほどに成長している。そのAlibabaが2016年に「新小売」構想を打ち出し、実店舗の拠点を急速に拡大しつつある。IoTや人工知能、拡張現実などのテクノロジーを駆使してオンラインとオフラインの融合が実現できれば、小売市場におけるAlibabaの地位はさらに盤石になることは間違いない。
22Picks
最新動向から見る、中国ITジャイアント「テンセント」が向かう先
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
2017年11月末、株式時価総額が5000億ドル(約56兆円)を超え、フェイスブックに並んだとして注目された中国ITジャイアントの「テンセント」。「アリババ」や「バイドゥ」は聞いたことがあるが、テ…
327Picks
モバイル決済「アリペイ」日本版に注目、何がすごい?中国発キャッシュレス経済:2018急上昇ワード
Business Insider Japan
|
WeChat(微信)から予約、支払いまでできる中国のシェア自転車モバイク。サドルに貼られた緑のステッカーはWeChatのロゴマークだ。モバイル決済が中国社会変革のベースになっている。 ...
13Picks
「2018年、ナスダックやFORTUNEが注目する年買い株11銘柄」 Amazon、アリババほか
ZUU Online|経済金融メディア
|
2018年最大の成長株はMicrosoft、Amazon、Alphabet、Facebookなど、昨年から引き続きITセクターとの見方が強い。買っておけば間違いのない手堅い優良株といったところだろうか。 その一方で学生向けのモバイル銀行開設を予定している米国の地方銀行、カスタマーズ・バンコープ、バークシャーハサウェイの持ち株会社ストア・キャピタル・コーポレーション、分社によって新たな境地が期...
245Picks
2017年中国ユニコーン企業トップ12、アリババ系4社、アント・フィナンシャルは断トツ
ZUU Online|経済金融メディア
|
中国・上海の民間調査機関・胡潤研究院は12月末、「17胡潤大中華独角獣指数」を発表した。ユニコーンとは、一本の角を持った西欧伝説上の生き物である。企業としての評価額が10憶ドル以上の非上場ベンチャー企業を指す。ユニコーンのようにまれで、巨額の利益をもたらす可能性のある企業という意を含んでいる。中国でも“独角獣企業”という場合、13年以降この基準を採用している。「捜狐」「今日頭条」など多くのネ...
25Picks
中国政府、モバイル決済に「利用限度額」導入 詐欺事件も多発
Forbes Japan
|
中国のモバイル決済市場は今や、5.5兆ドル(619兆円)規模にまで膨らんでいる。人々があらゆる商品の購入をモバイルで行うようになる中で、中国政府はついに規制に乗り出した。中国人民銀行は昨年12月30日、アリペイやWeChatペイ等のモバイル・・・
25Picks
インドでスマホNo.1狙う中国シャオミ、アリババ以来の巨額IPOへ
Forbes Japan
|
中国のシャオミ(小米)が同社初のスマートフォンを発表したのは2011年8月のことだった。そのシャオミが今年、500億ドル(約5.6兆円)という驚愕の規模のIPOを実施しようとしている。これは2014年に250億ドルを調達したアリババのIPO・・・
62Picks
アリババ傘下アント、マネーグラム買収断念-米政府の承認得られず
Bloomberg
|
(Bloomberg) --アリババの金融関連会社である螞蟻金融服務集団(アント・ファイナンシャル)は世界的な事業拡大への野心の練り直しを迫られるかもしれない。米国の強硬な反対に遭い、同社にとって海外で最大となるはずだった買収は阻止された。
158Picks
2017年、Facebook、アマゾンなど大手4社を大幅に上回ったテック株
Business Insider Japan
|
2017年、テック株は好調に推移した。特に2社の中国企業、テンセント(Tencent)とアリババ(Alibaba)の株価は大きく伸長した。ジャック...
19Picks
中国モバイル決済「2大巨頭」が描くグローバル化への野望
Forbes Japan
|
アリババとテンセントは、自社の決済アプリを海外で普及させようとしている。両社とも、最初の進出先として中国人観光客の人気旅行先である日本、タイ、韓国を選んだ。小売業者はアリペイやWeChatペイが中国人旅行者の呼び水になると期待する。世界観光・・・
73Picks
「Alipayとアマゾン銀行は大きなプレッシャー」 日本のFintechは“黒船”をどう迎える?
ログミーファイナンス
|
2017年12月22日に、株式会社マネーフォワードが「Fintech 2017年ふりかえりと2018年の予想」と題して、メディア向け勉強会を行いました。「2017年はFintechの実証期に入った1年」だと言われ、さまざまな新サービス・取り組みが展開されました。勉強会の後半からは、株式会社マネーフォワード渉外・事業開発責任者の神田潤一氏が登場。瀧俊雄氏による2017年のFintechの振り返...
186Picks
中国Eコマース2位の「JD」がアリババを猛追する4つの戦略
Forbes Japan
|
世界で最大のECサイトを運営するアリババと、そのライバルで業界2位のJD.com(京東商城)の違いは何だろう。アリババはECサイトのプラットフォームに徹し、自社からダイレクトな販売はせず、配送も外部業者に委託している。一方でJDは自社で商品・・・
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ