新着Pick
SPD00I1HOH5F8I3Z

芙蓉総合リース 株式会社

芙蓉総合リース株式会社(ふようそうごうリース、Fuyo General Lease Co., Ltd.)は、業界5位の大手総合リース会社で、みずほフィナンシャルグループ系(旧富士銀行系)の会社である。コーポレートスローガンは「前例のない場所へ」。 ウィキペディア
東京都千代田区神田三崎町三丁目3番23号
03-5275-8800
詳細を見る
代表者
代表取締役社長 辻田 泰徳
設立年月日
1969-05-01
従業員数
2,416 人
上場年月日
2004-12-07
平均年齢
41 歳
平均年収
8,833,000 円
上場市場
東証1部
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
108Picks
航空機は「買うもの」から「借りるもの」へ
ニュースイッチ
|
芙蓉総合リースが航空機リース事業を加速させている。全日本空輸(ANA)やシンガポール航空子会社のシルクエア向けに、米ボーイング製のB737―800の計4機をリースする。両社に航空機リースをするのは初めて。機体価格は計200億円程度と推定される。市場拡大が見込まれる航空機リースを戦略分野の一つに掲げ、力を入れる。 ANAホールディングス(HD)と契約し、グループ会社のANAに3機リースする。納...
59Picks
東電など、国内最大規模の植物工場 レタス中心に 来年春ごろ操業開始
産経ニュース
|
東京電力ホールディングス(HD)傘下で電力小売りなどを担う東京電力エナジーパートナー(EP)は25日、国内最大規模の植物工場を運営する合弁会社を4月に設立する、と発表した。平成32年春ごろに操業開始し、レタスを中心とした葉物野菜を生産する。合弁会社は東電EPが50%、芙蓉総合リースが49%、農業ベンチャーのファームシップ(東京)が1%をそれぞれ出資。数十億円を投じて静岡県藤枝市に人工光型の植...
14Picks
環境事業のお金を回す債券「グリーンボンド」とは?
ニュースイッチ
|
芙蓉総合リースは9月、電気全量の再生可能エネルギー化を目指す国際組織「RE100」に加盟した。世界で156社、日本からは13社が参加する中で、日本の総合リース会社として初の加盟だ。 製造業と比べるとリース業の電力消費は少ない。また二酸化炭素(CO2)排出をゼロにする“脱炭素”に向けた具体策があるわけでない。経営企画部の水谷高副部長は「脱炭素を目指す他社と悩みを共有したい。課題解決に我々の出番...
14Picks
東工大発・手術支援ロボットベンチャーのリバーフィールドが総額11.5億円を調達
TechCrunch Japan
|
 東京工業大学発の医療機器ベンチャー、リバーフィールドは、第三者割当増資による資金調達の実施を明らかにした。同社は7月末、芙蓉総合リースと三恵技研工業を引受先として、合計5億円を調達。10月18日には、SBIインベストメント、東レエンジニアリング、ジャフコ、Beyond Next… Read More
8Picks
「バーチャル経理アシスタント」提供のメリービズ、BPO事業の拡大に向け芙蓉総合リースとアクリーティブから1.5億円を調達
THE BRIDGE
|
経理業務のアウトソーシングサービスを提供するメリービズは27日、芙蓉総合リース(東証:8424)とアクリーティブから1億5,000万円を調達したと発表... 投稿 「バーチャル経理アシスタント」提供のメリービズ、BPO事業の拡大に向け芙蓉総合リースとアクリーティブから1.5億円を調達 は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。
7Picks
休眠会社再開、芙蓉リース「北米で航空機始めました!」
ニュースイッチ
|
芙蓉総合リースは航空機リースで北米市場を開拓する。休眠していた特別目的会社(SPC、米デラウエア州)が航空機を保有し、航空会社にリースする。芙蓉リースは2021年度までの中期経営計画で、自社保有機体数を約50機上乗せする目標を掲げる。うち約10機を北米でリースする計画だ。 芙蓉リースは欧州、アジア、日本、中南米で航空機リース事業を展開してきた。リース機はアイルランド現地法人が保有していた。 ...
6Picks
社説/「RE100」加盟日本13社 再生可能エネルギーを主力電源に
日刊工業新聞電子版
|
ソニーと芙蓉総合リースが9月、10月にコープさっぽろが「RE100」に加盟し、日本企業は13社となった。RE100は「リムーバブルエナジー100%」、つまり事業に必要な電力をすべて...
5Picks
川崎に世界初の「水素ホテル」、廃プラ由来の水素をエネルギー源に (1/2)
スマートジャパン
|
川崎市川崎区に「世界初」の使用済みプラスチック由来の水素を活用するホテルが誕生する。芙蓉総合リースが施主として建設し、東急ホテルズにリースする「東急REIホテル」だ。昭和電工の工場で発生する水素を活用し、燃料電池で発電してホテルのエネルギーとして利用する。2018年春に開業を予定している。
4Picks
コーポレートPPAで追加性ある再エネの拡大を:JCLPコーポレートPPA組成プロジェクト 幹事社インタビュー
EnergyShift(エナジーシフト)
|
日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)は、2020年5月7日、日本における再生可能エネルギーの新たな手段として、コーポレートPPA(需要地から離れた場所にある発電所からの電力購入契約)の普及を目指し、「JCLPコーポレートPPA組成プロジェクト」を発足させた。このプロジェクトが今後どのように展開していくのか、本プロジェクトの幹事社である芙蓉総合リースの土肥良一氏、およびみんな電力の...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ