新着Pick
SPD023YUVSL5C5LA

Bank of America Corp

100 North Tryon Street Bank of America Corporate Center Charlotte North Carolina United States
+1 704 386-5681
詳細を見る
代表者
Brian T. Moynihan (Chief Executive Officer,President,Chairman)
設立年月日
1998
従業員数
209,000 人
上場年月日
1973-01-02
上場市場
ニューヨーク証券取引所,OTCピンクシート,ウィーン証券取引所,サンティアゴ証券取引所,サンパウロ証券取引所,スイス証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ニューヨーク証券取引所,ニューヨーク証券取引所,ニューヨーク証券取引所,ニューヨーク証券取引所,ニューヨーク証券取引所,ニューヨーク証券取引所,ニューヨーク証券取引所,ニューヨーク証券取引所,ニューヨーク証券取引所,ニューヨーク証券取引所,ニューヨーク証券取引所,ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,フランクフルト証券取引所,ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所,ロンドンインターナショナル市場
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
29Picks
社債に過去最高の資金流入、経済再開でリスク資産にシフト=バンカメ
Reuters
|
[ロンドン 5日 ロイター] - バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)のデータによると、6月3日までの週は、社債ファンドに過去最高の325億ドルの資金が流入した。米連邦準備理事会(FRB)の債券買い入れプログラムや、経済再開への期待が支援した。
59Picks
米バンカメ、人種格差改善に10億ドル拠出へ 非白人系住民支援
Reuters
|
[2日 ロイター] - 米金融大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)<BAC.N>は1日、白人警官の暴行による黒人死亡事件に対する抗議活動が全米に拡大していることを受け、国内の経済、人種格差の改善に向こう4年間で10億ドルを振り向けると発表した。米大手銀でこうした方針を自主的に表明するのはバンカメが初めて。
125Picks
投資家は株式に弱気、コロナ第2波が最大リスク=バンカメ調査
Reuters
|
[ロンドン 19日 ロイター] - バンク・オブ・アメリカが19日に公表したファンドマネジャー対象の月次調査によると、投資家は株式や高リスク資産について弱気な見方を示した。新型コロナウイルスの第2波のリスクが残る中で、経済回復も当初予想より遅くなると見通した。
51Picks
米バンカメ、中小支援へ申し込み殺到 「既存顧客優先」に批判も
Reuters
|
[3日 ロイター] - 米政府の新型コロナウイルス経済対策の一環である3500億ドルの中小企業支援制度(PPP)の運用が3日始まった。米銀バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)<BAC.N>は、企業からの融資の申し込みが殺到していると表明した。ただモイニハン最高経営責任者(CEO)が既存顧客への融資を優先する考えを示したことで、早速同行に批判が集まっている。
32Picks
原油20ドル以下に、米シェールオイル標的なら長期化=バンカメ
Reuters
|
[9日 ロイター] - 米バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)・グローバル・リサーチは9日、原油価格は将来的に1バレル=20ドルを下回るとの見方を示した。石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」の協調減産を巡る交渉が決裂し、サウジアラビアが価格競争を開始したことを受け、大手銀行の間で原油価格見通しの下方修正が相次いでいる。
13Picks
【分析】EV、自動運転、IoE・・・自動車業界、今後10年どう変わっていくのか
36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版
|
先日、米金融大手バンク・オブ・アメリカが「今後10年の十大テーマ」というリポートを公表した。そのうち自動車産業と直接関係するのはEV(電気自動車)化、自動運転、AI+IoTだ。これら怒涛のごとき潮流は
11Picks
バンカメ、20年世界成長率見通し2.8%に下げ 新型肺炎受け
Reuters
|
[ロンドン 27日 ロイター] - バンク・オブ・アメリカは27日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を考慮し、2020年の世界経済成長率見通しを3.2%から2.8%に下方修正した。
641Picks
ビットコインは史上最大級のバブル崩壊へ向かう-投資ストラテジスト
Bloomberg.com
|
仮想通貨ビットコインは、歴史を揺るがした史上最大級のバブル崩壊を後追いしている。米銀バンク・オブ・アメリカ(BofA)のチーフ投資ストラテジスト、マイケル・ハートネット氏率いる同行のアナリストが8日のリポートで指摘した。
40Picks
「チャレンジャーバンク」に対抗する、米大手銀行の取り組み
Forbes JAPAN
|
フィンテックと総称されるテクノロジーを活用し、金融分野に新たな顧客を呼び込んでいるのは、新興のスタートアップ企業に限らないことが証明された。米国の最大手銀行の1つに数えられる「バンク・オブ・アメリカ」の音声アシスタント「エリカ(Erica)・・・
271Picks
Googleは従業員の血糖値がKPI、ゴールドマン深夜残業禁止 米国で進む「健康経営」
ZUU Online|経済金融メディア
|
米投資銀行ゴールドマン・サックスは夏季インターン生に対し、午前0時以降の残業を禁止した。過酷な勤務環境で知られるウォール街においても、2年ほど前、バンク・オブ・アメリカのロンドン支店で、ドイツ人のインターン生が死亡したことから、ワークライフバランスを重視する流れが急速に広がっており、その中で非常に重視されている考え方が「健康経営」である。 ■単に医療費が削減できるだけでなく生産性・創造性も向...
257Picks
身近な人にお金を貸してはいけない6つの理由
Forbes JAPAN
|
バンク・オブ・アメリカの調査によれば、「お金の問題で友人を失ったことがある」という人は、回答者の50%を超えるという。「破産」した友人を助けるのは正しいことだと思うかもしれない。だが、そうすることで2人の関係は、完全に破綻してしまうかもしれ・・・
209Picks
クレジットカード決済が津々浦々まで行き渡ったとき、世界はどう変わるのか(前編)
Mugendai(無限大)|新たな視点と最新の動向を提供するWebメディア
|
クレジットカードの歴史をひも解くと、1958年にバンク・オブ・アメリカがVISAの前身であるバンクアメリカードを発行、アメリカン・…
202Picks
アマゾンだけではない。明らかになるテック業界の過酷な労働環境
Bloomberg
|
2013年にバンク・オブ・アメリカで過労のインターンが死亡したとき、銀行業界は激しい批判にさらされた。このときにはウォール街の過酷な労働環境が、テクノロジー業界のそれと対比された。 テクノロジー...
197Picks
戦略人事の世界的権威、ラム・チャラン博士インタビュー
Forbes Japan
|
人事の果たす役割の重要性については誰もが理解しているはずだ。しかし、現実には多くの企業がその力を有効に活かせずにいる。他社よりも優れた人材を集め、競争的優位を保つにはどうすべきか?GEやデュポン、バンク・オブ・アメリカといった世界的な企業の・・・
158Picks
バンク・オブ・アメリカ、AIアシスタント「Erica」を顧客サービスに正式導入
CNET Japan
|
バンク・オブ・アメリカが、AI搭載仮想アシスタント「Erica」を2500万人のモバイル顧客向けに正式に導入した。
108Picks
バンクオブアメリカ、マスターカードに続きブロックチェーンのネットワークに参画 ― 国際取引に技術を活かす
CoinDesk Japan
|
バンク・オブ・アメリカ(Bank of America)は、ブロックチェーン技術を使った国際取引の効率化に取り組むコンソーシアム「マルコ・ポーロ(Marco Polo)」に加わった。 スタートアップ企業のR3とトレードIX(TradeIX)が立ち上げたマルコ・ポーロは、R3のブロックチェーン・プラットフォーム「コルダ(Corda)」上に構築されている。このネットワークにより、リアルタイムの接...
142Picks
ドイツ銀行は潰れるのか?
Market Hack
|
下の動画はKBW証券のアナリスト、フレッド・キャノンに対するCNBCのインタビューです。 話が横にそれますが、フレッドはバンク・オブ・アメリカの財務部に長く務めた方で、彼がIRマネージャーをやっていた頃、オフィスが近かったこともあり、よくお邪魔しました。冷静かつ斬...
59Picks
米IBM、バンカメと金融サービス特化のクラウド技術構築
Reuters
|
[6日 ロイター] - 米IBM<IBM.N>は6日、バンク・オブ・アメリカ<BAC.N>と提携し、金融サービスに特化したクラウド技術を構築したと明らかにした。バンカメが同プラットフォームを利用する最初の主要行になる。
135Picks
バンカメFinTechに本腰、即時モバイルP2P送金など
ZUU Online|経済金融メディア
|
昨年の投資総額が138億ドル(約15兆903億円)に達したFinTechの勢いに乗って、世界各国の大手銀行が息吹を吹き返している。FinTechではシティバンク、ゴールドマン・サックス、JPモルガン・チェースといったライバルに出遅れた感の強かったバンク・オブ・アメリカも、テクノロジーを活用する動きを急速に活発化させています。 バンカメは今年に入ってから史上初の即時モバイルP2P送金や、Fac...
130Picks
衝撃! なぜアメリカでいま巨大銀行の「大再編」が始まったのか
マネー現代
|
2008年のバンク・オブ・アメリカによるメリルリンチ買収から10年。今度はBB&Tがサントラストを買収し、全米6位の銀行となった。米国の金融機関の低金利による収益低下は、金利上昇が見込めない環境下で余儀なくされているが、こういった統合が株価を押し上げるポジティブ要因になり得るのか。マネックス証券の大槻奈那氏が読み解く。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ