新着Pick
もしかしたら、ホントに「教育が変わる」かもしれない
3話公開中
アタマプラスのすごい教科書
学校教育は、一人の先生が数十名の生徒全員に教える「一方通行」のスタイルが150年前から続いている。消化不良を起こしたり、風邪で学校を休んだりしても、先生は一人のために立ち止まってはくれない。今、これを大きく変えようと奮闘する人物がいる。稲田大輔。三井物産を経て、2017年に教育テックスタートアップ「atama plus(アタマプラス)」を創業した起業家だ。 5月13日、ジャフコとDCMベンチャーズからシリーズAラウンドで約15億円の資金調達を実施し、累計約20億円を調達したアタマプラス。全3回にわたり、彼らの真贋を見極めていく。
第1回から読む
目次
1
【新】新しい「数学の教科書」をつくろう
2
教えてAI 先⽣。あなたが学習し直すべき「弱点」
3
僕らは採用を“我慢する”と決めた