新着Pick
SPD02A98MCQ3R48U

Alibaba Group Holding Ltd

阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア
c/o Alibaba Group Services Limited 1 Matheson Street 26th Floor Tower One, Times Square Causeway Bay Hong Kong Hong Kong
+852 22155100
詳細を見る
概要
1999年3月創業。企業間電子商取引をサポートするマッチングサイト「阿里巴巴 (Alibaba.com; アリババ・コム)」が多くの会員を集め瞬く間に急成長。

以降、電子商取引サイト「淘宝網 (Taobao.com)」、検索サイト「Yahoo!中国雅虎」、電子マネーサービス「支付宝 (Alipay)」、ソフトウェア開発会社「阿里軟件 (Alisoft)」(現在はアリババドットコムとアリババクラウドコンピューティングに合併) などの会社を設立または買収し傘下に収める。

国際的な知名度を高めたのは、2005年に行ったYahoo!中国の買収案件を成立させたことから。この際、アメリカYahoo!は阿里巴巴集団の株を入手し、2007年現在筆頭株主となっている。

創業者は馬雲(马云)。アメリカ検索サイト大手ヤフーの創業者ジェリー・ヤン、ソフトバンクの孫正義と交流があり、2007年からソフトバンク取締役を務める。

2007年11月に阿里巴巴網絡有限公司(アリババ・ドットコム)を香港証券取引所のメインボードに上場。2012年6月、アリババ・グループによる株式公開買付けにより、香港証券取引所の上場を廃止。買付け価格は、上場公募時の価格と同じ一株13.50香港ドルであった。

2014年、ロスチャイルドを財務アドバイザーに起用し、ニューヨーク証券取引所に上場し、時価総額2兆円を超える当時世界史上最大のIPOとして話題を呼んだ。上場の準備段階でフィデリティ・インベストメンツを自社の金融仲介に参加させていた。2015年、スナップチャットに2億ドルを出資したと報じられる。

2015年からトヨタ自動車に代わり2022年までの8年契約でFIFAクラブワールドカップの冠スポンサーに就いている。2018年より2028年までの10年契約で国際オリンピック委員会 (IOC)の13社目(トヨタなどに続く)のワールドワイドパートナーとなることも発表され、これにより韓国の2018年平昌オリンピック、日本の2020年東京オリンピック、中国本国の2022年北京オリンピックなどのスポンサーとなることが決まった。子会社のアリスポーツはEスポーツの振興に力を入れており、アジアオリンピック評議会(OCA)と提携して中国で行われる2022年アジア競技大会でメダル種目にすることを発表し、独自大会ではも主催してる。同年3月にはインド電子決済最大手のペイティーエムに巨額の出資をアリババの関連会社とともに行っており、インドでの高額紙幣廃止を追い風にシェアを拡大している。なお、アリババと提携しているソフトバンクも同企業に出資してアリババと並ぶ大株主となっており、両社はスナップディールにも巨額出資している。

2016年、3月期の決算で、傘下のサイトで売り買いされた流通総額は前年比27%増の4850億米ドル (約51.9兆円)だった。米ウォルマート、米コストコ、仏カルフールを上回り、初めて世界最大の小売企業・流通企業となった。営業利益が前年同期比26%増の291億元 (約4800億円)。スマートフォン経由でのネット通販が伸び、増収増益が続いた。売上高は同33%増の1011億元 (約1兆6671億円)。15年11月に実施した大規模セールの取引額が912億元と14年より6割増えたほか、スマートフォン経由での売上高も2.8倍に増えた。通期の総取引額は同27%増の3兆920億元 (約49兆8121億円)。投資収益などが膨らみ、最終利益は同2.9倍の712億元 (約1兆1740億円)。時価総額ではテンセントを抜いてアジア最大の企業にもなった。また、同年4月には東南アジアのECコマース最大手ラザダグループを買収した。2018年、米マネーグラムと前年に買収で合意するも米国の規制当局から認可されなかった。
代表者
John Michael Evans (President),Yong Zhang (Chief Executive Officer,Chairman)
設立年月日
1999
従業員数
111,524 人
上場年月日
2014-03-11
上場市場
香港証券取引所,ウィーン証券取引所(ADR),サンパウロ証券取引所(BRDR),スイス証券取引所(ADR),デュッセルドルフ証券取引所(ADR),ニューヨーク証券取引所(ADR),ハノーバー証券取引所(ADR),ハンブルグ証券取引所,ハンブルグ証券取引所(ADR),フランクフルト証券取引所(ADR),ミュンヘン証券取引所,ミュンヘン証券取引所(ADR),メキシコ証券取引所(ADR),ロンドンインターナショナル市場(ADR)
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
1Pick
【銘柄紹介】アリババ・グループ・ホールディングってどんな企業?
ZUU Online|経済金融メディア
|
中国企業でありながら、日本国内でも知名度が高いAlibaba Group Holding。(NYSE:BABA) 実はNYSE(ニューヨーク証券取引所)に上場しているため、米国株として扱われるのです。 「米国企業については詳しい!」という方でも、米国市場に上場している中国企業についてはなかなか知りえない情報があるかもしれません。 そこで本記事では、時価総額ランキング世界4位のAlibaba ...
12Picks
中国ソーシャルコマースの衝撃ーー「インスタ+Amazon」“RED”(小紅書)攻略法
THE BRIDGE
|
ここ数年、アジアのEC市場は目を見張る成長を遂げてきました。 特に大きな注目を集めるのが中国です。2019年11月11日、Alibaba Group(阿里巴巴集団)によって中国最大の買い物日となった独身の日(W11, ダブルイレブン)でAlibabaは、毎年のように売上記録を更新し、2018年に308億米ドル(約3.4兆円)だった売上は2019年には384億米ドル(約4.2兆円)を記録しまし...
23Picks
フィンテックで激変するのか、日本の3つのコア領域──インフキュリオンCEOが2020年を予測
CoinDesk Japan
|
人工知能(AI)・金融・ITが融合したフィンテックは、世界中のあらゆる産業を変えてきた。 日本では2019年、キャッシュレス決済の利用者が急増し、スマートフォン決済の「PayPay」や「LINE Pay」を使って買い物をする人を見るのも日常的になった。 一方、リープフロッグ型の経済成長を遂げる隣国の中国では、デジタル化の波はさらに強い。アリババとテンセントが独自のスーパーアプリを爆発的に普及...
581Picks
病院も顔パス 中国は電子健康保険証発行 Wechatとアリペイで取得可能
36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版
|
新華通信社によると、11月24日、中国国家医療保障局が全国医療保険電子証憑(しょうひょう、証拠=領収書、請求書、注文書、契約書、見積書などの書類)システムをローンチし、中国初の電子医療保険証を発行した
56Picks
新規上場調達額、香港が世界首位 中国アリババが支える
共同通信
|
新規上場調達額、香港が世界首位 【香港共同】香港取引所は30日までに、2019年の新規株式公開(IPO)による調達額が世界の取引所の...
420Picks
アリババの「フーマフレッシュ」は何がスゴイ? 売上が既存スーパー4倍のワケ
ビジネス+IT
|
現在、中国では最新のテクノロジーを活用した新しい小売業態「新小売(ニューリテール)」が注目を集めている。中でも、アリババが展開する「盒馬鮮生(フーマフレッシュ)」の勢いが好調だ。「30分配送」や「フードコートの併設」などの印象が強いが、それだけでは凄さの本質を見誤かねない。長年、多くの企業が解けずにいた問題を解決する糸口となる可能性があるからだ。
44Picks
GAFAやBATHがいない日本、「分権型エッジAI社会」を目指せ
ニュースイッチ
|
自由民主主義体制と統制型・権威主義体制は人工知能(AI)化が進む中で、それぞれ性格の異なる監視社会を形成している。この中でわが国は、米国家安全保障局(NSA)やGAFA(グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップル)が集めた国内外のさまざまなデータをベースにした米国型クラウドAI国家でもなく、またBATH(バイドゥ、アリババ、テンセント、ファーウェイ)と政府が集めた同様のデータをベースにした...
3141Picks
【対談1万字】孫×ジャック・マー「お金・仕事・教育」の未来
NewsPicks編集部
|
約20年前、インターネットを信じていた「同じ動物」同士──。そんな2人が12月6日、東京大学で行われた国際会議上に姿を現したのはいつぶりだろうか。ソフトバンクグループ創業者の孫正義氏と、アリババ...
112Picks
中国銀行、3000億円分の債券をブロックチェーンで発行——アリババ子会社や中国工商銀行に続く動き
CoinDesk Japan
|
中国の4大商業銀行の1つである中国銀行は、ブロックチェーンベースで200億人民元(約3000億円)分の債券を発行した。これは、小規模企業、零細企業の資金調達に関係したものである。 同行は2019年12月6日、債券の価格設定と発行を完了させたと発表した。声明によれば、2年債が3.25%のクーポンレートで市場に登場する。同行は、小規模企業を支援するための資金調達を目指している。 同行は「今回のプ...
41Picks
孫正義、ジャック・マーが東大で語り尽くした1時間 ── 未来を変えるAI、経営手法、若手へのアドバイス
Business Insider Japan
|
ソフトバンクグループ会長兼社長の孫正義氏と、中国大手IT企業・アリババの会長職を9月に引退したジャック・マー(馬雲)氏が12月6日、東京大学本郷キャンパスで行われた「Tokyo Forum 2019」の特別講演にあらわれた。 両氏ともに世界屈指の著名な「創業者」であり、親交も深い。東京大学に集まった...
100Picks
マンUがアリババとの提携発表、中国での市場拡大目指す
www.afpbb.com
|
【12月7日 AFP】イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)は6日、中国での市場拡大を推し進める中で、同国の電子商取引(EC)大手アリババ(Alibaba、阿里巴巴)とパートナーシップを結んだと発表した。
58Picks
孫さん×馬さん。2人の20年と人類の未来を語り尽くす伝説の1時間
ニュースイッチ
|
ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長は6日、東京大学安田講堂(東京都文京区)で行われた国際会議「東京フォーラム」で、中国の電子商取引最大手、阿里巴巴(アリババ)集団の創業者である馬雲(ジャック・マー)氏と対談した。孫氏が馬氏と出会い2000万ドル(約20億円)の投資を決めてから来年で20年になる。フリーアナウンサーの小谷真生子さんを司会に、20年前の出会いを振り返り、教育変革や未...
14Picks
9億人が利用、Alibaba(阿里巴巴)とTencent(騰訊)「フィンテック」共通戦略を紐解く【後編】
THE BRIDGE
|
※本記事は、「9億人が利用、Alibaba(阿里巴巴)とTencent(騰訊)中国「フィンテック」共通戦略を紐解く【前編】」の後編記事です。前回の記事では、Alibaba関連企業Ant FinancialとTencentの中国二大モバイル決済企業による、フィンテック事業推進における共通戦略5つのうち2つを解説しました。 3. Prioritizing health insurance –...
29Picks
アリババ、テンセントに見る中国「新小売」の現在地 OMO先進国から日本企業へのヒントを探る
MarkeZine
|
アリババグループの創業者、ジャック・マー氏が「新小売」(ニューリテール)という概念を提唱したのが2016年。現在、中国ではオンラインとオフラインの融合が急速に進み、OMO先進国に躍り出ている。9月12日(木)・13日(金)に開催された「MarkeZine Day 2019 Autumn」では、上海にて日系企業のCRM支援に携わる家田昇悟氏を迎え、中国の最新事情から日本で活かせるヒントを読み解...
26Picks
【孫正義×ジャックマー特別対談】全文訳してみた@Tokyo Forum 2019
note(ノート)
|
2019年12月6日(金)から3日間に渡って東京大学で開催されている「Tokyo Forum 2019」。 初日である本日の午後にはソフトバンクグループの孫正義氏とアリババグループのジャック・マー氏の特別対談が行われました! 特別対談2 | 東京フォーラム 2019 Shaping the Future東京大学において、公開イベント「Tokyo Forum(東京フォーラム)」がスタートします...
14Picks
アリババが国内最大級口コミサイト「アットコスメ」と提携。原宿に旗艦店オープンで取り込む中国需要
Business Insider Japan
|
月間ユニークユーザー数が1300万人を誇るコスメの口コミサイト「アットコスメ(@コスメ)」は、アリババグループが運営する中国最大のECサイト「天猫(Tmall)」と提携し、毎年発表している「@cosmeベストコスメアワード」の中国版「@cosme ベストコスメアワード with Tmall 20...
28Picks
意識高い20代中国人が爆買いする「人造肉」。豚コレラ危機の救世主として期待も
Business Insider Japan
|
植物由来の人工肉市場が盛り上がる中、“後発”の中国でも爆発的ブームが巻き起こっている。アリババのECサイトが11月下旬、ブラックフライデーのセールで初めて人工肉を発売すると、2日間で1トン分が売れた。世界最大の豚肉消費国ながら、豚コレラの影響で供給が危ぶまれている事情もあり、アメリカ企業が先行してい...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ